買ってはいけない冷蔵庫!その理由とは?

この記事は約5分で読めます。

冷蔵庫は現代人の生活に欠かせない家電製品であり、一生のうちで何度か購入する機会があるでしょう。

しかし、買い替え位の頻度はそれほど高くないため、選び方の基準がよく分からないという人も珍しくありません。

どの製品でも大差がないと考えているケースも多く、購入してから後悔するようなケースも多く見受けられます。

少なくとも、買ってはいけないとよく言われているポイントぐらいは押さえておくとよいでしょう。

台所や家族の人数に対して大きすぎるのものを買うのはよくありません。なぜなら、さまざまな点で無駄が生じることになるからです。

空間と電気の無駄


たとえば、空間的な無駄については誰でもイメージできます。日本の住宅は延べ床面積が小さく、余分なものを置くことは得策ではありません。

いくら必需品といっても、過剰な大きさに関しては余分なものに該当します。

無駄にしたくないからといって食べ物を多く詰める人もいますが、それは正しい判断とはいえません。

食品の購入費用が高くなりますし、使い切れなければ損失が著しい状態になってしまいます。

そして、これは2つ目の無駄にも直結しています。それは電気代がたくさんかかかってしまい、家計を圧迫してしまうということです。

中の空間が広ければ、それだけ冷やすための電力を消費することになります。

一時的にそうなるだけなら大した問題ではないですが、冷蔵庫は基本的に年中無休で稼働させるものです。

つまり、常に無駄な電力を使い続けることになります。

オール家電用の電力プランにして節約するといった手もありますが、基本的に年間で数万円も変わるものではありません。

節約するうえで最も有効なのは、適切な大きな製品を選択することです。

大きなサイズのものは製品の価格自体も高いため、無駄遣いの総額は相当なものになるでしょう。

機能の無駄


また、機能面に着目して選ぶことも忘れてはいけないポイントになります。

単純に冷やすだけではなく、さまざまな機能が生み出されています。

特に近年は開発競争が激しくなり、他社との差別化を徹底しようとする動きが顕著です。

家電量販店の販売コーナーに行くと、あまりに多機能なものが多くて驚くことになるでしょう。

消費者としては、どれが良いのか悩む原因が増える結果になるのは明らかです。

基本的には、やはり自分がよく使いそうな機能を選ぶことが基本になります。

たとえば、内部の臭いが気になるのでよく清掃する人もいるでしょう。

この場合は、自動消臭する機能が搭載されているものを選ぶといった具合です。

粗熱を取るために冷蔵庫で冷やすことが多いなら、それ専用の室を設けているところを使うのが得策です。

他の室を使うと温度の上昇を招き、他の食品を傷めてしまうことになりかねません。

このような観点で考えると、自分の不要な機能が多く搭載されているものが、買ってはいけない製品ということになります。

使わない機能があっても別に良いと思うかもしれませんが、それは大きな間違いなので注意しましょう。

1つの機能を開発するために、家電メーカーは多額の費用を投じています。

それは製品の価格に上乗せして回収されるため、その機能を利用する他者のために寄付することになるのです。

もちろん資金に余裕があるなら問題はないですが、そうでないなら自分が使う機能だけを搭載した製品を選択しましょう。

機能に関してはもう1点気を付けなければならない事柄があります。

それはマイナスの作用をもたらすものも存在していることです。

そう聞かされると、家電メーカーがわざわざネガティブなことをするはずがないと反論する人もいます。

もちろん意図的に行うのではなく、結果的にそうなっているという話です。

たとえば、消臭機能を使うと内部の湿度が一気に下がってしまう製品もあるでしょう。

嫌な臭いを逃がすために行う換気によって、湿気まで外に逃がしてしまうことが原因です。

野菜がすぐに駄目になってしまうなど、他の面で弊害が生じてしまう可能性が高いです。

別のシンプルな例としては、急速冷凍の機能を使うと電気代が一気に高くなってしまうケースもあります。

便利だと思って何度も使っていると、普段の2倍以上の電気代を請求されることも十分にありえます。

それ以降、せっかくの急速冷凍を利用しなくなると宝の持ち腐れです。

電気代が高くなっても構わないという人なら、最高のパフォーマンスを発揮させられます。

このように、便利な機能でもそれによる副作用を考慮しておかないと、失敗する結果になってしまいます。

どのような影響が出るのか多角的にチェックして、マイナスの要因が看過できないものなら買わないほうが良いでしょう。

カタログなどを見ても、ネガティブなことは買いていないので、口コミなどに目を通しておくと対策になります。

発売直後の新製品はまだレビューも少ないので気を付けてください。

半年ほどすると使用者も実情が分かってくるので、参考になる投稿が増えてきます。

冷蔵庫の口コミ人気ランキングなどを参考に、無駄のない選択を心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました