買ってはいけない掃除機! その理由とは?

この記事は約4分で読めます。


掃除機の種類はたくさんあり、メーカーもさまざまあります。
それぞれ機能性やデザインが違うのですが、あまりおすすめすることができない掃除機があるので特徴を紹介します。

買い替えなどで新たに購入するときには、家族構成や家の広さ・予算・求める機能など考えておくことが大切になります。
買い替えする場合に、買ってはいけない掃除機の特徴を知っておくと、後から後悔しなくて済みます。

運転音

おすすめすることができないものは、運転中の音が大きすぎるものです。
最近では音が小さい仕様のものがたくさん販売されています。
音が大きいものは、毎日の掃除のストレスになります。
店頭で音の大きさの確認をすることができないこともあるので、口コミなどを参考に音の大きさ購入前にチェックすると良いです。
音が大きいと集合住宅の場合に夜に使用すると騒音問題に発展する可能性もあるので、注意する必要があります。

重さ

本体の重量が重たいものもおすすめすることができないです。本体が重いと移動する際にとても大変になります。重たいと2階建の住宅の場合など階段を上り下りするだけでかなりの労力が必要になってしまい、キケンも伴います。本体が重たいせいで、掃除をすると疲れてしまって、ストレスを抱えてしまう可能性もあります。
本体が軽いものだと、らくらく持ち運ぶことができるので、掃除の効率もアップします。

吸引力

吸引力が弱い仕様のものも買わない方が良いです。
カーペットなど毛足が長い素材のものはほこりなどが溜まりやすいのです。
吸引力が弱いと髪の毛やちりなどを吸い込むことができなくなり、ダニの発生などの原因になってしまうこともあるのです。
きちんと掃除ができていないことで、ハウスダストの原因にもなることがあり、アレルギー症状を引き起こすこともあります。
紙パック式とサイクロン式の場合は、紙パック式の方が吸引力が優れていると言われています。
しかし紙パックの中にほこりが溜まっている状態だと、吸引力が落ちてしまうので、こまめに紙パックを交換する必要があります。
サイクロン式は、吸引力の持続力が高いので、安定した吸引を求めるならサイクロン式の方が良いです。

コスト

電気代が高くかかる掃除機も避けた方が良いです。
紙パック式とサイクロン式がよく使われているのですが、2つを比べると電気代が違ってきます。紙パック式の方が消費電力が高く、1日10分毎日使用するとして1年間で計算するとサイクロン式の方が800円ほど安くなると言われています。
紙パック式の方は紙パックを交換する必要もあるので、どうしてもコストはかかるようになります。電気代などのかかるコストを下げたい方は、紙パック式のものは購入しない方が良いです。

稼働時間

最近ではコードレス式で充電タイプのものも多く販売されていて人気がありますが、おすすめできない点もあります。
長時間使用することができない機種の場合、掃除の途中で動かなくなってしまうことがあり、短いものだと10分程度で稼働しなくなるものもあるので不便です。

充電するのに時間がかかるので、すぐに掃除の再開をすることができなくなってしまいます。
コードレスタイプのものを購入する場合は、長時間使用できないものは避けた方が良いです。

部屋が広いお宅や家が大きく部屋数がたくさんある場合には、コードレスタイプはメインで使うのではなく、サブで使うようにすることをおすすめします。
機種によっては使用している間スイッチを押し続けなければならないものがあり、指が疲れてしまうので、そういったものはあまりおすすめできないです。

吸引力

コードレスタイプで紙パック式のものは、あまりおすすめすることができない掃除機になります。
スティッククリーナーの多くはサイクロン式が多くコードレスタイプのものは吸引力が弱い特徴があるのですが、紙パック式だとゴミが溜まるともっと吸引力が落ちてしまいます。

コードレスタイプで紙パック式の場合は、もともと吸引力が弱い上に、紙パック式になるので使えば使うほど吸引力が弱まっていきます。
コードレスタイプを購入する場合は、サイクロン式のものを選ぶようにすると良いです。

大きさ

収納スペースが少ない家の場合は、収納に困るような大きさのものもあまり好ましくないです。
最近ではスリム型やコンパクト型などが多く販売されているので、少しのスペースで収納することができるので、収納スペースがない家の場合は、省スペース仕様のものがおすすめです。

実用性

おしゃれすぎるものも買ってはいけないです。
デザイン性だけ重視しているものは、機能性が乏しく、買って後悔することになります。
購入する際には、見た目のおしゃれで決めるのではなく、機能性もきちんと見てから購入するようにすると良いです。

掃除機の価格はピンキリなので、価格が安すぎるものは、おすすめできないです。
すぐに壊れてしまったり、何かしらの不具合が起きたりする可能性があるので、安すぎるものは避けた方が無難になります。

最後に掃除機の口コミランキングを紹介しますので、是非参考にしてください。

掃除機人気口コミランキング

ロボット掃除機人気口コミランキング

タイトルとURLをコピーしました