体に毒?食べてはいけないお菓子とは?

この記事は約4分で読めます。


おやつって手軽に食べれてとてもおいしいくて、やめられないですよね、、、

そんなおやつの中には、食べ続けていると身体の毒になってしまう物もあるのをご存じでしたか?

じつは、生活習慣病やがんのリスクをあげてしまう物まであるのです、なので今回は特に気を付けてほしい物をご紹介します!

1どんな物が身体に毒なのか?

お菓子には色々な添加物使われています、それとあまり食べない方が良い食材があったりもします

家族や自分のためにもよくないものは体に入れたくないですよね?

以下のお菓子は特に体によくないものです。

ポテトチップス

幼いころから誰でも食べてるポテチの何が悪いのか?

ちょっとショックですが理由はあります。

・発がん性物質が含まれている

・老化を促進する変質した脂(AGE)〈糖化最終生成物〉

・過剰な脂質

、、、、え?マジ?なんて思ったんじゃないですか?

ポテチに発がん性物質があるなんて信じられませんよね?

ポテチにはアクリルアミドと言う成分があります、これが発がん性物質でジャガイモを高温であげると多く作られてしまうのです。

これが人のDNAを傷つけて、発がんのリスクを高めるわけです!

↓のサイトはアクリルアミドついてもっと知りたい方のために、農林水産省が健康影響についてまとめた記事です。

アクリルアミドの健康影響:農林水産省

1.2老化を促進する変質した脂

基本的に安価なポテチのほとんどは質の悪い油を使ってあげているため、元々質の悪い油がさらに加熱して時間が経ち酸化していきます。

酸化した油は過酸化脂質という有害な物質が発生して、摂取すると蓄積していってしまいます。

アクリルアミドに加えて有害な物質を摂取し続けて身体に良いわけがありませんよね?

加えて、高温で調理したことで〈AGE〉が急激に増えて糖化・酸化が促進されて、老化が進んでしまうのでほんとによくありません。

【老化を早める食べ物】体の糖化がすすむ加工肉・お菓子の代わりにおすすめなのは…? | Medicalook(メディカルック)
【栄養士監修】老化を早める食べ物を解説します。加工肉や、菓子類などの食べ過ぎは老化を招くので要注意です。老化を防ぐ食べ物や、食べ方のポイントもご紹介します。

〈AGE〉についての参考になるサイトをあげておきましたので合わせて読むことで理解が深まると思います

過剰摂取の原因に!

一日に必要な脂質は50g~60gと言われてますがポテチ一袋で約半分の脂質を摂取してしまいます。普段の食事内容にもよりますが、過剰摂取の原因になりますので注意が必要な食べ物なのです

塩分も一日7.5~6.5g程と言われていますが多いものだと1g~2gの物があるので購入する時に成分を見てから買うことをおすすめしまう

2体に良くないものその2

次に体にとって良くないお菓子とは

洋菓子・特にケーキ

ポテチに続きこれまた誰もが食べるデザートです、でも当たり前と言えば当たり前ですよね?砂糖や添加物を沢山使用しているわけですから身体に良いはずがありません。

これも書ききれないほど悪い要素が多いのでいくつかに絞って話します。

・トランス脂肪酸(ショートニング)

お菓子作りをしたことがある方なら聞いたことがあると思いますが、洋菓子にはショートニングと呼ばれるものが使われていて、使用してない物を探す方が難しいくらいほとんどの物に使われています。

このショートニングがトランス脂肪酸を含んでいて、悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減り、心筋梗塞や不妊症などの原因になる病気のリスクが上がります。

病院では〈食べるプラスチック〉・〈ゴキブリも食べない油〉などと言われています

色々な食材の基準を決めている、WHO(世界保健機関)でもトランス脂肪酸の摂取は良くないと様々な国で規制などを設けているほどなのです。

長くなってしまうので今回は話しませんが詳しく知りたい方は下記のサイトで紹介しているので見てください

各国・地域における脂質・トランス脂肪酸の摂取量:農林水産省

・大量に使用された砂糖

これは何となくわかっているとは思いますが、砂糖菓子と言ってもいいぐらいの砂糖が使われています。

世界基準で大人一日あたりの摂取量は25gです。

ショートケーキには砂糖が30g近く使われていまので、これ1つで食べただけでアウトなのです! 

普段の生活でご飯をしっかり食べている方は、過剰摂取になってしまいます。

過剰摂取をしていると血糖値が乱高下することで血管がボロボロになる事と以下の事もあげられます。

・肥満・糖尿病・うつ病・アルツハイマー・動脈硬化

・肝障害・腎臓病・骨粗鬆症・白髪・肌トラブル etc.

細かく上げてたらきりがないほど糖分の摂取には気を付けないといけません。

砂糖依存といわれる病気もあります、気になる方は下記のサイトで紹介しているので合わせて読んで砂糖の事を意識すると良いと思います。

甘いもの好きな人必見!砂糖依存症について|心療内科・精神科|うつ病治療の新宿ストレスクリニック
甘いもの好きな人必見!砂糖依存症についてのページです。【年中無休】新宿ストレスクリニックでは【薬だけに頼らない】磁気刺激治療(TMS)によるうつ病治療を行っております。【副作用がほどんどなく】、短期間で効果が期待できます。

3まとめ

今回は長くなってしまったので2つだけの紹介になってしまいましたが、いかに普段食べているお菓子が体に毒であるか分かっていただけましたでしょうか?

でも、ストレスやご褒美に食べたくなりますし、子供にこんなこと言ってもわかってもらえないと思います。

日常的に食べてしまうのはよくりませんが、献立や食べる時間などを気を付けて考えて摂取すれば、いくらかリスクは下げられると思いますので、これからは意識しておやつを食べるようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました