使ってはいけないシャンプーとは?

この記事は約5分で読めます。

髪が痛んでまとまらない!
頭皮が痒い!

頭皮や髪の悩みを解決したいけれど、
自分に合ったシャンプーを選ぶ方法は?

お店で売られているシャンプーは、たくさんの種類があり、値段も様々です。

今回は、美容師さんが教えてくれた
シャンプー選びのポイントを紹介します。

シャンプーの種類

1.アミノ酸系シャンプー

脂肪酸+アミノ酸+アルカリ剤でつくられる、弱酸性の界面活性剤です。
肌と同じ弱酸性なので、髪や頭皮に優しいのが特徴です。

2.高級アルコール系シャンプー

石油などの鉱物油や動植物油脂などから作られる、合成界面活性剤です。
泡立ちがよくて洗浄力が高く、皮脂やスタイリング剤も簡単に落とすことができるのが特徴です。
皮脂がよく取れるため、頭皮が乾燥しやすくなる事があります。

3.石けん系シャンプー

動物や植物の脂をアルカリ(苛性ソーダ)で反応させてつくる、アルカリ性の界面活性剤です。
皮脂汚れに強く、毛穴の汚れまでしっかり落とすことができるのが特徴です。
頭皮が乾燥し、髪の毛にパサつき感やきしみ感が出る事があります。
また、石鹸カスが頭皮や髪に残りやすいため、よくすすぐ必要があります。

4.ノンシリコンシャンプー

シリコンとは、酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物で、髪の表面を包んでキューティクルを守り、指通りをなめらかにする効果のある成分です。
このシリコンを含まないシャンプーです。
さらっとした軽い仕上がりになるのが特徴です。

使ってはいけないシャンプーと理由

<敏感肌>
石けん系シャンプー
高級アルコール系シャンプー

敏感肌の方が刺激の強い洗浄成分を使うと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥や痒み、赤みを引き起こす原因に繋がるケースがあります。

<乾燥肌>
石けん系シャンプー
高級アルコール系シャンプー

乾燥肌の方が強い洗浄成分を使うと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥や痒みを引き起こす原因に繋がるケースがあります。

肌に優しい成分が配合されている、オーガニック系ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプーを選びましょう。

<脂性肌>
アミノ酸系シャンプー

洗浄力が弱いシャンプーを使い、皮脂や汚れが落としきれないと、頭皮の衛生状態が悪くなります。
また、脂っぽいフケがでるケースもあります。

適度な洗浄力をもつ洗浄成分を配合しているシャンプーを選びましょう。

適度な洗浄力を持ちつつ、髪への負担が少ない洗浄成分の例として下記があります。

・ラウレス-4カルボン酸Na
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルメチルタウリンNa

これらをメインに配合している
シャンプーがおすすめです。

<カラーをしている方>
石けん系シャンプー
高級アルコール系シャンプー

洗浄力が強いシャンプーは、頭皮の皮脂や汚れをしっかり落とすことができますが、その分髪へのダメージも大きくなります。

髪がダメージを受けて、キューティクルがはがれやすくなると、髪を健やかに保つ役割を果たしているタンパク質が流出しやすくなります。

その結果、髪の乾燥やごわつきが起こると同時に、カラー剤なども流れ出やすくなり、退色が進行します。

洗浄力が優しく、頭皮や髪へのダメージを最小限に抑えてくれる保湿成分配合のアミノ酸系シャンプーを選びましょう。

保湿成分は、下記があります。
・セラミド
・グリセリン
・ヒアルロン酸

保湿成分は、キューティクルが開くのを抑える働きもあるので、ヘアカラー剤が流出するのを防ぎ、色が長持ちする効果も期待できます。

<強いスタイリング剤を使う方>
アミノ酸系シャンプー

洗浄力が弱いシャンプーを使った場合、スタイリング剤を落としきれない恐れがあります。

スタイリング剤に含まれている油分やコーティング剤がしっかり洗い流せていないと、毛穴詰まりを起こす原因となり、頭皮にニキビができるといった皮膚トラブルに繋がるケースもあります。

洗浄力が高く、皮脂やスタイリング剤も簡単に落とすことができる高級アルコール系シャンプーを選びましょう。

代表的な成分は、下記があります。
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
・ラウレス塩酸アンモニウム
・ラウリル硫酸塩

これらを配合している
シャンプーがおすすめです。

シャンプー選びのポイント


1.肌質

乾燥肌、敏感肌、普通肌、脂性肌

2.髪質
剛毛、猫毛、直毛

3.頭皮と髪の悩み
フケ、頭皮の痒み、頭皮の臭い、頭皮の赤み、頭皮のベタつき‥等
白髪、エイジング毛、ダメージ毛、抜け毛、薄毛‥等

頭皮の表面には、毛穴の皮脂腺から分泌された皮脂が汗と混ざって広がる「皮脂膜」というバリア機能があり、地肌を乾燥や細菌感染から保護しています。

この皮脂膜のバランスが乱れると、抜け毛やフケ、痒みなどのトラブルを引き起こす原因 になります。

肌質に合ったシャンプーを使うことで、皮脂膜のバランスが改善して、頭皮の悩みが解決します。

剛毛の方やくせ毛の方は、髪をまとまりやすくするシリコン入りのシャンプーを。
反対に髪にコシが欲しい猫毛の方は、
ふんわり仕上げるノンシリコンシャンプーを選ぶのが良いでしょう。

まとめ

肌質に合ったシャンプー選びが大事です。

次に髪質に合わせて、シリコン入りかノンシリコンかを確認しましょう。

店頭で迷うことは、なくなるはず···

いつもは、アミノ酸系シャンプーを使っている方が、強いスタイリング剤を使った時には、高級アルコール系シャンプーを使って、しっかりスタイリング剤を落とすなど、特別な状況の時は、普段使っているシャンプーと違うものを使うのもいいでしょう。

使い分けることで、理想の頭皮状態を保つことができます。

使い分けをする時は、シャンプーの使用期限に注意しましょう。
開封したら、半年から1年で全て使い切るように心掛けて下さいね。

自分にピッタリのシャンプーを選んで、頭皮と髪の悩みを解決しましょう。

タイトルとURLをコピーしました