買ってはいけないソファーとは?

この記事は約4分で読めます。

ソファーが欲しいな、買おうかなと思っているあなた。

今は、座り心地や形状、価格の違いなど、さまざまな商品があり迷いますよね。

 

あまり知られていませんが、ソファーには危険が潜んでいたりもします。

 

今回は、買ってはいけないその理由とおすすめのソファーを紹介します。

 

買ってはいけないソファーってどういうこと?

ソファーってふかふかのイメージあるし、リラックスできるのに何がダメなの?

簡単にいうと、体に悪影響を及ぼす可能性があるからです。

実は、まちがった座り方・姿勢によって、体に悪影響を及ぼしてしまうのです…

 

どんな影響があるの?

どんな悪影響を及ぼすのか。

主にこのような症状が挙げられます。

 

・肩こり・腰痛

・消化不良・便秘

・集中力の低下・イライラしやすい

 

快適に過ごすために購入したソファーが原因で、こんな症状が出たら嫌ですよね。

できればこんな状況は避けたい。

これから、問題のまちがった座り方・姿勢についてお伝えしていきます。

 

体に悪い座り方とは?

こんな悪影響を及ぼす座り方はどんなものか?

あなたも日頃、無意識にしていないかチェックしてみてください。

 

・足を組む

足を組むのはダメだとわかっていても癖づいている人も多いはず。

骨盤や背骨が歪み、内臓疾患リスクが高くなります。

 

・あぐらをかく

あぐらは猫背になりやすい体勢です。

猫背になることで、腰や内臓に負担がかかってしまいます。

腰痛や消化不良の原因に。

 

・体育座り

こちらも猫背になりやすい体勢です。

加えて、腰の骨にも負担がかかりやすいと言われています。

 

・ずっこけ座り

浅く腰掛け、首を背もたれにつける座り方です。

聞きなれないかもしれませんが、この中でも非常に多い座り方です。

ヘルニア、血栓症のリスクが高いと言われています。

 

・前かがみで座る

テレビを見ている時など、無意識に前屈みになっていませんか?

これもずっこけ座りと同じく、ヘルニア、血栓症のリスクが高まります。

 

これらは、ソファーに座るとき以外にも言えることです。

癖になっていることが多いので、普段から気をつけましょう。

 

また、良い姿勢には、集中力を高める効果があるという研究結果も出ています。

 

良い姿勢とは?

そもそも良い姿勢って何?

座っている姿勢で言うと、5つのポイントがあります。

 

・いすに深く腰掛ける

・背筋を伸ばす

・あごが上がらないように、少し引く

・耳の後ろ部分と肩、腰が一直線になるように

・足を揃え、できるだけ直角になるように膝を曲げておろす

背筋を伸ばすコツは、頭を上から引っ張られているイメージをすると自然に伸びた姿勢になりますよ。

 

最初は意識して保つため、逆に疲れると思われるかもしれません。

リラックスして良い姿勢が保てる状態を目指してください。

慣れてしまえばからだ自体も楽になり、集中力も高まりますよ。

買ってはいけないソファーのタイプ

まちがった座り方・姿勢になりやすいソファーの特徴を紹介します。

 

・柔らかい、沈むタイプのもの

・低いタイプ(ローソファー)

・奥行きが広いタイプ

これらは、バランスが取りにくいため姿勢が悪くなりやすいタイプです。

座り心地の好みもあるソファーですが、このタイプは避けた方が良いでしょう。

おすすめソファーのタイプ

・硬めタイプ

・奥行きが浅いタイプ

・姿勢が崩れない座面の高さ

 

座面がしっかりとした硬めタイプの方が疲れにくいと言われています。

背もたれに無理なく腰が届くことで、良い姿勢を保つことができます。

足が地面に着き、膝に負荷がかからない高さのものを選びましょう。

そもそも座ることによる悪影響がある?

日本人の座っている平均時間はなんと7時間と言われています。

そんなに座っている時間なんてないと思われる方もいるかもしれません。

 

では、こんな経験はないでしょうか?

休日、やることがなくて1日中座ってテレビを見て過ごした。

デスクワークで、お昼休憩とお手洗い以外はずっと座っている。

 

実は、こんな研究結果も出ているんです。

「1日6時間以上座っている人は、3時間未満の人と比べて、死亡リスクが19%高くなる」

 

睡眠時間が仮に6時間だったとして、活動時間の1/3座っていれば当てはまりますよね。

あなたの座っている時間はどのぐらいでしたか?

まとめ

ソファーは座り方や姿勢によって、体に悪影響を与えてしまいます。

 

コロナ禍のいま、テレワークの方も多くいらっしゃると思います。

外出も思うようにできないため、おうち時間が以前と比べて長くなった人も多いはず。

おうち時間の充実のために、ソファーはとても活躍してくれるかもしれません。

しかし、日常的に長時間座っている場合、その座り方・姿勢が間違っていれば、体調を崩しかねません。

そうなりにくいタイプのソファーを選んだり、日々姿勢に気を付けることで快適に過ごすことができます。

適度な運動をしながらおうち時間を充実させましょう。

参考にしていただき、ぜひお気に入りのリラックスグッズを見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました