食べてはいけない納豆とは?その理由や健康に良い納豆の選び方を伝授

この記事は約4分で読めます。


納豆は日本の伝統的食文化の一つとして、また発酵食品としても昔から食べられています。
納豆は手軽にバランスよく栄養摂取ができる。健康にも良い成分が含まれていて、動脈硬化予防、腸内環境正常化、骨粗しょう症予防さらに美容効果にも効果が見られる優れものです。

しかも、納豆はお手ごろ価格で購入しやすいことから、毎日食べている人も多くいると思います。何も考えることなく、安い納豆を買っているあなた!それが問題なのです。

健康の味方である納豆ですが、本当に健康を考えるなら「買ってはいけない納豆」を知っておく必要があります。それでは、納豆の選び方を学んで行きましょう。

大豆は ほぼ遺伝子組み換えによるもの

遺伝子組み換えすることで、生産面ではメリットがある一方、健康へのリスクが懸念されることも事実です。

まず、「遺伝子組み換え」についてご説明します。

遺伝子組み換えは、その食物がもともと持っていない特性を新たに持たせるために、別の生物からとりだした遺伝子を組み混む手法です。たとえば害虫や除草剤につよい特性を新らしく持たせることがあります。

①日本の食用大豆の8割以上は輸入品

日本の国内で毎年消費されている食用大豆のうち、国産はたったの20%、8割以上の食用大豆がアメリカから輸入されています。

実は、アメリカ産大豆の約9割以上が遺伝子組み換えにより生産されているもので、日本で流通している食用大豆として販売されている納豆の多くが遺伝子組み換えによるものです。

アメリカ産の大豆は国産よりも価格が安く抑えられて販売されているのが特徴で、その理由から市販の納豆も安く販売できるのです。

②発がん性などの健康へのリスクが高い

遺伝子組み換えのとうもろこしを食べ続けたマウスと、とうもろこしを食べなかったマウスを比較した実験において、前者のガン発生率が後者の二倍にもあたり、早死にしやすかったという実験結果があるのです。

③長期摂取したときの健康被害

遺伝子組み換えした食品を食べることで、すぐに病気になることは有りませんが、二十年、三十年と食べ続けると安全ではなくなるのです。食事は毎日積み重ねられて行くものです。将来的に健康を脅かされるものを食べ続けることは、とても恐ろしいことです。

納豆を健康に美味しく食べる方法とは

①国産大豆を使用した納豆を選んで買う

健康的な国産納豆というと、「藁(わら)に包んであるような本場の高い納豆を買わないといけないのでは?」決してそんなことはありません。

では、どのような納豆を購入したらよいのでしょうか。

スーパーマーケットに並んでいる納豆のパッケージラベルをよく見てください。パッケージラベルに「国産」や「〇〇県産大豆使用」と記載されている納豆もたくさんあります。最近では、産地にこだわる消費者も増えています。だからメーカー側も国産をアピールするようになってきているのです。まずは国産大豆を使用した納豆を選ぶことから始めましょう!

②タレを自分で作ってみる

次に納豆のタレの問題です。添加物を多く含む納豆に付いているタレを使わないためにはどうしたらいいのでしょう。まずは、付属のタレを使うのをやめてみましょう。その代わり醤油やポン酢などを使ってみるのも良いですね。

インターネットで自家製納豆ダレのレシピを検索して見ると、思った以上の数がでてきます。これらを参考にして、今日からでも始めてみましょう

また、ごはんとの相性も良い生卵と納豆を混ぜ合わせ、醤油で味付けしたものをご飯にかけて食べてみてはいかがでしょう。より食べやすくなると思います。また、オリジナルの味付けを考えてみたり、納豆タレを手づくりしたりするのもよいかもしれません。このように工夫をすることで納豆の味わい方が楽しめて、健康への配慮にもなります。

③安全性をアピールしているメーカーのものを買う

食品メーカーの「ミツカン」は自社販売する納豆について、原材料の選び方から管理、製造工程の安心と安全性について自社のホームページ上で公表しています。このように安全性をアピールしている食品メーカーの商品を購入することも大切です。

まとめ

商品の安さということには理由があります。そして旨味にするにもそれなりの理由があるのです。

これらのように、添加物や遺伝子組み換えの商品を買わないで生活することは難しいのが現実です。すぐに健康被害がでるということはありませんが、それだけに日々の健康への心掛けや積み重ねがとても大切になります。

今回は、納豆を選ぶときに気を付けるとよいこと、より健康に食べるための工夫をお伝えしました。毎日、納豆をたべているあなたはきっと健康に気をつかっている方だと思います。せっかく健康のために食べている納豆だからこそ、安さに気を取られることなく、少し目先を変えて、健康によいものを摂取してみてはどうでしょう。

そして、お店に並ぶたくさんの納豆を目の前にして「どれを買ったらよいのか・・」と悩んだ時には、この記事を思い出して頂ければうれしく思います。

タイトルとURLをコピーしました