実は作品がネットで読めるサイト一覧

この記事は約4分で読めます。

みなさんは、電子書籍派ですか?

それとも紙の小説派でしょうか。

今の時代、どちらもなんて人もいるかもしれませんね。

紙の媒体で書籍を買うとやはりお金がかかってしまいます。

一方、電子となるとスマホやタブレットなどの充電を常に気にしていなければなりませんし、目にもあまりよくありませんよね。

メリットとデメリットは両方にあるのでそれを踏まえつつ、今回は実は紙媒体で発売された作品もありつつ、ネット上の無料で読めるサイトを集めてみました。

1.小説家になろう

小説家になろうは、異世界転生ファンタジーの代名詞と言っていいほどの知名度を誇っていますよね。

今や、このサイトから多数のアニメ化される作品が生まれるなど、世にその存在を知らしめている、

若者を中心に人気のあるジャンルです。

漫画化もされており、みなさんのイメージするライトノベルに近い感覚であると思います。

このサイトから生まれた小説は『なろう系』と呼ばれており、だれでもアカウントを登録すれば『なろう系』を執筆できるという特色もあります。

しかし、出版まで至るのはごく一部のため、ほとんどの投稿者は趣味で書いています。

すべての作品に高クオリティを求めてはいけません。

また、出版された書籍には書下ろしやイラストレーターによるイラストもあり、主なストーリーは小説家になろうで知ることができても、作者の書いたエピソードをすべて小説家になろうで読むのは難しいです。

なので、気になった『なろう系』の作品は本編をサイトで読んでから書籍を買うかどうか検討するのがいいのではないでしょうか。

2Pixiv(ピクシブ)

ピクシブと小説家になろうと違う点は小説だけではなく、漫画、イラスト、小説などといった幅広いジャンルの作品がアカウントを作れば観ることができる点です。

また、誰でも作品の投稿も出来、主に10代~20代が支持するアニメの2次創作などでもこちらのサイトは名を博しています。

そして、漫画化、アニメ化する作品が多数でていますが、なろう小説のように異世界転生が特に人気というわけではなく、幅広い趣向の作品が世に知れ渡っています。

オリジナルももちろん有名ですが、クリエイターがのびのび活動できる同人サイトの役割が強いサイトです。

ですから、さまざまなジャンルがあるなかで自分のお気に入りを探すのもこのサイトの楽しみ方の一つではないでしょうか?

3漫画アプリ

スマートフォン、パソコン、タブレットなどでダウンロードし、漫画を閲覧することのできるアプリです。

こちらは、上記の投稿サイトとは違い、プロが作品を掲載しているというメリットがあります。

そして、ターゲットとする層もある程度決まっているため、無料で読める漫画の週刊誌のような感覚です。

出版社が運営しているサイトもあり、オリジナル作品や、週刊誌、月刊誌などで連載されている作品のスピンオフを載せているなどとなにかとファンにとってはうれしいサービスがあります。

しかし、ポイントやチケットなどといった制度を使っており、一日に読める話数が決まっています。

また、広告を見てポイントやチケットを付与してもらうケースや、有料のチケットやポイント買えば作品の続きを購入できる点、上記のサイトなどから作品をスカウトしそれを転載している点などビジネスが絡んでいるから仕方がないとは言え、「無料で読める!」という広告が嘘はついてはいませんが、信じ切るのもいかがなものだと私は思っております。

4青空文庫

青空文庫というのは、著者の死後50年経過した著作権の切れた作品や作品を掲載する許可を著者から得た作品を掲載するインターネットの電子図書館です。

それらの作品をボランティアがテキスト、XHTML、HTMLなどの形式上に電子化したものになります。

また、これらの作品は青空文庫の規定により、自由に使用できるため、PCに限らずスマホアプリなどでも見ることができます。

青空文庫の最大の魅力としましては、明治期~昭和初期までの幅広い作品が閲覧できる点です。
主にこの時代に文豪と呼ばれていた著者の小説、詩歌だけではなく、人物伝、論文など幅広い作品が掲載されています。

利用に関しても、すべて無料で読むことができますが、掲載されている著者の著作権の切れた作品をすべて読めるわけではないのでそこは注意しなければいけません。

まとめ

あなたはどのサービスが気になりましたか?

どのサービスも注意する点を抑えれば便利ですよね。

しかし、有料サービスがある場合、はまり込んでしまえば紙の本を買うよりもお金がかかってしまうこともありますので気を付けなければいけません。

賢く使えば、新たなクリエイターや作品と出会いのある、素晴らしい作品の原石とめぐりあえる場所になります。

この記事を読み、気になるサイトやサービスがあった方はぜひ利用してみてください。

そして、クリエイターとしても活動してみたいと思うあなたにも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました