飲んではいけないミネラルウォーター その理由とおすすめの水

この記事は約5分で読めます。

飲んではいけないミネラルウォーターの特徴

はじめに、買ってはいけないミネラルウォーターの特徴について解説していきます。

ミネラルウォーターを購入する際には、下記の点に注意して選ぶと失敗が少ないと言えるでしょう。

  • 出回っていない海外製メーカー 
  • 安全を強調している 
  • phの値が低すぎる
  • ナトリウム含有量が多すぎる
  • ミネラル成分 
  • 飲みやすいミネラル濃度であるか 
  • 中硬水であるか
  • それぞれ、詳しく解説していきます。

ミネラル成分が極端に低い

ミネラルウォーターを購入される方の多くは、ケイ素をはじめミネラル成分を、水を飲むことで効率よく摂取したいと考えているのではないでしょうか。

ミネラルウォーターと言っても、ミネラル成分にはメーカーにより大きな差があり、中にはミネラル成分が極端に少ない商品もあります。

ミネラル成分が極端に高すぎる

ミネラル成分の高い水は、硬水という水に分類されますが、日本人には馴染みのない味で、飲みにくいと言う特徴があります。

また、体質によってはお腹を壊しやすく、飲み続ける事が難しいと感じる方も多いでしょう。長く美味しく飲み続ける為には、ミネラル成分が極端に高い硬水は避けるべきであると言えます。

ミネラルウォーターを買うなら中硬水がおすすめ

中硬水には下記の特徴があり、日本の水に飲みなれた方や、硬水が合わない方にも大変おすすめできます。

  • ミネラルが豊富
  • 日本人にとって飲みやすい水
  • ミネラル独特の苦みがない
  • 料理にも合う

水には【軟水】【中硬水】【硬水】の3種類があります。

軟水は、カルシウムやマグネシウム成分が少ない代わりに、飲みやすいという特徴がある日本人に大変馴染まれた水です。

硬水は、カルシウムやマグネシウム成分が多い代わりに、水自体に独特な味があり、飲みにくくお腹を下しやすいという特徴があると言えます。

中硬水は、軟水と硬水の良いところを兼ね備えた水で、軟水の飲みやすさはそのままに、適度なミネラル成分を含んだ水なのです。

ミネラル成分を効率よく摂取しつつ、美味しく水が飲みたいのであれば、中硬水を選んだ方が良いでしょう!

人によって飲んではいけないミネラルウォーターがある

人によってはおすすめできないミネラルウォーターの特徴について解説していきます。下記の特徴に該当する方は、ミネラルウォーター選びに注意する必要があります。

  • お腹をくだしやすい人
  • 無味の味を求める人
  • アルカリイオン化の効果は必要ない人

お腹をくだしやすい人【中硬水】

ミネラルウォーターの中には、豊富なマグネシウムが含有され、腸への刺激が強く、元々腸が弱い方はミネラルウォーターが原因でお腹を下すことがあります。

このような人には、なるべく硬度の低い、かといってミネラル成分を損なわないミネラルウォーターを選択するべきです。

日本の理化学時点では、硬度178mg/L以下を軟水、硬度357mg/L以上を硬水と定めています。一方で中硬水は硬度101〜300mg/Lまでのものを言い、マグネシウム量は硬水程豊富ではありません。

お腹を壊しやすいけど、ミネラル成分は摂取したいと言う方は中硬水を選択するようにしましょう。

無味の水を求める人【ナトリウム成分が少ない】

なるべく雑味のない無味な水を飲みたい方は、ナトリウム成分の含有量が低いミネラルウォーターを選択しましょう。

ナトリウムの成分が多く含有されているミネラルウォーターは、ミネラルウォーターの中でも雑味を感じる事が多く、水道水のように無味の水を飲みたいという方にはおすすめできないです。

ナトリウム成分が多すぎないミネラルウォーターには、のむシリカ・フォージ―ウォーター・アースウォーター等があります。

飲みやすいミネラルウォーターを求める方は、是非参考にしてください

飲みすぎてはいけないミネラルウォーターの成分

ミネラルウォーターは、手軽に水と共にミネラルを摂取できる非常に優れた食品ですが、摂取しすぎると危険な場合もあります。

下記に、飲みすぎると危険なミネラルウォーターの成分をまとめましたので、是非参考にしてください。

成分摂取しすぎると起こる症状1日の目安摂取量
ナトリウム血圧の上昇成人男性:600mg/1日 成人女性:600mg/1日
カルシウム便秘・頻尿・のどの渇き成人男性:789mg/1日 成人女性:661mg/1日
マグネシウム低血圧・呼吸障害成人男性:340mg/1日 成人女性:270mg/1日
カリウム腎不全・しびれ成人男性:2500mg/1日 成人女性:2000mg/1日
バナジウム下痢特になし(目安の定義はないが摂取しすぎは厳禁)
シリカ特になし特になし(目安の定義はないが摂取しすぎは厳禁)
サルフェート下痢特になし(目安の定義はないが摂取しすぎは厳禁)

一概にミネラルが悪いということではなく、何事も摂取しすぎは厳禁です。それぞれの成分の一日の目安摂取量は決まっていますので、摂取量の上限を超えないように注意しましょう。

 

まとめ

水には【軟水】【中硬水】【硬水】の3種類があります。各メーカーが販売しているミネラルウォーターには多くの種類があり、含まれる成分にも違いがあります。

軟水は、カルシウムやマグネシウム成分が少ない代わりに、飲みやすいという特徴があります。硬水はミネラル成分の中にマグネシウム成分が多く含まれますが、飲みにくいと感じる人がいるのと、体調によりお腹を下すことがあります。

中軟水はミネラル成分も含まれていて、お腹にも優しく飲みやすい水です。

自分に合ったミネラルウォーターを選んで購入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました