慶弔のマナー~これだけは知っておきたい基本のマナー


身近な人との関わりやお付き合いの中で、お祝いの席や突然のご不幸などに接した経験があると思います。

そうした知らせを受けた時には、その場にふさわしい、礼儀正しいマナーが必要とされます。

それがいわゆる、慶弔マナーと呼ばれるものです。

いざという時にマナーを知らず慌てることのないように、

「これだけは知っておきたい基本的な慶弔マナー」についてお話をしていきます。

 

慶弔とは

慶弔(けいちょう)とは何でしょうか。

あまり使う言葉ではなく、読み方も少し難しいですよね。

「慶(けい)」はお祝いごと、「弔(ちょう)」はご不幸やお悔やみごと、の意味があります。

一般的には、結婚式やお葬式などの儀式のことを言います。

社会人になると、公私にわたって「慶弔」の場面に接する機会も増えることでしょう。

慶事(けいじ)や弔事(ちょうじ)、それぞれの場面にふさわしいマナーを日頃から身に付けておきたいものですよね。

次では、お祝いごとの慶事の場合、ご不幸の弔事の場合に分けて

基本的な知識と必要なマナーをご紹介していきます。

 


慶事のマナーとは


「慶事(けいじ)」とは、一般的にお祝いごとを指して言います。

その種類は、結婚・出産・進入学・成人・還暦など、さまざまです。

おめでたいことや幸せなことへのお祝いの気持ちは、正しいマナーできちんと相手にお伝えしたいものですね。

お祝いごとでよく使われる、ご祝儀袋の使い方について紹介します。

〈祝儀袋の表書きについて〉

表書き(おもてがき)とは、お祝いの目的を言葉で表したものです。

目的によって、下のように書き表します。

結婚・・・「寿」 「御結婚祝」 「祝御結婚」

出産・・・「御出産祝」

特に指定せず「御祝」とすれば、全般的なお祝いのシーンで使うことができます。

〈祝儀袋の書き方〉

贈る人(差出人)の名前の書き方についてです。

表書きの中央真下に、姓名(フルネーム)を書きます。

もし連名の場合は、右側から年齢、上位の順に名前を書いていきます。

連名は、3人までを限度とします。

グループとして複数人から贈る場合は、〇〇〇一同 と表に書いてから、

全員分の名前を書いた紙を祝儀袋の中へ同封するようにします。

これは、お祝いを受けた人が、誰からもらったのかわかるようにするための配慮です。

筆記用具は、毛筆・筆ペン・黒サインペンなどを使用します。

〈祝儀袋の水引について〉

祝儀袋には、紅白や金銀の ”水引(みずひき)” と呼ばれるものがついています。

水引には2つの形があります。

①「蝶結び」・・・水引の端を引くと、ほどける結び方。いわゆるリボン結びのことです。

何度あってもよい、何度あっても喜ばしいお祝いに使います。

使えるお祝いは、出産・進入学・昇進・長寿 などがあります。

使ってはいけないのは、弔事全般・お見舞い・結婚 です。

②「結びきり」・・・水引の端を引くと、強く結ばれる結び方。

強く結ぶ、一回きり、という意味合いから、主に結婚のお祝いで使われます。

このように、水引の形には意味がこめられているので、それに合った使い方が必要となります。

さまざまな祝儀袋が市販され、迷ってしまうほどたくさんの種類があります。

水引の形にも注意して見ると、今まで気付かなかった、新しい発見があるかもしれませんね。

〈ご祝儀袋のお札の入れ方〉

中袋(封筒)にきれいなお札を入れます。新札が望ましいです。

中袋の表面に差出人の名前・住所、裏面に同封の金額を記入します。

金額は漢数字で書きます。たとえば、「金壱萬円」などのように。

受け取った人が誰にもらった物かわかるように明記することも、マナーのひとつになります。

お札を入れる方向は、お札の人物の絵を上にしてきれいに重ね、中袋に収めましょう。

中袋を外袋で包みます。外袋の下側の折り返しが「上向き」になるように水引で留めます。

 



弔事のマナーとは


「弔事(ちょうじ)」とは一般的に、人のご不幸やお悔やみごとを指します。

ご葬儀、ご法要、病気見舞い などがあります。

弔事は人生の途中で起きる出来事の中で、大切な位置を占めているものと言えます。

もしも、慶事と弔事が同じタイミングで起きた場合、優先されるべきは「弔事」の方です。

人との関わりを持って生活をしていると、自分の意思とは別に、このようなタイミングが訪れること

もあるでしょう。

主なものとしては、ご葬儀の場面です。

突然の訃報(ふほう)を受けた時には、相手の方に失礼のないよう接することが望まれます。

正しいマナーで、丁寧な対応を心がけたいものですね。

ご葬儀などに必要な、一般的なお香典袋の使い方についてお伝えします。

〈香典袋の表書きについて〉

宗派による分類があります。

①仏式の場合・・・「御香典」 「御香料」 「御仏前」

②神式の場合・・・「御玉串料」「御榊料」

③宗派共通の場合・・・「御霊前」

一般的によく使われるものは下のとおりです。

「御香典」・・・通夜、告別式など仏式の葬儀で使用されます

「御霊前」・・・通夜、告別式など弔事一般で広く使用されます

市販の香典袋には、すでに表書きされているものがたくさんあります。

用途によって、表書きのあるものを購入するとよいでしょう。

表書きの入っていない無地の袋であれば、表書きを自分で記入し、どの場合にも使えます。

突然の訃報を聞いて慌てることのないように、日頃から手元に準備しておくことも大切です。

〈香典袋の書き方〉

表書きの真下に、差出人の姓名(フルネーム)を書きます。

慶事と同じく、連名は3人までを限度とします。

地域等の慣習にもよりますが、名前は薄墨で書く場合があります。(薄墨には、悲しみの涙で墨がにじむ、という意味がこめられているようです)

文房具として、薄墨の筆ペンも市販されているので、用途により使ってみてください。

〈香典袋の水引について〉

水引きの色は、黒白・黄白・銀 です。

形はすべて、「結びきり」となっています。

悲しみの出来事は一度きりで、という意味からです。

〈香典袋のお札の入れ方〉

中袋(封筒)にお札を入れます。弔事の場合、新札の使用はさけてください。

お札を入れる方向は、お札の人物の絵を上にします。

中袋の表面に差出人の名前・住所を、裏面には同封した金額を漢数字で記入しましょう。

外袋の上側の折り返しを「下向き」にして、水引で留めます。

 

まとめ

基本的な慶事と弔事のマナーについて、お話をしました。

慶事と弔事には、もっとさまざまな形式があるので、さらに深い知識が必要です。

ですが、日常的にこれだけは知っておきたい、ということに絞ってお伝えしてきました。

慶弔のマナーを身に付けるということは、相手を思いやる気持ちにつながります。

マナーを知らずに相手を不快にさせたり、自分自身が恥ずかしい思いをすることのないように、

一社会人として振る舞いたいものですね。

マナーについて知っていたことも、知らなかったことも、ぜひ今から役に立ててみてください。


タイトルとURLをコピーしました