息子のメディア依存を変えたい

現在、3歳の息子の育児中です。この年頃の子供のエネルギーは本当に凄まじいですよね。

そしてイヤイヤ期、真っ最中の子供を相手しながら、家事をするというのは、それだけでもなかなか至難の業。


どうしてもメディアに頼ってしまいます。おそらく多くのお母さん達にとっても、そうでもしなければ、イライラが溜まってしまうのではないでしょうか。

しかし最近、息子のメディアへの依存が強くなってきたと感じて、心配になってきました。本当は見せたくないのに、見せないと毎日が乗り越えられない。。

そんな状態の自分が情けなく、何とか変えていけないかと思うようになりました。今までの息子の様子や、自分なりに調べた事をお伝えできたらと思います。


今までの息子とメディアとの関わり方

我が家は珍しく、テレビを置いていないのもあり、息子にはYouTube の知育動画や、Amazon prime のアニメなどを見せていました。また一般的に言われる、1日2時間までという試聴時間は守っていました。

その他、タブレットでひらがなや英語などを学べるアプリも入れて、やらせていました。知育的なものであれば、むしろ良い事だと考え、取り組ませていたと思います。

しかしある時から、息子が「何か見たい、何か見たい」と朝起きてすぐ言うようになり、心配になってきました。

少し前に、とある幼稚園の説明会に行った時、そちらの先生が印象的な事を言われていました。

アプリなどで勉強にはまっていても、それはアプリをする事にはまっているだけであり、勉強している事とは違う、というような内容でした。

考えてもいなかった事ですが、確かにそうかもしれないと思いました。勿論、メリットもあり、息子はメディアを使う事で、早くからひらがなやアルファベット、数字を覚えて興味を示していました。

ですが、紙媒体で学ぶのとは違い、そういったメディアにはまって抜け出せなくなるのでは、という不安が湧いてきました。

更に最近、主人も携帯のアプリで、数字のゲームを頻繁にさせるようになり、私の不安は頂点に達してしまいました。

ある日、イライラを募らせながらも、メディアを見せないように家事をしていたところ、また携帯のアプリを簡単にさせてしまう主人を見て、涙ながらに「メディア見せないで!」と叫んでいました。

少し驚いた主人も、見せすぎは良くないと思っていたので、すぐにやめさせてくれました。いきなり消された息子にしたら、訳が分からず泣いてしまったのですが。。

このような状況から、何とかメディアなしでも過ごせる方法がないかと、調べてみました。


子供のやること・やりたいことリストを作る

調べていて、参考になるなと思ったものがあります。それはコロナ禍で休校になったお子さん達への、メディア依存についてのものでした。

コロナ禍でどう過ごして良いかわからず、YouTubeやゲームを長時間やるようになってしまった子供達。

その子達に対してできる親の対応として、そういったメディア以外での、やること・やりたいことリストを作ってあげる。子供が楽しめる事を用意しておく、というような内容です。

確かに大体の子供達は、ほかの楽しい事に気づかず、あるいは忘れてしまってメディアにはまっている状態なのだろうなと感じます。

そしてそれは、3歳などの幼児にも当てはまる事だと気づきました。

ただ、幼児の場合はリストにするだけでは、本人たちだけでは取り組めないですよね。やはり親が一緒に取り組んであげることが必要。

はたして息子が楽しめる、やりたい事は何か?と考えた時、私が絵本を読んであげる事や、粘土遊びを一緒にする事が、まず思い浮かびました。

予想通り、息子は楽しんでくれていたのですが、あまりに取り組む時間を取りすぎて、今度は家事が回らなく、その事でまたイライラ。。

恐らく、こういった〈子供と何かに取り組む時間〉と、〈家事〉との配分が難しいのだろうと感じます。

以前、動画配信をされている保育士さんが言われていた事は、10分でも良いから子供と遊ぶ時間をもつこと。

とにかく10分を目安に子供と何かに取り組み、ダラダラと遊ぶのではなく、家事への切り替えもさっと行うのが大事なのかもしれません。

はじめは思うように進まないとは思いますが、毎日一つの事だけでも一緒に取り組む、そうしてやっていけたらと思います。

一つのことをしっかり取り組むと、その後、子供も自分から他の遊びに繋げていく事が多いのではないでしょうか。


おわりに


イヤイヤ期の子供を育てていると、毎日が終わらないマラソンのように感じることがあります。疲れきってしまわない為、イライラが爆発しない為にも、メディアは本当に助けになります。

ただ、自分自身がその事に頼りすぎて、気持ちがモヤモヤしだしたら、やり方を変えるべきという合図なのかもしれません。

時間を守りながら、メディアの良いところも活用しつつ、子供と取り組めることを一つずつ増やしていけたら良いですね。

我が家は、子供がずっとやりたがっているアイス作りを、今度一緒にやってみたいと思います。


タイトルとURLをコピーしました