日焼け後の肌のお手入れは早めの対策と適切なケア

しっかり日焼け止めを塗ってレジャーに向かっても、プールや海の水にぬれたり、汗で日焼け止めが落ちてしまう…

日常生活でも知らず知らずに紫外線を浴びて、うっかり日焼けをしてしまった!というお肌のトラブルは多いのではないでしょうか。

日焼けをするとお肌が赤くなってヒリヒリしたり、ひどいときには水ぶくれになったり、一刻も早くケアをしたい!

そこで今回は、日焼けした肌の適切なお手入れ方法をご紹介します。

日焼けした肌のお手入れは○○時間以内にするのがカギ

日焼けした肌は軽いヤケドの様な状態になっています。

ちょっとほてりがあるけど少しだから大丈夫!なんて放置していると、シミやシワなど肌のトラブルの原因になってしまい、とても後悔することになるかも知れません。

そこで、日焼け後にケアをする時間がとても重要なのですが、そのゴールデンタイムは『72時間』以内です

日焼けをすると、肌を守るためにメラニンが生成されますが、蓄積されたメラニン色素は、肌を守りながら同時にシミやそばかすの原因にもなってしまうため、72時間以内に適切なケアをすることが必須なのです。

そして日焼け後のお手入れは、その手順もとても大切です!


日焼け後の肌はできるだけ早く冷やす

軽いヤケドをしている肌は少し炎症があるので、まずはクールダウンさせるために冷やします。

  • 冷水に濡らしたガーゼや薄手のタオル、コットンなどを軽く絞って顔に当てる
  • 保冷剤を薄手の布でくるみほてりの部分に当てる
  • 氷のうやビニール袋に氷を入れてほてりの部分に当てる

一刻も早く冷やすために、上記のような身近にあるものでほてりが落ち着くまで冷やしましょう。

保湿を十分にする

日焼けをした肌は脱水状態になっているため、クールダウンして肌が落ち着いたらしっかり保湿をします。

ですが、日焼けした肌は刺激に対し敏感でとてもデリケートなので、保湿に使う化粧水や乳液、クリームなどは低刺激性や敏感肌用を使い、肌につけるときは優しく手で押さえるよう丁寧につけます。

また洗顔も低刺激性タイプを選び、しっかり泡立て肌をこすらず洗顔します。

美白効果のあるスキンケアでダメージ予防

紫外線が肌に降り注いだために、肌の防御反応で過剰に生成したメラニンは、皮膚に残るとシミになってしまいます。

そして肌老化の原因は、8割くらいが紫外線を含む光老化によるものと言われているため、老けないためにも美白効果のスキンケアを行うことがベストです。

でも経験からですが、日焼け直後に美白のフェイスマスクでパックをしたら少しヒリヒリ感がありました。

これは炎症状態の肌に、美白成分(薬用)があるパックを使ったことで肌に刺激を与えてしまったようです。

ですから、美白効果のあるスキンケアは日焼け直後は避けて、肌の状態が落ち着いてから使うことがおススメです。


日焼け対策は老化を防ぐカギ

日焼け後のスキンケアについてお話ししましたが、できれば日焼けをしないことがとても大切なので、ここからは日焼け防止の対策についてお伝えします。

日焼け止めの種類 ・選び方

日焼け止めのパッケージには「PA」「SPF」などの表示があり、その他にもUVなども書かれています。

UVは、地上に届く紫外線の波長の長さで、波長が長いのが「UV-A」、波長が短いのが「UV-B」です。

  • UV-A…肌の奥まで届き、シミやたるみなどを引き起こす原因になる
  • UV-B…肌の奥までは届かないものの、エネルギーが強く、肌の表面で炎症を起こすため赤くなりやすい

そして、PAは4段階の「+」マークで表示され、これはUV-Aを防ぐ効果を表し「+」の数が多いほど効果が高いということです。

SPFは1~50の数値で表示され、UV-Bを防ぐ効果を示し、こちらも数値が大きいいほど高くなります。

では、日焼けをしないために、PAもSPFも数値が大きいものを選べば完璧に防げる!そうではありません。

私自身、日常生活にレジャー用の日焼け止めを1週間くらい使っていたら、首周りの皮膚がカサカサして肌荒れをしました。

普段の買い物などで外出する場合、数値の高い日焼け止めを使うとかえって肌に負担をかけてしまうようです。

ですから、日焼け止めに入っている成分やその時のシチュエーションによって使い分ける必要があります。

日焼け止め使い方の目安

  • 買い物などの日常生活...PA(+~++)SPF(10~20)
  • 屋外での軽いスポーツなど...PA(++~+++)SPF(20~40)
  • 炎天下でのレジャーなど...PA(+++~++++)SPF(40~50)

日焼け止めの成分や種類によって効果が変わるので、敏感肌の方や皮膚がかぶれやすいという場合は、専門家のアドバイスを受けて選ぶ方がいいですね。


 日焼け止めは効果的に使う

日焼け止めを薄く塗っていませんか?

日焼け止めは適量を使わなければ効果があまり期待できません。

顔に塗る場合は500円玉くらいの量を使い、ムラがないように塗って、重ね塗りをするとより効果的に紫外線を防ぐことができます。

また、日焼け止めは時間が経つと効果が薄れてくるので、3時間くらい経過したら塗り直しをするのが効果的です。

お化粧をしている場合は、UV効果のあぶら取り紙を使って、化粧直しと同時に塗り直しをしたり、スプレータイプの日焼け止め使うのもおススメです。

まとめ

日焼け後のスキンケアは72時間以内に行い、まずは冷やして、ほてりが落ち着いたらしっかり保湿をしてお肌を守り、美白効果のあるスキンケアを取り入れシミやシワなどのダメージを予防します。

また、日常生活から日焼け止めを効果的に使い、なるべく日焼けをせず、肌に負担をかけないことが大切です。

美肌作りは、毎日コツコツすることがカギです。


タイトルとURLをコピーしました