疲れた心と体を癒すフラワーセラピーと植物の効果

仕事や学校に家事、毎日の生活中で、心と体の疲れを感じると何かに癒されたいと思いますね。

アロマテラピーやアニマルテラピー、人それぞれに癒しの方法はたくさんありますが、お花や植物にも癒しの効果があるのをご存知ですか。

「お花や植物が家にあると癒される」「お花をいただいて嬉しかった」など感じたことがあると思いますが、病院や介護施設などでも観葉植物を飾ることで、そのグリーンの持つ癒し効果を得ているようです。

そこで今回は、『お花や植物がもたらす効果』と上手な取り入れ方をご紹介します。

 花や植物がもつ癒しの効果とは


フラワーセラピーの効果

フラワーセラピーは、お花を飾ったり、ハーブを使ったお茶を飲んだり、食べたりすることで視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感に働きかけて脳を刺激し、活性化することでストレスを解消したり、心を安定させる期待があります。

どうしてたくさんの効果が期待できるのかというと、生花を見るとリラックスしている時に表れる脳波の「α波」が多く出るため、花を見ると心が和み安らぎます。

また、花の色や香りによるカラーセラピー、アロマテラピーの効果もあると言われています。

そしてハーブの力は、イライラを抑えたり、消化機能を助けるなど体を整える効果が期待できます。

植物がもつ効果

ストレスを和らげる

森林浴をすると開放的な気分になる、落ちつくなどの心地よさがありますが、これは植物が『フィトンチッド』という香り成分を出すためリラックス効果が得られると言われています。

目の疲労を軽減させる

目の疲れを計る機械で、パソコンの作業後に計った場合、植物を見てから計測した時と見ずに計測した時では、植物を見ていない方のグループが圧倒的に結果が悪かった(疲れていた)という実験がありました。

このことを知り、子どものころに、目が疲れたときは「遠くの山を見たり緑を見るとよくなるよ」と言われましたが、それは根拠があったのだと感じました。

空気をキレイにする

植物は二酸化酸素を吸って酸素を出すため、植物のある空間は新鮮でキレイな空気に満たされています。

サンセベリアという観葉植物は、「エコプラント」とも呼ばれるくらい高い空気清浄効果があると言われています。

 

この他にも、風水によって運気を盛り上げるという方は、自ら成長して「気」を放つと言われる観葉植物を家に飾り、気が滞る場所に置いたり、金運アップなど特定の運勢を上げたい場合に、関係のある場所に置くことで植物のパワーを得ています。

花や植物が持つ特別な力をかりてより良い暮らしをする

たくさんの花や植物はいろいろなパワーを持っていますが、それぞれのシチュエーションに合わせた効果をご紹介します。


やる気を出したい・パワーがほしい

おススメの花は、赤いバラやカーネーションなどです。

赤色には、気持ちが高まるときに優位になる交感神経を刺激して、血行を良くする働きなどがあり、やる気を出したい時やプレゼン前などで気持ちを引き締めたい!という時には、赤色の花を選ぶといいですよ。

観葉植物のおススメは、ガジュマルです。

幹の途中から「気根」と呼ばれる根っこを出す個性的な植物で、生命力が高くたくさんの葉をつけるため、金運を上げるとされる他にも「幸福の木」とも呼ばれています。

心と体を癒したい

おススメの花は、紫色のラベンダーやアリウム、スターチスなどです。

紫色は、心と体を癒し、回復力を高める効果があるので、ストレスが溜まって辛い気持ちの時などに、紫色の花を選ぶと心が落ちつくと言われています。

また、直感力や創造力を高める効果もあるため、芸術作品を作る場所に紫色の花を飾る人もいます。

観葉植物のおススメは、モンテラスなどです。

モンテラスは、風水によると穏やかな気を充満させて雰囲気を調和するとされています。

そして、モンテラスの大きな葉は穏やかさの象徴で、恋愛運や家族運アップ、人間関係を円滑にする効果が期待されてます。


良質な眠りに導く

おススメの花は、青い色のアジサイ、ムスカリ、デルフィニウムなどです。

青色は、心身ともに安定しているときに優位になる、副交感神経を刺激する効果があります。

ですから、青い花を見ると心が落ち着いてリラックスし、穏やかな気持ちになると言われています。

そして、良質な睡眠に導く効果もあるため、寝つきが悪い、神経が昂って眠れないという場合は、寝室に青い花を飾ることをおススメします。

 

この他にも黄色には、脳を刺激して集中力をアップする働きがあるので、勉強する部屋には黄色い花を選ぶといいですよ。

また白色には、浄化作用やリフレッシュさせる効果があるので、気分がモヤモヤする時や気分を変えたい時などに、私は、部屋にカスミ草を飾っています。

まとめ

お花や植物は五感を刺激して、疲れた心と体を癒し、バランスを整えてくれます。

フラワーセラピーの取り入れ方は、生花を飾る、花由来の精油でアロマテラピーにする、植物を育てるなど方法はたくさんあるので、自分に合った取り入れ方をするとより効果が得られます。

花の色や特徴のある観葉植物など、それぞれ異なる効果を持っているので、求めるシチュエーションによってさまざまな楽しみができます。

 

 


タイトルとURLをコピーしました