紅茶の出がらし捨てないで! まだまだ使える再利用!

紅茶を飲んだ後の出がらし、みなさんどうしてますか?

午後のひとときに、食後のほっと一息に、紅茶を飲むことがあると思います。その紅茶の出がらし、そのまま捨てていませんか?

実は、紅茶の出がらしは、再利用ができるんです。しかもいろんな場面に!

紅茶の出がらしの再利用法、目からウロコを、4つご紹介させていただきます。

ぜひ!お試しください。

消臭剤として利用する

紅茶には緑茶でよく知られている、カテキンが含まれています。
このカテキンには、殺菌、抗菌作用さらに、消臭効果があるといわれています。

紅茶の出がらしには、このカテキンがまだ残っていて、カテキンの殺菌・抗菌・消臭効果を利用して、消臭剤が作れます。

お手製の消臭剤を、匂いのきになる、下駄箱や冷蔵庫、トイレに置くといいです。


作り方

ティーパックは、そのまま乾燥させて、匂いの気になるところに置くだけで完成です!
とっても簡単です。

茶葉の場合は、フライパンでいる方法もありますが、手間がかかってしまうので、ザルや紙の上に広げて、乾燥させるだけでできあがります。

乾燥させた茶葉は、浅い容器や、巾着袋などに入れて、匂いの気になるところに置けば、消臭剤の完成です!

もちろん、ティーパックの出がらしも、乾燥させたら袋からだして、同じように入れ物にいれて大丈夫です。袋から出して乾燥させても大丈夫です。

ミニトマトが入っていた容器などを、オシャレに色を塗ったりしてアレンジしたり、お手製の巾着袋を作るのもおすすめです。

脱臭効果は約2週間ほど続きますが、効果がなくなってきたなと感じたら、取り換えどきです。

うがい薬として

紅茶に入ってるテアフラビンには、風邪予防に効果的だったり、インフルエンザの感染力を低くしたりする作用があります。

とてもうれしい効果です。

紅茶でうがいをすれば、ウイルスの侵入経路である、のどの粘膜に付着したウイルスや細菌を、死滅させてくれる効果があります。

外から帰ってきたら、または、喉がちょっと痛いな、といったときに、紅茶うがいをしてみてください。

季節の変わり目や、寒くなってきたころに大活躍まちがいなしです。

また、紅茶の殺菌作用には、口臭予防にもなります。
口臭の原因となっている、細菌や殺菌を紅茶で口の中をうがいすることで、除去してくれます。

食後に紅茶でうがいをするのもおすすめです。


紅茶うがいのやり方

紅茶うがいのやりかたです。

  1. 出がらしの紅茶にお湯をそそぎ、粗熱をとるか、水をいれて適温にする。
  2. 口に紅茶をいれて、ぶくぶくとうがいをします。
  3. 上を向いて、ガラガラとうがいをします。
  4. 3を3回くらやってください。

紅茶は必ず適温にしてください。熱いとやけどをしてしまいます。
また、2をやることで、口のなかの殺菌を除去できるので、2からがおすすめです。

紅茶で油落とし

紅茶のでがらしで、食器やフライパンについたベタベタ油が、スッキリ落ちるの、ご存じですか?

紅茶はアルカリ性なので、酸性である油汚れに効果があります。

この場合はティーパックの紅茶がむいています。使い方は簡単です。
そのまま、ベタベタ油の食器を、出がらしのティーパックでこすって、油を落とすだけです。

ティーパックでこすっただけで、驚くほど、きれいに油汚れがおちます。

その後、食器用洗剤で食器を洗えば、バッチリです。

私も、お皿やギトギトベタベタのフライパン、お弁当箱に使ってます。細かいところもとどくので、とっても便利です。

紙のティーパックだと、強くこすると、紙が破れてしまうので、気を付けてください。


ガーデニング・家庭菜園に

紅茶の出がらしが、なんとガーデニングや家庭菜園に役立ちます。

紅茶の出がらしの茶葉を乾燥させてから、ハサミで細かく切って、土に埋めるだけでいいんです。

これもとっても簡単です。

紅茶はもともと茶葉が発酵しているので、土に分解されやすく、腐葉土になります。紅茶の出がらしを土に埋めるだけで、土壌改良ができてしまうんです。

栄養豊富で、保水性のある土ができあがり、庭のお花がいつもより花数が多かったり、育ててる野菜の育ちがよかったりします。

もちろんプランター栽培にも使えます。

また、紅茶の香りが、ハーブのような役割をしてくれて、害虫対策にもなります。

私は生ごみのコンポストを作っているので、そこにいれて、堆肥を作るのに役立てています。

まとめ

紅茶の出がらしの再利用法

  • 消臭剤として、乾燥させて、下駄箱やトイレに置く。
  • うがい薬として、風邪予防に。
  • 油汚れの食器洗いに。
  • ガーデニング・家庭菜園の肥料に。

いかがだったでしょうか?

紅茶を飲んだら、必ず出る出がらし、いつもすてていた紅茶の出がらしが、こんなにいろんなことに役立ちます。しかも、どれも手間がかかりません。

出がらしでも、紅茶のせいぶんがまだ残っていて、再利用できるなら、捨ててしまうのはもったいないです。

香りを楽しんだあと、ぜひやってみてください。地球にやさしい、リサイクルにもなります。

 

 

 


タイトルとURLをコピーしました