病気にならない体作り!健康的な食事・健康的な生活をしよう!

若い時は何でもなかったことが、年齢を重ねるごとにつらくなってきます。

病気にかかりやすくなり、少しの運動で疲れやすくもなります。

「駅の階段を上るのがきつい」「足腰がいつも痛い」「ぐっすり睡眠をとっても疲れが取れない」こんなことが徐々に増えてきます。

いつまでも健康であり続けるためには、一体どうしたらよいのでしょうか?

健康の維持の基本は、適度な運動をすることや十分な睡眠をとること、バランスの取れた食事をとること。

つまり、毎日の生活習慣が大切なのです。

・健康的な生活習慣

適度な運動

皆さんは一日のうち、どのくらい座っているでしょうか?

座る時間が多い人は、適度に立つ時間がある人に比べて平均寿命が短くなるという研究結果も。

座った状態ですと、足を全く動かさないことになります。

第二の心臓と言われる、ふくらはぎの活動がない状態になってしまっています。

ポンプ活動による体内の血液循環が滞ってしまうことになります。

適度な運動をすることで、病気にかかりにくくなったり、寿命も延びたりするといわれています。

ストレッチなどは一日の中で何度も行うとよいでしょう。

ウォーキングやサイクリングなども効果的です。

できるだけ継続できる運動をするとよいでしょう。

何かスポーツを趣味にするとよいかもしれませんね。

しかし、運動すればするだけいいというわけではありません。

激しい運動はかえって健康を害するのでよくありません。

毎日激しい運動や筋トレをすると、細胞の破壊が回復を上回ってしまい、かえって筋肉が細くなってしまいます。

肝心なのは継続して運動することであり、無理なく頑張りすぎないことが大切です。

十分な睡眠

一般的に理想の睡眠時間とは、成人の場合6~8時間と言われています。

睡眠が短すぎると、免疫量の低下、血圧の上昇がおこります。

さらに、認知機能の低下や運動機能の低下がおこります。

また、ストレスが蓄積し、うつ状態にもなりかねません。

しかし、睡眠は長ければ長いほど良いというわけでもありません。

寝すぎると、心臓発作を発症するリスクが高まります。

また、心血管疾患のリスクも高まります。

睡眠の時間だけでなく、睡眠の質も重要だと言われています。

睡眠の質を上げるには、特に就寝前の行動が大事だといわれています。

例えば、ストレスをためずリラックスする、部屋を暗くする、寝具は寝心地の良いものにする。

カフェインはとらない、テレビ、パソコン、スマホは見ないようにすることなどがあります。


・健康的な食事

バランスの取れた栄養のある食事とは、具体的にどんなものがあるのでしょうか?

五大栄養素の炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取することが大切です。

ごはんなどの主食、肉・魚・大豆・卵などの主菜、きのこ・海藻などの副菜、そして味噌汁などの汁物をバランスよくいただきます。

具体的には以下のものがあります。

納豆・ヨーグルト・豆乳・卵・ブロッコリ・海藻類・にんにく・しょうが・ブルーベリー・ケール・アボカド・アーモンド・バナナ・オリーブオイル・豆腐・鮭・さば・いわし・鶏肉など。

また、食べ過ぎには気をつけましょう。肥満になると生活習慣病にかかりやすくなります。

普段から体重を測るようにして、摂取カロリーなど気をつけましょう。

しかし、食べなすぎてもよくありません。栄養が不足すると体調に異常をきたします。

健康的な毎日を送るには、やはりバランスの取れた食事が一番です。



・病気にならない体作り

免疫力をアップしよう

免疫はウイルスや細菌から私たちの体を守ります。

健康的な生活をするには、免疫力を保つことが大切です。

疲労、加齢、ストレス、喫煙、飲酒などで免疫は下がります。

それでは、免疫を上げるにはどうしたらよいのでしょうか?

やはり適度な運動、十分な睡眠時間(と睡眠の質)、栄養バランスの取れた食事が効果的です。

健康診断を受けよう

病気にならないためには、やはり定期的な検査が必要です。

40歳~74歳の方は、特定健康診査の受診券が各自治体から送られてきます。

自己負担なしで受診できます。

特定健診の結果、生活習慣の改善が必要だと判断された方は、特定保健指導を受診できます。

特定保健指導とは、医師、保健師、管理栄養士など専門スタッフが行う生活習慣改善のサポートです。

厚生労働省/特定健診・特定保健指導

体調が悪くなってから病院へ行くと、かなり進行しているケースもあります。

現在は、早期発見し早期治療で治るケースが多いそうです。

ですので、39歳以下の方でも、健康に自信のある方でも、年に一度は健康診断を受けることをおすすめします。

自分の健康状態を常に把握して、病気にならない体作りをしましょう。

・まとめ

いかがでしたでしょうか?

病気にならない体を作る、健康的な生活には免疫力を上げることが重要です。

免疫をアップするには、適度な運動十分な睡眠栄養バランスのとれた食事 が必要です。

運動・睡眠・食事はどれもバランスが大切です。

その他、喫煙しないことやアルコールを飲みすぎないことです。

適正な体重を維持し、ストレスをためないように生活しましょう。

また、健康診断を受けて自分の体調を常に把握することをおすすめします。

自分にできる無理のない範囲で、積極的に健康的な生活をしましょう。


タイトルとURLをコピーしました