離乳食準備 必要なも物。あって良かった物。

生後5~6ヶ月ごろからスタートする赤ちゃんの離乳食
初めての子育てはわからないことばかり。離乳食を始めるにも、一体何を準備したらいいの?!
そう思っているママ、パパも多いはず。
いざ離乳食がスタートした時、足りないものがあって慌てるのは嫌ですし、
かと言ってただでさえお金がかかる育児なので余分物まで買い過ぎたくありませんよね。

ここでは離乳食開始にあたり最低限必要なものや、あって良かったというものを紹介していきます。

離乳食準備に最低限必要なものは?

離乳食準備に最低限必要なものは以下の4つ

①エプロン
②ベビー用食器
③ベビーチェア
④調理器具

①エプロン
赤ちゃんはまだ上手に食べることが出来ないのでエプロンは必須です。
食べこぼしをキャッチしてくれるポケットがついているものがオススメです。
エプロンには紙や布、シリコンタイプなどの種類がありますが、
何度も洗って繰り返し使える布やシリコンタイプは衛生的にも経済的にも良いです。
また外出時には持ち運びに嵩張らない紙エプロンが活躍します。
最近では100円均一などでも種類がたくさん出ていますね。

②ベビー用食器
・ベビー用スプーン
スプーンは赤ちゃん専用のスプーンを用意します。
最初はママやパパが食べさせてあげるので持ち手が長いものがいいです。
素材はシリコン製や木製のものが良いでしょう。
今はスプーンの色が温度で変わるものもあるので、赤ちゃんの火傷防止のためにはオススメです。

・ベビー用の器
赤ちゃんは色々なものに興味津々なので器をひっくり返してしまうこともしばしば。
器は割れないようなシリコンやプラスチックのものがオススメです。
また、作る側のモチベーションが上がるような可愛い食器を揃えるのもいいですね。

③ベビーチェア
食事=椅子に座って食べる という意識を赤ちゃんにもってもらうためにも離乳食時から赤ちゃんの椅子は用意してあげた方がいいです。
赤ちゃん用の椅子はたくさんありますが長く使うことを考えるとベビーチェアがおすすめです。
しっかり安全性を確認した上で使用しましょう。

④調理器具
・ブレンダー
正直なところブレンダーがあればこのあと紹介するこし器は必要ないかも?というぐらい重宝します。
離乳食初期の潰す工程から、付属のフードプロセッサーに変えれば中期の細かく刻む作業もすべて出来ます。
ブレンダーがあれば離乳食以外の料理の下ごしらえにもたくさん使えて、時短になるので忙しい主婦の味方になるのは間違いないでしょう。

・裏ごし器(茶こし器)
離乳食初期は全ての食材をドロドロのペースト状にする必要があります。そのため、こし器が必要になります。
離乳食の最初はスプーン1さじから始めるので、少量でいい場合は茶こし器でも十分かと思います。

・フリージング容器
離乳食準備は毎食用意するのは大変!とういう方も多いはず。そこで、まとめて作って小分けに保存できるフリージング容器が重宝します。
製氷器でも代替できますが赤ちゃん用品専門店では様々な容量の容器が売られているので離乳食の進め方に合わせて購入するといいでしょう。

 

あると便利な離乳食グッズ

すべてを手料理で作るのは手間も時間もかかります。
実際やってみるとわかりますが裏ごしの作業はとても労力を使うものです。
そこであると便利なのは市販されているベビーフードです。
「市販のものをあげるのはちょっと罪悪感がある…」
「全部手つくりしたほうがいいんじゃないの?」
と思われる方もいると思いますが、特にほうれん草や小松菜など葉物野菜は繊維をとる工程が大変なものです。


また、災害などの非常時に手作りのものを与えれない状態が余儀なくされた時にも
赤ちゃんがベビーフードに食べ慣れて居いれば食事も心配ないかと思います。
市販されているものはほとんど裏ごし不要でそのまま解凍したり水を足せば使えるものが多いので簡単に使える物ばかりです。
手作りに疲れたなと思ったら、ベビーフードにどんどん頼っていきましょう。




離乳食で大切なことは?

ここまでで離乳食に最低限必要なものを紹介してきましたが、離乳食において一番大切なのは
「赤ちゃんと食事を楽しむ!」ということです。

離乳食が始まると「食べてくれない」「友達のあの子はあんなに進んでいるのに」
など、どうしても周りと比べて一喜一憂しがちなものです。
最初から食べる子も居れば、なかなか食べてくれなくて離乳食が進まない子ももちろん居ます。
歯の生えるスピードによっても食べれる食材も変わってきます。
せっかく頑張って用意したものを食べてもらえないのは悲しいですが、食べてくれたらラッキーという軽い気持ちでいたほうが良いでしょう。

また、食べないと栄養面が心配になる方もいるかもしれませんが、離乳食では栄養よりも

赤ちゃんに「食事が楽しい」ということを教えてあげる為にも、あげる側も笑顔で楽しめることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
実際に本当に必要なものは少ないものです。
最低限必要なものを揃えておいて、あとは各家庭で必要だなと思った物をそのタイミングで用意するのが一番無駄がないです。
作る側も楽しむのが一番大切なのでこれから離乳食を始められる方は楽しんで行って頂きたいです!


タイトルとURLをコピーしました