食費を上手く節約するにはどうすればいい??やりくりの仕方やコツを詳しく教えます!


日々生活をしていく中で少しでも自由に使うお金が欲しい、子供の教育費を増やしたいなど節約を考えるには様々なきっかけがありますよね。

節約をする時に一番手をつけやすく、効果が現れる出費が食費です。

食費を節約するには買い物の回数を減らしたり、献立を上手く組み立てる事によってあなたも明日からすぐにやりくりをする事が出来ます。

また無理な節約はストレスになってしまう為予算設定も大切です。

なんとなく節約は意識しているけど上手くいかない、どうすれば食費を減らして家計をやりくり出来るのか。

そんな悩みを解決するポイントをご紹介します!

食費を節約するには買い物の回数を減らすべし!

あなたは1週間のうちに何回スーパーへ行きますか?

買い物に行くとお店には美味しそうな物やセールで安くなっている物など誘惑が沢山あります。

買うつもりが無かった物でもつい手が伸びてしまう事、ありませんか?

買い物の回数が増えれば増えるほどこの余分な出費が増えるものです。

余計な物を買わないようにする為には出来るだけまとめ買いをするようにして、買い物に行く回数を減らすようにしましょう。


安売りスーパーのはしごは要注意!


どのお店にも特売日がありますが曜日や時間は様々。

またあの商品はこっちのお店が安いけどこの商品は違うお店が安い…

このようにスーパーによって多少価格設定が違うので少しでも安い物を購入する為に複数のお店をはしごしてしまいがちです。

しかしこの行為、実は要注意!

先程買い物は出来るだけまとめ買いをしましょうとお話しました。

その原理と似ているのですが、たくさんのお店に行くとさっきのお店には売っていない物やそのスーパーごとにセール品が違います。

するとどうでしょう。

各お店でセール品や安い物を買った結果、トータルすると思ったよりお金を使ってしまった!なんてことになりかねません。

多少価格の上下はあるかもしれませんが、ひとつのお店で買い物を済ませてしまった方が余計な買い物を最小限に抑える事が出来ます。

なのでいろんなお店をまわるのではなく、買い物をする時は出来るだけ一箇所で済ませてしまいましょう。

その方が食費節約への近道になりますよ。


 “かも”しれない買いは無駄遣い!買い物リストを作成しよう!


あなたが普段食材の買い出しに行く時、なんとなくお店に行って安い物を買いますか?

それとも買う物を決めてからスーパーに行きますか?

一見安い物を買ってその中から献立を決める方が節約出来るんじゃない?

そう思うかもしれません。

あなたがとても料理好きでレパートリーがたくさんあるのであればもちろんこのやり方もおすすめです。

ですがもしそうでないのであれば、あらかじめある程度の献立を決めておいて買う物をリストアップしておきましょう。

そしてそれを使い切る頃にまた買い物に行くというペースが理想です。

そうする事で食材ロスを防ぐ事が出来るのです。

ここでのコツは冷蔵庫の中身を使い切る事!

使うかもしれないと思って買ったが結局使わずに腐らせてしまった…

こうして買った物を捨てる行為は大切なお金を捨てているようなものです。

節約を意識している上でこんなにもったいないことはないですよね。

買い物リストを作成してからスーパーに行けば確実に使う食材だけを買い、なおかつリストにない物は買わないでおこうと思えます。

買おうとしていた食材が思ったより高かった…

そんな時はそこで代用出来る物はないか、またその時に安い物に切り替えるのもアリ!

そして週の終わりの頃は少しずつ余った野菜で野菜炒めを作ったりしてみてはいかがですか?

その野菜を混ぜてお好み焼き風に焼いても立派な一品になりますよ。

買い物リストを作ってスーパーへ行く事で無駄な出費を減らしましょう!


 無理な食費削減は禁物!収入に見合った金額設定を


さてここまで食費を上手くやりくりするためのコツをいくつかご紹介しました。

節約の為に食費を抑えたいのはもちろんなのですが、あまりに財布の紐を縛りすぎて毎日の食卓が質素になったり我慢続きでストレスを溜めていては節約は続きません。

ここで大切なのが金額の設定です。

お給料を貰ったらひと月、あるいは週単位で予算設定をしましょう。

一人暮らしや子供がいる家庭など家族構成は様々ですし、食における重要度も違います。

だいたい収入の15%〜20%が食費にかける割合の平均です。

食べるのが大好きなのであれば多少余裕をもって予算を決めても良いですね。

食費を我慢しても他にお金を回したければ少し切り詰めて設定するのもアリ!

大切なのはこの予算内で次のお給料まで乗り切る!という事です。

まず収入や家庭環境に合った予算を決めたら、その中で上手くやりくりしていけるようにしましょう。

 まとめ

いかがでしたか?

節約というと我慢しているとういイメージが湧きがちですがそんなことはありません!

買い物の時にはしごせずにまとめ買いをしたり、きちんと予算を決めてお店に行く事で今日からあなたもすぐに節約を始められます。

食費が抑えられればその分貯蓄を増やしたりご褒美を買ったり、今よりもさらに生活を豊かにする事が出来るのです!

是非ここでご紹介した事を実践してあなたも節約上手になって下さいね。


タイトルとURLをコピーしました