買ってはいけない冷凍庫とは?

コロナ渦の昨今、ステイホームの影響もあり、食材のストックを家庭で保管する方が増えています。コストコ、業務スーパー等で大量に食材を購入したいけど、冷凍庫に入らない。釣った魚を一匹そのまま冷凍したい。そんな悩みを解決してくれるのがセカンド冷凍庫です。一言で家庭用冷凍庫と言っても、種類も大きさも様々です。今回は、冷凍庫を選ぶ際のポイント、買ってはいけない冷凍庫や、おすすめの冷凍庫をご紹介します。

 

冷却方式で選ぶ

冷凍庫には、直冷式と、ファン式の2種類の冷却方式があります。それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

冷却性能に優れた”直冷式”

冷却器が庫内にあり、冷却器から出て来た冷気が自然に冷凍庫内に広がります。メリットは、ファンを回さないので運転音が静かで、消費電力も少なくて済みます。また、扉の開閉を極力少なく保つことで、庫内の温度を低く保つことができます。

デメリットは、自動霜取り機能が無いため、年に数回の霜取りが必要になります。(使用状況により異なる)これは、大きなデメリットの一つです。霜はほおっておくと、どんどん巨大化し、庫内のスペースを圧迫します。霜取りをするためには、一度電源を落とし、庫内についている霜を溶かさなければなりません。溶け出た水をふき取るのという作業も必要です。これが年に数回となると、かなり面倒な作業になります。また、冷気が自然と対流するので、場所によって温度が異なるという、冷えムラが起こってしまうこともデメリットです。

お手入れが楽な”ファン式”

冷却器が庫内ではなく、外側に設置されていて、冷却器から出る冷気をファンの風で庫内へ送ることにより冷却する仕組みです。メリットは、ファンでムラなく庫内に冷気を送るので、温度が一定に保たれます。また霜取りも自動でしてくれるので、お手入れがとても簡単です。

デメリットは、ファンの音が気になることと、ファンを回すための電力が必要になるので、直冷式よりも消費電力がかかります。またファン式は冷却器が庫外にあることから、本体サイズは大きくなります。

ドアの向きで選ぶ

前開き

前開きのタイプのメリットは、開けたときに、庫内を見渡す事ができる為、どこに何が入っているのかを把握しやすくなります。引き出しで仕切られているものもあり、整理整頓がしやすくなっています。

デメリットは、扉を開ける為のスペースの確保です。また、引き出し等で仕切られているため、大きなものは入りません。

上開き

上開きのタイプのメリットは、出し入れを上からおこなうため、省スペースに設置することが可能です。仕切りのないタイプが多いので、大きなものも入れることができます。釣ってきた魚一匹丸ごと冷凍するなんてことも可能になります。

デメリットはやはり、奥のものが取り出しにくいことです。奥の方にはなにが入っているのかわからなくなり、ずっと底に眠ったまま・・なんて事になりかねません。

買ってはいけない冷凍庫とは?

今、セカンド冷凍庫の購入を検討しているあなた。そんなあなたのタイプによって、買ってはいけない、もしくは買うべき冷凍庫が決まってくるのではないでしょうか?

整理整頓がに苦手なあなたが買ってはいけない冷凍庫は、上開きの冷凍庫です。前開きで、引き出しのついているタイプだと、引き出しに入れるだけで整理が出来、開けたときにどこに何があるか、一目瞭然です。

面倒くさがりのあなたが買ってはいけない冷凍庫は、直冷式の冷凍庫です。年に数回の霜取り作業は、面倒くさい以外の何物でもありません。ファン式の冷凍庫にしましょう。

釣り好きのあなたが買ってはいけない冷凍庫は、前開きの引き出しのついた冷凍庫です。大きな魚一匹丸ごと冷凍するには、上開きの仕切りのないものにしましょう。

寝室にセカンド冷凍庫を置きたいと考えているあなたが買ってはいけない冷凍庫は、ファン式の冷凍庫です。枕元に冷凍庫を置き、寝苦しい夏の夜に、アイス枕を常備したいですよね。枕元にファン式の冷凍庫が置かれていれば、暑さ以前にうるさくて眠れません。そんなあなたは、直冷式の小型の冷凍庫にしましょう。暑く寝苦しい時期以外は、電源を切っておけば、霜取りもその時にできてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?セカンド冷凍庫があれば、大量に食材をストックすることができます。まとめ買いをすることによって、無駄な買い物が少なくなり、節約にもつながりますね。また、熱く寝苦しい夜に、枕元の冷凍庫からアイス枕を取り出せれば、さぞ気持ちがいいことでしょう。

ちなみに、セカンド冷凍庫の購入を考えているあなたの、今ある冷凍庫を確認してください。冷凍食品や、アイス、保冷剤などがぎっしり詰まっていて、中身を把握できていない場合、まず冷凍庫の整理から始めましょう。冷凍されているからといっても、いつまでも食材が日持ちするわけではありません。底の方には、いつから冷凍庫に存在しているかわからない、化石化されたようなお肉が出てくるかもしれません、整理整頓が出来れば、セカンド冷凍庫を購入しなくても、十分なスペースが開くかもしれません。そんなあなたは、セカンド冷凍庫を買ってはいけないのです。

様々な種類やカタチがある冷凍庫。あなたにピッタリなセカンド冷凍庫がい見つかるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました