むやみに美白化粧品を買ってはいけない?【おすすめもご紹介】

お肌を少しでも白くして明るく見せたい!

シミが気になるけど、どの美白化粧品を買ったらいいのかわからない…

そんなお悩みを持った方、多いですよね。

実際に筆者も、日焼けやニキビ跡が気になっていろいろな美白化粧品を買い、試していました。

美白化粧品といっても様々な種類があるので、結局何がいいのか分からず探すのが大変だと思います。

今回は、このようなお悩みをシミの症状と合わせて記事にしました。

美白化粧品とは?

美白化粧品とは、ほとんどは直接肌を白くするわけではありません。

肌が黒くなろうとする原因であるメラニン、シミやそばかすを予防する

というように、あくまで予防としてなので基本的に1年中使用することが大切です。

シミのタイプ別・原因とお手入れ方法

シミの原因はたくさんありますが、大きな要因のひとつは紫外線です。

シミといえば何でも美白化粧品でお手入れすればいいと思っている人が多いと思います。

しかしながら、シミの中にも美白成分が効くものと効かないものがあります。

そこで、医学的に分けられている4種類のシミのタイプとともに、お手入れ方法をご紹介いたします。

老人性色素斑(日光性黒子)

できる場所と見分け方 形・大きさ・色 原因 お手入れ方法
頬骨の高いところにできやすい

・直径数ミリ〜数十ミリの様々な大きさの丸いシミ

・薄茶色から濃くなり黒くはっきりしてくる

紫外線や肌の老化によってメラニンが蓄積することでできる

〈シミの中で最も多いタイプ〉

・UVケア商品で紫外線を防ぐ

・初期の薄いものには美白化粧品でOK

※定着した濃いものは消えないのでレーザー治療などが必要

雀卵斑(そばかす)

できる場所と見分け方 形・大きさ・色 原因 お手入れ方法
主に頬や鼻を中心に散らばるようにできる ・直径2〜3mmの小さな点状に広がるシミ

・三角や四角が多い

・薄茶色(褐色)のものがほとんど

・遺伝的な要因ででき、乳幼児から思春期にかけて目立ちやすい

・紫外線の影響で濃くなることも

・UVケア商品で紫外線を防ぐ

・遺伝的要素が強いせいか、美白化粧品の効果は出にくい

・レーザー治療でキレイに消えることもあるが、再発することも

炎症後色素沈着

できる場所と見分け方 形・大きさ・色 原因 お手入れ方法
ニキビ跡や虫刺され、傷跡が残ったもの 赤から黒い色までさまざま ・ニキビ跡や虫刺され、傷などによる肌の炎症が治った時にできるシミ

・毛抜きでムダ毛を抜いていると毛穴周りが黒く跡になることも

・美白化粧品が有効的

・刺激しすぎるとメラニン合成を高めるので、洗顔時にこすりすぎないのも大切

※原則としてレーザー治療は禁忌

肝斑

できる場所と見分け方 形・大きさ・色 原因 お手入れ方法
頰骨あたりに左右対称にできるもの

前額、頬、上唇、下あごあたりにもできることがある

・左右対称にできるのが特徴

・淡褐色や暗褐色などさまざま

・紫外線や女性ホルモンのバランスが崩れた時にできることが多い

・妊娠中やピルを服用したとき、更年期の人によく見られる

・UVケア商品で紫外線を防ぐ

内服薬のトラネキサム酸が効果が出やすい

美白化粧品で薄くなることもある

・洗顔時のこすりすぎで発症、悪化する場合もあるため洗顔はソフトにする必要あり

おすすめの商品とその有効成分

ここからは筆者が実際に使ってみて、本当によかった商品を3品ご紹介します。

①N organic エンリッチ&コンセントレート VCエッセンス

ビタミンの力で、毛穴やくすみにアプローチして肌悩みをサポートしてくれる美容液。小鼻の毛穴詰まりを中心に浸透させると、黒いポツポツが薄くなったり、乾燥によるくすみを無くすことで肌のトーンアップに繋がります。

 

②クリスティーナ テラスキンラインリペア

ヒアルロン酸の効果でお肌を活性化させ、しなやかさ・輝き・若さを回復させる水分美容液。全ての肌タイプに適合していて、ニキビ跡が治りにくい方にもおすすめです。クリニックやサロンのみでの販売となっているので、偽物にご注意ください。

 

③メラノCC ディープクリア酵素洗顔

毎日の毛穴ケアにおすすめの酵素洗顔。ビタミンC、酵素配合で汚れや古い角質を除去し、うるおいを守りながら透明感のあるお肌になります。また、柑橘系の香りでストレスが緩和されるということもあり、毎日使えるおすすめの酵素洗顔です!

まとめ

今回は、美白化粧品について解説しました。

美白化粧品とは年齢を問わず、日常生活に手軽に取り入れられるのが特徴のコスメです。

また、ハイブランドでなくプチプラの商品でもいいというところが最大の魅力です。

しかし、全部が全部すべての人に合うというわけではないため、自分に合った美白化粧品を見極めることが大切です。

シミの症状と合わせて解説しましたが、美白化粧品で解決できない場合があるので、むやみにいろいろな美白化粧品を使うのではなく、一番は悪化する前に病院やクリニックにいくことをおすすめします。

ぜひ、今回の記事を参考に、お気に入りの美白化粧品を見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました