買ってはいけない扇風機 その理由とは?

夏に、大活躍の扇風機!

扇風機は、そのまま風を感じるために使用したり、エアコンの効果を上げるために使用したり、洗濯物を乾かすために使用したりと使い方は様々です。

あなたは、今どんな種類の扇風機を選んだらいいのか悩んでいませんか?

今の扇風機は、色々な種類のものが売られているので、確かに悩んでしまうかもしれません。

今回のタイトルでもある「買ってはいけない扇風機」は、結論からいってしまえば無いのですが、それぞれの扇風機には、メリットとデメリットがあります。

ですから、買う人の目的によって、買ってもいい扇風機と買ってはいけない扇風機が違ってくるのです。

そこで、今回の記事では「買ってはいけない扇風機 その理由とは?」をテーマに、あなたが間違って、買ってはいけない扇風機を選んでしまわないように、これから扇風機のメリットやデメリットなどを、具体的にお伝えしていきたいと思います。

扇風機の種類

では最初に、扇風機の種類にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

まず、家庭で使われるような扇風機の種類は、大体9種類くらいです。


・リビングファン
昔からある、普通の形の扇風機。


・壁掛け扇風機
壁に設置して使う扇風機。


・タワーファン
縦型で、スリムなオシャレな扇風機。


・卓上扇風機
テーブルや、机の上で使うコンパクトな扇風機。


・クリップ扇風機
コンパクトでクリップが付いているため、色々な場所に設置できる扇風機。


・ハンディ扇風機
手で持ちながら使う扇風機。
首に掛けられるタイプのもそもある。


・サーキュレーター
コンパクトで、左右上下に首振りができるものや、360度回転するものがある。


・羽なし扇風機
羽が無くオシャレな扇風機。
空気清浄や、ヒーターなどの機能までついてるものがある。


・シーリングファン
天井に取り付けて使うオシャレな扇風機。

扇風機の機能の特徴

それでは次に、扇風機の機能についてお伝えしていきますね。

現在では、色々と便利な機能が付いた扇風機が売られています。

例えば、設定温度や湿度に合わせてオン・オフを自動で行ってくれたり、風量の調整を自動で行ってくれるとても便利な、温度や湿度センサーの付いた扇風機。

そして、昔からあるような、左右だけ首振りをする扇風機だけではなく、上下に動いたり、360度回転する首振り機能の付いた扇風機まで販売されています。

他にも扇風機には、リモコン、タイマー、コードレスなど便利な機能の付いたものが販売されているのです。

扇風機のメリット・デメリット

それでは、先ほど紹介した色々な扇風機の、それぞれのメリットやデメリットについて、下記でお伝えします。

(リビングファン)

・メリット
羽が大きいため、しっかりとした風を感じられ、音が静か。
それと簡単に、分解できるので掃除しやすい。

・デメリット
特に羽の部分が大きいので、場所がとられてしまう。

(壁掛け扇風機)

・メリット
場所をとらないので、狭い場所でも使える。
部屋が広く見える。

高い場所につけるので、空気の循環が良くなる。

・デメリット
コードが短く、しかも壁に穴をあけないといけないので、設置場所が限られてしまう。
固定されてしまうので、好きに場所を変えられない。

(タワーファン)

・メリット
スリムな形なので、オシャレで狭い場所でも使いやすい。

・デメリット
始動音が大きくてうるさい。
構造上掃除がしっかりできない。

(卓上扇風機)

・メリット
コンパクトで、色々な場所に置きやすい。

・デメリット
机などに置くと、多少場所をとってしまう。

(サーキュレーター)

・メリット
コンパクトで、場所をとらない。
風が強く遠くまで届く。
首振りが自由にできて、中には360度回転するものもある。

・デメリット
安いサーキュレーターを買ってしまうと、始動音がうるさい場合がある。

(羽なし扇風機)

・メリット
羽が無いので、安全性が高い。
表面の誇りをとるだけなので、掃除が簡単。
空気清浄機能や、ヒーターなどが付いている機能性が高いものもある。

・デメリット
始動音が大きくてうるさい。
他の扇風機に比べると、値段が高い。

(シーリングファン)

・メリット
暖房効率が良くなる。
部屋がオシャレに見える。

・デメリット
始動音が大きくてうるさい。
天井についているので、掃除が大変。

こんな感じです。

ですから、扇風機を選ぶ際に、見た目を重視するのか、性能を重視するのかをよく考えて選ぶようにしましょう。

間違っても、あなたの購入目的に反しているような、扇風機を選ばないようにすることが大切です。

例えば、

・最初の目的では、「就寝時にも使えるように音の静かな扇風機が欲しい」だったのですが、見た目の良さに魅かれ、本来の目的を忘れてしまい、音のうるさいオシャレな「タワーファン」を購入!実際に就寝時に使用して、音がうるさすぎて眠れなかったなんてことになったら大変です。

静かな扇風機を欲しいと考えていたのなら、音のうるさいタワーファンは買ってはいけない扇風機になりますよね。

・他にも、「タイマー付き」が欲しかったのに、付いていなかった!

・コードが邪魔になるからコードレスが欲しかったのに、コード付きの扇風機を購入してしまった!

そんなことにならないようにしましょう。

後悔しない扇風機選びで快適な生活を!


夏を快適に過ごすためにも、見た目、性能、音のどれを重視するのかを考えて買ってはいけない扇風機を選ばないようにしましょう。

家庭でよく使われる扇風機の9種類は、

・リビングファン
・壁掛け扇風機
・タワーファン
・卓上扇風機
・クリップ扇風機
・ハンディ扇風機
・サーキュレーター
・羽なし扇風機
・シーリングファン

そして、扇風機の機能は、

・温度や湿度センサー機能
・首振り機能
・リモコン
・タイマー
・コードレス

このような、便利な機能が付いています。

最後に、扇風機選びで後悔しないために、先ほどお伝えしたこれら9種類の扇風機の機能の違いやメリット・デメリットを理解し、あなたに適した扇風機を購入して、快適な生活を送ってください。

今回の記事内容を参考にしていただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました