買ってはいけない汗拭きシート

最近、雨が多くなってきて汗ばむ季節になってきましたね。
こういう季節に役立つのが汗拭きシート。
しかし、汗拭きシートにも多くの種類があり、どれを選ぶか迷いませんか?
汗拭きシートはシャワーや洗面所がない出先でも汗を拭いてさっぱりすることができますが直接肌に触れるもの。
しっかりと成分は知っておきたいですね。

汗拭きシートのほとんどはエタノール?

エタノールは今、流行している新型コロナウイルスのおかげでさまざまなところでも出会うアルコールのことです。
エタノールは水とは違い常温で蒸発します。
この蒸発することを揮発と言い、蒸発のしやすさを揮発性といいます。
この蒸発のしやすさ、揮発性が高いと汗がエタノールと一緒に蒸発し涼しく感じるのです。

そもそも汗拭きシートの種類ってどれだけあるの?

パウダータイプ

べたついたからだの汗をすぐにサラサラにしてくれるタイプの汗拭きシートはパウダータイプです。
このパウダータイプは体の汗をシートで吸着させながら、サラサラのパウダーを体に付着させることで爽快感を与えてくれる商品です。
このパウダータイプの汗拭きシートは、ほとんどのものが香りが付いていることから人工的な匂いが苦手な方には向いていないでしょう。
またパウダーが体に張り付いて白残りする可能性もあることがパウダータイプの難点です。

体臭に対応するのは銀イオン入り

汗拭きシートに求めることは、汗をふき取ることだけでなく汗の「臭い」も取りたいですよね。
そういう方に打ってつけなのが銀イオン(Ag+)が入っているタイプの汗拭きシートです。
銀イオンには臭いのもとの菌を殺菌することで消臭する作用があります。
この殺菌作用を利用することで汗のべたつきだけでなく、体臭まで取ってしまおうというものがこの銀イオン入りの汗拭きシートです。

敏感肌でも使えるアルコールフリータイプ

汗拭きシートを使うとスースーと涼しく感じますよね?
あれは汗拭きシートに入っているアルコールが蒸発しているからなんです。
しかし、アルコールは肌が弱い人には向いていないのでおすすめできません。
肌に何も問題がなく、暑い夏の日には涼しくなりたい!という方におすすめですね。

敏感肌の人はアルコールフリーを選ぼう

先ほども述べたとおり、汗拭きシートで涼しくなるのはエタノールによる揮発性です。
しかし、エタノールは皆さんもご存知のとおり殺菌作用があります。
そのため、敏感肌の方は肌に常にいる菌、常在菌を汗拭きシートを使うことで殺菌してしまうことで肌荒れを起こしてしまうかもしれません。
他にもアルコール自体に敏感な方も、エタノールが入っている汗拭きシートを使うと肌荒れしてしまいます。
ですので敏感肌の方は、汗拭きシートを使う場合はなるべくアルコールフリーを選ぶほうがよいです。

番外編:メントール配合の汗拭きシート

男性用の汗拭きシートなどでよく見られるメントール配合の汗拭きシートもご紹介します。
なぜ、わざわざメントール配合も?と思われた方、実は身内にメントール配合ですごいことになってしまった話があるため、お書きいたします。
実はメントール、アルコールの一種の有機化合物であり、歯磨き粉や湿布にも入っているスースーした成分のことです。
そうです!先ほどかいたアルコールの一種という事は肌が敏感な方は使用すると大変なことになるということです。
私の身内にもメントール配合汗拭きシートをかきむしった場所につかったことで湿疹が出てしまった、という経験もあります。
ですので敏感肌の方は汗拭きシートのアルコールが配合されているかしっかりと確認することが大切になってきます。
以上に挙げた4種類が汗拭きシートのおもな種類です。
それぞれに特性があることから、その状況にあったものを選びましょう。

その他の主な成分

先ほどの項目で4種類の汗拭きシートをご紹介しましたが、アルコールが肌に悪いことをご存知の方は多いと思います。
しかし、それ以外に毒性があるものが使われていることをご存知でしょうか?
合成界面活性剤などの様々な物質です。

合成界面活性剤

合成界面活性剤にはさまざまな種類がありますが、効果としてはタンパク質を変性させて(タンパク質の形を変える事)雑菌を殺菌することができます。
そのため、肌が弱い方だとせっかくアルコールフリーの汗拭きシートを選んでいても界面活性剤が入っていることが原因で肌が荒れてしまうことがあります。

最後に

以上、買ってはいけない汗拭きシートについてご説明いたしましたが、中にはだまされてはいけない情報もあります。
乳化剤が体に悪いという情報が多くでまわっていますが、実際はそうではありません。
安全な物質であると厚生労働省にも認められており、食品に使用されるときは混ざりにくい物を混ざりやする働きを担っています。
また昨今、商品の内容物質に消費者から目が向けられていることから界面活性剤、香料、メントールフリーなど消費者が求めている商品に合った汗拭きシートが沢山出てきています。
各々の状況にあった汗拭きシートを選び、使えるようになることが一番大事になってくるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました