むやみに買ってはいけない贈答用線香!事前にチェックしたいこととは?

不幸があった際に、故人の親族へ贈答用の線香を送る方が増えています。
しかし、買ってはいけない、送ってはいけない例もあるようです。
なぜでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

贈答用線香が送られるようになった理由

お菓子やお花などを贈っても相手に負担になると困ります。
その点、線香であれば傷むことはありませんし、場所も取りません

毎日のお供えやお墓参りで気軽に使えるのではと考えられるようになったのではないでしょうか。

線香のCM

線香メーカーで「御香典代わりに贈る」といった内容のCMが流れていることがあります。
その以前からも贈答用に線香を使う例があったかもしれません。

その中で、「ささやかな物でご遺族の負担にならないのでは」「お線香であれば故人に思いを伝えられるのでは」と考える方もいるのでしょう。

喪中欠礼を頂いた

コロナ禍では人が過密状態になるのを避けるため、お葬式をしても親しいごくわずかな人数で済ますことが増えてきました。
ご遺族の方からの喪中欠礼で、お世話になっていた方がなくなっていることを知ることもあります。

後からお香典を渡すのも気が引けるという場合に、お線香を代わりに贈るということもあるようですね。

香典を遠慮された

故人や遺族の強い意志により大規模な葬儀をしない場合もありますね。
家族葬などを執り行う際には、お香典を渡そうとしても故人や遺族の意思でお香典を遠慮される例もあるということです。

お気遣いは不要という意味で遠慮するのでしょう。
かえって香典を無理強いしてしまうと相手に気を使わせることがあります。

悼む気持ちを線香で伝えられればと感じて、贈る方もいるということです。

贈答用線香を買ってはいけない

贈答用の線香を頂いても相手に迷惑をかけることもあるようです。
よかれと思ってしたことが、相手を困らせるのであれば避けたほうがよいですよね。

どのような場合に贈答用線香を買ってはいけないのでしょうか。

仏教徒ではない

まず、贈る相手がどの宗教であるか事前に確認しましょう。

線香は仏教徒特有のお供えに使うもので、仏壇やお墓にあげるものです。
よって、相手の宗派がキリスト教系や神道系などであれば線香はいりません

線香立てもないので、頂いても困るという方が大多数でしょう。
使ってもらえる人を探すなど、相手に余計な手間をとらせてしまう恐れがあります。

相手の家族に匂いに敏感な方がいる

一般的な線香は白檀などの香りが付いているものがほとんどです。
贈られる側に匂いに敏感な方、花粉症や鼻炎などで苦しい思いをしている方がいる場合があります。

少しの匂いでくしゃみが止まらなくなったり、鼻水が出たりすることもあるようですね。
お墓参りなどの戸外であげてもらえばよいのではと思うかもしれません。

ひどく匂いの問題に悩まされている人ですと、持ち歩いて匂いがするだけで辛くなる場合があります。
また、すぐ近くにお墓や納骨堂などがない場合、お参りする機会も少ないです。

できれば、あまり匂いがない線香を用いる方がよいでしょう。

煙で咳き込む方がいる

線香の煙がしただけで、咳が止まらなくなる方もいます。
部屋の窓を全開にして風通しを良くすればいいのではと感じる方もいるかもしれませんね。

しかし、風が強いときは灰が飛んでしまい、火事が起こる可能性も捨てきれません。
近年では、煙が少なく灰があまり出ないといった種類の贈答用線香も販売されています。

味気ないような気がしますが、そのような中から線香を選ぶのもよいでしょう。

線香を使うのが難しい生活スタイル

アパートやマンションに住んでいる方の場合、線香をつけるのは難しい場合があります。
火災報知器が線香の煙を感知して反応し、火事を誤検知することもあるようです。

また、交通などの騒音や大気汚染などの関係で、窓を開けておけない方もいます。
仕事などで留守にしがちな世帯では、線香を長時間付けているのも大変な場合があります。

どうしてもそのような相手に贈りたいのであれば、燃焼時間が短めの線香煙が少ないタイプのものを選ぶとよいかもしれません。

線香を贈りたい場合

どうしても線香を贈って、相手に気持ちを伝えたい場合は以下のことについて気をつけてください。

  • 香りが控えめなもの
  • 煙が少なめなもの
  • 燃焼時間が短めなもの

スーパーの線香を包まない方が良い

スーパーやドラッグストアには、普段遣い用の容量が多い線香が売っています。
それをそのまま進物用に包むのはやめた方がよいかもしれません。

線香がつぶれて細かくなっていたり、割れていたりすることもあるからです。
できれば、冠婚葬祭用のギフトショップや、デパートの売り場仏具店で贈答用の線香を案内してもらうことをおすすめします。

ネットショップでも各種ギフトショップやデパートのサイトがありますので、確認してみるとよいでしょう。
これらの店舗などでは贈答用の箱やメッセージカードも用意されているので、相手に失礼なく贈れます。

弔事用の電報を取り扱うショップサイトでは、電報やメッセージカードと一緒に線香を付けられるサービスをしているところもあります。
自分で確認してみて、よいと思うサービスを利用してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました