ダイレクト型自動車保険は買ってはいけない?デメリットはあるの?

手軽に加入できて、保険料がリーズナブルなダイレクト型自動車保険。

同じような補償内容ならば、保険料はできるだけ安く抑えたいですよね。

しかし、安いというだけで安易に決めてしまうと後悔するかもしれません。

そこで今回は、ダイレクト型自動車保険のメリット・デメリットを解説していきます。

ダイレクト型がおすすめな人についてもまとめていますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

ダイレクト型自動車保険とは?

ダイレクト型とは、保険会社と直接契約を結ぶタイプの自動車保険です。

通販型やネット型とも呼ばれ、電話やインターネットを通して加入します。

一方、保険代理店を通して契約するタイプの自動車保険は、代理店型と呼ばれます。

対面式で代理店担当者と相談しながら加入するのが一般的で、ディーラーや自動車工場などの副業代理店のほか、保険業務を専門に行っている専業代理店でも取り扱っています。

見積もりや加入申し込み 問い合わせ 事故のとき
ダイレクト型 インターネットや電話を通して、自宅から行う 電話やメール、チャットなどで相談できる 保険会社と直接やり取りをする
代理店型 代理店を通して、担当者と対面で行う 担当者に相談できる 代理店を通して、または保険会社と直接やり取りをする

補償内容や事故対応力に大きな違いはない

ダイレクト型でも代理店型でも、基本的な補償内容や事故対応力に大きな違いはありません

どちらにも特約が用意されているので、補償をより手厚くすることも可能です。

代理店型だと事故のときに担当者が駆けつけてくれるイメージがあるかもしれませんが、基本的にはそのようなサポートはないと考えた方が良いでしょう。

本来、事故対応は代理店の業務ではないため、サポートの有無は代理店によります。

ダイレクト型であっても、事故現場に警備員が駆けつけるといった「現場急行サービス」を取り入れている保険会社もあり、一概にどちらが優れているとは言えないのです。

また示談交渉においても、ダイレクト型だから弱いのではと心配になる必要はありません。

交通事故の過失割合は過去の判例に照らし合わせて判断するため、保険会社の業態や規模で不利になることはないのです。

ダイレクト型のメリット

それではまず、ダイレクト型のメリットを紹介していきます。

・保険料が安い
・インターネットからいつでも加入できる
・担当者とのやり取りがなく、納得のいく補償を選べる
一つずつ見ていきましょう。

保険料が安い

なんといっても、保険料が安い点が最大のメリットと言えるでしょう。
ダイレクト型が安い理由は、代理店型と比べて大幅にコストが削減できるためです。
自動車保険の保険料は、大きく分けて純保険料と付加保険料から構成されています。
純保険料は保険金支払いの財源となるもので、統計資料により計算されるため保険会社による違いはほとんどありません。
対して付加保険料は、保険事業を運営するための経費に充てられる部分です。
店舗をもたないダイレクト型は、代理店手数料、代理店を維持するための人件費や事業所経費などのコストがかかりません。

よって付加保険料が圧縮され、その分保険料を安くできるというわけです。

また、インターネット割引や証券不発行割引などの特別な割引を設定している保険会社が多く、これらを使えばさらに安くなります。

インターネットからいつでも加入できる

店舗に行く必要がなく、インターネットの環境があれば24時間365日加入ができます

対面でのやり取りがないため、営業時間や休業日に左右されずにスピーディーにすませることができるのです。

中には申込書や添付書類の郵送がなく、インターネット上で手続きが完了する会社も。

わからないことがあれば、コールセンターやチャットで質問もできるので安心ですね。

担当者とのやり取りがなく、納得のいく補償を選べる

代理店で加入すると、この先も代理店担当者と付き合っていくことになります。

相性が重要になってきますし、やり取りが煩わしく感じてしまうこともあるでしょう。

その点、ダイレクト型は電話やインターネットでのやり取りになるので、自分の言いたいことがはっきり言えます。

担当者に気を遣うことなく、じっくり考えて納得のいく補償内容を選択できるのです。

ダイレクト型のデメリット

店舗を持たないダイレクト型には、以下のようなデメリットもあります。

・全て自分でやらなければならない
・自動車保険の知識が必要となる
・いざというときでも、顔の知らない相手とのやり取りになる
こちらも、一つずつ見ていきましょう。

全て自分でやらなければならない

代理店で加入する場合、自分の要望を伝えるだけで最適な保険を紹介してくれます

複数の保険会社を扱っていれば比較検討して、より自分に合った保険を提案してくれるのです。

しかしダイレクト型は、保険会社を選ぶところから自分でしなければなりません

見積もりもインターネット上でとる必要があります。

コールセンターで何回も問い合わせるわけにはいかないので、代理店型のように細かく指示してもらいながら手続きをすることができません。

自動車保険の知識が必要となる

ダイレクト型だと対面で相談できる担当者がいないため、保険を全て自分で組み立てなければなりません

不明な点は自分で調べなければなりませんし、自動車保険に対する知識が必要になってきます。

うまく組み立てができないと、希望する補償内容にならないことも。

不要な補償をつけすぎてしまう、あるいは安さにつられて必要な補償を削ってしまうリスクもあるでしょう。

保険のプロにおまかせしたい、もしくは相談しながら決めていきたい場合は、ダイレクト型は不向きかもしれません。

いざというときでも、顔の知らない相手とのやり取りになる

代理店型でもダイレクト型でも、実際の事故対応をするのは保険会社です。

ですが、代理店型であれば代理店を通してやり取りもできます。

保険会社と直接契約するダイレクト型は、基本的に顔の知らない相手とのやり取りになります。

もしも事故が起きたときは、顔の知らない相手よりもよく知った代理店担当者の方が安心できるという場合もあるでしょう。

ダイレクト型がおすすめなのは、相談しなくても自分でできる人

ダイレクト型は代理店を通さない分、保険料を安くできるのが魅力です。

インターネットで簡単に入れるのは良いのですが、補償内容は全て自分で決めていかなければなりません。

対面で相談しなくても保険の組み立てができる、もしくはわからないことは自分で調べれられるような人に、ダイレクト型保険が向いていると言えるでしょう。

反対に多少高くなってもプロにおまかせしたいという人は、日ごろから知った担当者がいる代理店型がおすすめです。

自分でできるからとにかく保険料を安くしたいという場合は、ダイレクト型自動車保険の加入を考えてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました