買ってはいけない揚げ油 その理由とは?

頻度は家庭にもよりますが、食卓に並ぶことの多い揚げ物。からあげやトンカツ、てんぷらなど大好きという人も多いはず。

しかし揚げ物は油で揚げるため、どうしても油を衣が吸う量が多く高カロリーになりがち、食べすぎは肥満や糖尿病、心臓病のリスクが上がることは一般的によく知られていますが。一番の原因と言われているのがトランス脂肪酸が含まれることです。

トランス脂肪酸とは?

構造中にトランス型の二重結合をもつ不飽和脂肪酸で、天然の動植物の脂肪中には少ししか、存在しませんが、揚げ物に使用する油を加熱したり、空気に触れさせることで酸化が進み発生します。他には、マーガリン、ショートニングなど水素を付加して硬化させた部分硬化油を製造する過程で多く生成されます。

トランス脂肪酸のデメリット

トランス脂肪酸は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やすため動脈硬化などの心臓疾患のリスクが高まります。これを受けアメリカでは2018年6月から全面的にトランス脂肪酸の食品への添加が禁止されました。さらにカナダ、シンガポール、タイ、台湾、香港などでも規制されています。WHO(世界保健機関)では一日のトランス脂肪酸の摂取上限量は、「約2g未満」とされています。

買ってはいけない揚げ油は?

最も揚げ物に適さない食用油は、「サラダ油」です。

他の食用油に比べ比較的リーズナブルな価格で手に入るこの「サラダ油」は溶剤抽出法と呼ばれる製法で作られていることが多いのですが、「ノルマルヘキサン」という石油系溶剤を使用しており、この「ノルマルヘキサン」皮膚や胎児、呼吸器などに悪影響が指摘されいる、非常に危険な物質です。

製造工程で除去されいるようですが、不安の残るところです。抽出した後の精製という工程を行うのですが、この工程の中で熱を加えることで、トランス脂肪酸が生成されます。

さらに「サラダ油」とは、なたね、綿実、大豆、ゴマ、紅花、ひまわり、トウモロコシ、コメ、落花生、の9種類の中のどれか一つでも原料とした食用油のことを指します。
二種類以上を調合したものは「調合ゴマ油」と言われます。

国内生産と書かれていてもこの原料を輸入し、生成しているものがほとんどで、その大半は遺伝子組み換えを積極的に行っている海外産なのです。

遺伝子組み換え食品は、ガンや白血病、不妊などの健康被害につながる危険性があるとの指摘もあります。遺伝子組み換え食品の安全性は保障されていませんが、表記する義務がないので消費者は知るすべがありません。

サラダ油には「リノール酸」という物質が大量に含まれており、この「リノール酸」は必須脂肪酸ですが、摂取しすぎると、免疫細胞が働きにくくなり、その結果、アトピーや花粉症などのアレルギー炎症疾患の原因となります。

200℃以上に加熱すると「ヒドロキシノネナール」といる物質を生成します。この物質は人体の細胞の構成要素である、リン脂質を酸化させ、認知症の原因となるといわれています。

買ってよい油は?

他に食用油では、オリーブオイル、ゴマ油、菜種油、米油、エゴマオイルなどとたくさんの種類がありますが、揚げ物に適した油は「オリーブオイル」「ごま油」です。

サラダ油の多くは溶剤抽出法で作られているのですが、ほかには低温圧搾法(コールドプレス製法)、圧搾製法と大きく分けられます。これらは溶剤を使用せずに油を搾るため安全性が高いとされています。オリーブオイルと、ゴマ油の多くは圧搾製法で作られています。

オリーブオイルは「エクストラバージンオイル」「ピュアバージンオイル」があり、前者は香りの強いオイルとなっていますので、カルパッチョなどそのまま使う料理に向いています。揚げ物に使うのなら、「ピュアバージンオイル」がおすすめです。

オリーブオイルは抗酸化作用の強いポリフェノールを豊富に含んでおり、ポリフェノールには種類がありその数は4000種類以上とも、5000種類以上とも言われています。

オリーブオイルに含まれているのは「ヒドロキシチロソール」と「オレオカンタール」という種類で、ヒドロキシチロソールには肌の美白効果、動脈硬化の予防、肝機能を高める効果、関節痛の予防改善効果があることも注目されています。
さらに、オレオカンタールにはアルツハイマー型認知症のリスクを低減する効果があるとされています。

さらに臨界温度という、その温度に達すると、油が急激に酸化するとされている温度も210℃と高く揚げ物に使用しても酸化しにくい油です。

ごま油は臨界温度は150℃と低めなのですが強い抗酸化成分が豊富に含まれいるため比較的酸化に強く、天ぷらの専門店などもごま油が良く使われています。

またごま油に含まれる、オレイン酸には、善玉コレステロールは減らさずに、悪玉コレステロールを減らす作用があり、動脈硬化の予防効果、若返り効果、がんや生活習慣病の予防効果もあります。

タイトルとURLをコピーしました