買ってはいけない!スキニーパンツその理由は?

スキニーパンツは、足が細く見えるのでかっこよく着こなせますね。

筆者も、スキニーパンツで着やせしようと目論んでいたわけですが、なんと!ある時、スキニーパンツを履くと足が攣りやすく非常に困った経験がありました。

当時は、私服のボトムスに作業着というスタイルで仕事をしていました。

なので、毎回違うボトムスで立ち仕事や座り仕事をして移動しようと体制を変えただけで、足の指が攣って動けなくなったのです。

それからどの条件で足が攣りやすくなったか考えたら、いつも同じスキニーパンツを履いている日でした。

そして、その後スキニーパンツについて調べたところ「スキニーパンツ 危険」とワードが出てきたのです。

今回は、「スキニーパンツで起こりやすくなる健康被害」をテーマにお話しします。

スキニーパンツが危険といわれた理由は?


まず、スキニーパンツは足が細く見える分、他のボトムスよりも細く作られています。

スキニーパンツを履いて長時間過ごすと圧迫し血流が悪くなります。

その上、しゃがんだりしてさらに圧迫すると「急性コンパーメント症候群」になる可能性があるのです。

コンパーネント症候群とは、打撲など外部からの衝撃や圧で筋肉や筋肉の周りの膜などに血がたまり、内部まで腫れあがってしまう怖い病気です。

海外での例です。

スキニーパンツを履いて引っ越しの手伝いをした女性が、食器棚の片づけでずっとしゃがんで作業をしていました。

そのうちだんだん締め付けが強く感じながらも、そのまま作業をしたそうです。

数時間後、作業が終わるころ突然、彼女は急に意識がなくなり倒れてしまい緊急搬送されたのです。

その時女性の足はパンパンに腫れていて、スキニーパンツが脱げないほど圧迫していたのです。

搬送先で着脱の際、ハサミで切ってようやく解放できました。

しかしすぐには腫れは収まらず、回復まで4日間もかかりようやく普通に歩けるようになったのです。

怖いですね・・。

まだあった!履き続けると腰・下半身に異変が!!

圧迫し、血流が悪くなり血流が悪くなり悪影響を及ぼすのは足だけではありません。

血流が悪くなることで、腰痛になりやすくなるのです。

某整骨院のHPでも、スキニーパンツなどの締め付ける衣類で腰、下半身のしびれが起こりやすくなると話をしていました。

 

疲労感

ピッタリとしたスキニーパンツを履くことで、外からの圧がかかり血液循環が低下しやすくなります。

そうすると、筋肉への血流が悪くなり酸素の供給も減ってしまうことで疲労物質が流れにくくなります。

なので、ずっと履き続けていると他のボトムスよりも足が疲れたりむくみやすくなるのですね。

冷えやすくなる

太ももから、ふくろはぎまでピッタリしているスキニーパンツを履くことで、足全体の血流が悪くなることで足の冷えを強く感じやすくなります。

膝関節

スキニーパンツのようなタイトなパンツを履くと、足の可動域が狭くなります。

そうなると、足だけで歩く状態になり、体幹をあまり使わない歩き方になります。

可動域の少ない歩き方をすると、筋肉の筋肉があまり使わないようになるので、関節周辺の筋肉も減り、膝が痛む原因になります。

感染症

夏場、女性にみられるのが膣感染症です。

原因はスキニーパンツなどピッタリしたボトムスを履くことで空気の通りが悪くなり、夏場の湿気も伴うことから感染症が起こりやすくなります。

スキニージーンズの選び方


そう言われても・・

たまにはスキニージーンズを履きたいですよね?

スキニージーンズはきちんと選べば、そんなに心配する衣類ではないのです。

どのようなことに注意したらいいのでしょうか。

試着して買う

履いてみてそれほどキツイ感じがしないスキニーパンツを選ぶためにも試着してから購入しましょう。

ポイントは、ピタピタなりすぎないサイズ(無理して小さいサイズを買わない!)を選びましょう。

・試着してウエストが入っても、お腹のお肉がのってしまうとNG

・お尻の方が大きくて、ポケットの位置が下がっていないかチェック

・太もものサイドステッチ(縫い目)が広がっていないか?

試着室でチェックしてみてください。

ストレッチ素材

購入前に、ストレッチ素材かどうか確認します。

お店だったら、店員さんに聞いてみましょう。

ストレッチ素材のスキニーパンツの特徴は、動きやすく、しゃがんだりしやすいので、冒頭でお伝えした「危険性」は軽減されるでしょう。

特に、足だけではなく股関節のストレッチが効いているスキニーを選ぶと、足の可動域が広がり疲れにくい・むくみにくいが期待できます。

試着室で、履いてみて「しゃがみやすい」かどうかもチェックします。

まとめ

こうしてまとめて分かったことは、筆者も試着せずインターネットで良いレビューのスキニーパンツを購入しました。

座りっぱなしや立ちっぱなしの作業で、しかも寒い場所だったのもあって不快な症状が出やすかったのでしょう。

値段で食いつくのではなく、きちんと自分の体形に合ったスキニーパンツを選ぶことが大事さを実感しました。

ストレッチ素材であまり締め付け感がなく、立ったり座ったりが普通にできるスキニーパンツを履けば、そんなに危険が及ぶことはないです。

それでも、他のボトムスよりは圧がかかるので、帰宅後マッサージをしたり軽くたたいて血流を促すことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました