【初心者必見】買ってはいけないウイスキー 初心者でも美味しく飲めるウイスキー5選!

年齢層の高い人がゆっくりと香りの良さや深い味わいを楽しむイメージの「ウイスキー」。

今ではハイボールブームの影響で幅広い層から人気の高いお酒になっています。

しかし、ウイスキーには種類が多く、初心者にはどのウイスキーが美味しいウイスキーなのか見当もつきません。

モルトウイスキーやブレンデッド、バーボンウイスキーなど、味も風味もさまざまなのです。

「サントリーの角瓶なら知っているよ」と、ハイボールでお馴染みのサントリー角瓶は私自身も大好きなウイスキー。

ウイスキーを飲むようになってからは、酎ハイで晩酌することが減り甘さ控えめな晩酌スタイルです。

そこで今回は、スーパーなどでよく見かける購入しやすいウイスキーの中から、買うと後悔するウイスキーを紹介します。

ずいぶん前に購入したまずいウイスキーは、いまだに残っているありさまです。

そこで、後悔するウイスキーを「買ってはいけないシリーズ」に追加したいと思います。

飲みやすく初心者にもおすすめしたいウイスキーを各5選ずつピックアップしました。

これからハイボールで晩酌したい方や、ウイスキーを味わってみたい方はぜひ購入の際の参考にしてみてくださいね。

ウイスキーは原材料表記に気を付けて!

まずウイスキーは、原材料表記に気を付けてください。

原材料表記は、ボトルの裏のラベルに記載されていますので確認できます。

原材料が「モルト」と「グレーン」の2種類の表記は買って良いウイスキーです。

原材料が「モルト」と「グレーン」の2種類表記は、「ブレンデッドウイスキー」と呼ばれ飲みやすくブレンドされたウイスキーのことです。

原材料が「モルト」だけのウイスキーは「シングルモルト」や「ピュアモルト」「モルトウイスキー」、原材料が「グレーン」だけのウイスキーは「シングルグレーン」「グレーンウイスキー」と呼ばれています。

「モルト」と「グレーン」がウイスキーの基本的な原材料です。

しかし、販売されているウイスキーの中には、原材料が「モルト」と「グレーン」の2種類以外に「スピリッツ」が表示されたものがあります。

初心者は詳しくわからないため、まずは「スピリッツ」が表記されたものを買わないようにすればOK!

ウイスキーをスピリッツで薄めたような感じです。

スピリッツとは蒸溜酒全般を指す名称で、「ジン」「ウォッカ」「ラム」「テキーラ」などを指します。

「スピリッツ」が添加されたウイスキーは、風味がなくハイボールにしてもイマイチなので気を付けてください。

買ってはいけないウイスキー

買ってはいけないウイスキーの特徴を以下にまとめました。

・原材料に「スピリッツ」が表記されている
・基本度数40%以下
・ラベルに「Peat」表示があるもの

あまりウイスキーに詳しくない初心者の方は、とりあえず上記に気を付けていれば大丈夫です。

買ってはいけないウイスキーは、原材料に「スピリッツ」が表記されているものは全てアウトです。

サッパリしているんですが、価格は安く味も風味もイマイチな感じがします。

基本度数40%以下のウイスキーは、味気なくさらに安いものは風味がありません。

ブレンデッドタイプでも「度数37%」で激安のお酒を見かけることが多くあります。

人気の「ブラックニッカ クリア」は、ブレンデッドタイプの度数37%です。

クセがなくさっぱりしていますが、ウイスキーの風味の良さがなく物足りない感じがしておすすめしません。

また、クセが強いウイスキーと言えば、ピートが焚かれているものです。

ピートが焚かれているウイスキーは、ボトル裏やラベル付近などに“Peat”の文字があります。

燻製や薬品のようなスモーキーな香りがあり、クセが強いと感じ飲みにくい可能性があり避けたほうがよさそうです。

ウイスキーに慣れてくると自分の好みがわかってくるよ!

それまではクセが少なくスッキリと飲めるタイプをおすすめします。

買うと後悔するウイスキー5選

買ってはいけない買うと後悔するウイスキーを紹介します。

ネットでも有名な悪名高き銘柄です。

我が家には「合同酒精 香薫」と「サントリー ジムビーム」が、残ったままの状態が続いています。

【買うと後悔するウイスキー5選】

・宝酒造 キングウイスキー「凜」<セレクト>
・合同酒精 香薫
・トップバリュー ウイスキー
・サントリーウイスキー レッド
・サントリー ジムビーム

それでは、買ってはいけないウイスキーの特徴を見ていきましょう。

宝酒造 キングウイスキー「凜」<セレクト>

キングウイスキー「凜」<セレクト>は、宝酒造株式会社が製造するウイスキーです。

アルコール分:37%
原材料:モルト、グレーン、ブレンド用アルコール

良い口コミには、「ウイスキー特有のクセがなく飲みやすい」という評判が多数ありました。

それにしても、味や香りがなさすぎです。

原材料に「ブレンド用アルコール」が添加されており、その割合が多いのではないかと考えます。

ウイスキーではなくただ単にアルコールが入ったものだと思いました。

キングウイスキー「凜」<セレクト>は、ウイスキーの深い味わいを求めて買ってはいけないウイスキーです。

合同酒精 香薫

香薫(こうくん)は、オエノンホールディングス株式会社のグループ会社である「合同酒精」が製造するウイスキーです。

アルコール分:37%
原材料:モルト、グレーン、スピリッツ

価格帯が安価なので、ウイスキーを飲んでみようかなと思ったときに思わず購入してしまいがちです。

しかも「香薫」というネーミングは美味しそうですよね。

しかし、原材料を見てみると「スピリッツ」が堂々と入っています。

そのせいなのか、味も風味もありません。

サッパリと言ってしまえばそれでいいのかもしれませんが、どうも物足りなさが目立ちます。

別名「地雷ウイスキー」と呼ばれるほどです。

「凛」同様に「香薫」は、クセがなくサッパリと飲みたい方に良いのかもしれませんが、後悔しないためには買ってはいけないウイスキーになります。

トップバリュー ウイスキー

トップバリュー ウイスキーは、イオントップバリュ株式会社のプライベートブランドのウイスキーです。

アルコール分:37%
原材料:モルト、グレーン、スピリッツ

発売前のモニターテスト結果が、87%の人が「おいしい」と回答したA判定のウイスキー。

この結果は本当なのか、私自身の味覚がおかしいのか不安になります。

しかし、トップバリュー ウイスキーは、「ウイスキーが10%以上」「スピリッツが90%未満」という表示が。

「これって1:9で薄めているということ?」と、ちょっとびっくりしましたが、法律上「ウイスキー」として販売しても問題ありません。

1:9で薄めているウイスキー「トップバリュー ウイスキー」は、買ってはいけないウイスキーです。

サントリーウイスキー レッド

ウイスキー レッドは、1930年に「サントリー赤札」として発売され一時製造中止を経て、1964年に再度発売された歴史あるウイスキーです。

アルコール分:39%
原材料:モルト、グレーン

ウイスキー レッドは、紹介する中ではちょっとマシなウイスキー感があります。

地雷ウイスキーの中にいつも名前があるレギュラー銘柄ですが、それほど悪くない印象です。

凛と香薫がインパクトが強すぎて、ウイスキー レッドが美味しく思えます。

人工的な芳香剤を思わせる香りと味の微妙なバランス、好き嫌いが大きく分かれるウイスキーです。

サントリー ジムビーム

ジムビームは200年以上の歴史があり、1973年以来世界売上No.1を誇るバーボンウイスキーです。

アルコール分:40%
原材料:モルト、グレーン

ローラのCMとコラボグラスがおまけについていて、ついつい買ってしまったウイスキー。

「世界売上No.1を誇る」と言われれば誰でも美味しいと思いますが…

バーボンに慣れているなら美味しいのかもしれません。

しかし、初心者の私自身はとても飲めなかった味です。

ハイボールにしてもにおいがダメでした。

ジムビームは歴史あるバーボンウイスキーですが、初心者は買ってはいけないウイスキーです。

初心者が買いたいウイスキー

初心者が買っても良いウイスキーは、以下にまとめました。

・原材料が「モルト」と「グレーン」の2種類の表記
・基本度数40%以上
・ピートが控えめなもの

初心者には、クセがなく味や香りが優れているウイスキーがおすすめです。

安いウイスキーの中には、クセがないだけでなく味や香りも全くしないというまずいものが存在します。

そんなウイスキーを最初に飲んでしまうと、「ウイスキーはまずい」と思い、これからも好きになるとは思えません。

最初のうちは、クセがなく基本度数40%以上の「モルト」と「グレーン」の2種類の表記がされたウイスキーを選びましょう。

ウイスキーの基礎知識として「世界5大ウイスキー」を紹介します。

【世界5大ウイスキー】

ジャパニーズウイスキー 日本人の好みにピッタリで飲みやすく手軽に購入できる
スコッチウイスキー スモーキーからフルーティまで幅広い味が楽しめる
アメリカンウイスキー バニラやキャラメルのような甘い香りと深い味わいが特徴
アイリッシュウイスキー クセがなくスッキリした味わいを求める方におすすめ
カナディアンウイスキー クセがなく軽やかでスムーズな口当たりが特徴で、初心者やカクテルベースとしてもおすすめ

初心者でも美味しく飲めるウイスキー5選!

初心者でも美味しく飲めるウイスキーを紹介します。

・美味しさ重視5選!
・飲みやすさ重視5選!
・コスパ重視5選!

初心者でも美味しく飲めるウイスキーの基本は、まずはクセが少ないことです。

好みにもよりますが、いきなりバーボンのようにクセが強いと好き嫌いがはっきりと分かれてしまいます。

クセが少なくスッキリと飲め、風味もしっかりとしたものを選びました。

それでは、初心者でも美味しく飲めるウイスキー5選を見ていきましょう。

美味しさ重視5選

味に定評があるウイスキーを厳選しました。

  • シングルモルトウイスキー 山崎
  • カナディアンクラブ
  • ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年
  • サントリーウイスキー 知多
  • 竹鶴 ピュアモルト2898

サントリー響や山崎は、ジャパニーズウイスキーで甘くてなめらかな味わいに定評があります。

カナディアンクラブは、クセがなく軽やかなブランデッドウイスキーで初心者にはおすすめの一本です。

苦みのあるビターなジョニーウォーカー ブラックラベル 12年は、ちょっと慣れてきた頃に美味しさが感じられるウイスキー。

知多と竹鶴は、ジャパニーズウイスキーで初心者にも美味しく飲めるウイスキーです。

美味しいウイスキーから始めるとウイスキー晩酌にハマること間違いなし!

さまざまなウイスキーのいろんな味を楽しむのも良いものですよ。

飲みやすさ重視5選

すっきりとクセがなく飲みやすいウイスキーを紹介します。

  • サントリーウイスキー 角瓶
  • サントリーウイスキー 知多
  • ザ・マッカラン シェリーオーク 12年
  • バランタイン ファイネスト
  • カティサーク オリジナル

飲みやすいハイボールと言えば「サントリーウイスキー 角瓶」です。

サントリーウイスキー 角瓶は、どこのスーパーにも販売されているため手軽に購入できます。

同じサントリーから出ている「知多」は、味わいも良くサッパリしていて初心者にはおすすめです。

じっくりと味わいたい方は「ザ・マッカラン シェリーオーク 12年」も良いですよ。

誰でも飲みやすいウイスキーと言えば「カティサーク オリジナル」で個人的に大好きなのは「バランタイン ファイネスト」。

すっきりと飲みやすいウイスキーは入門におすすめします。

コスパ重視5選

やっぱりコスパが良く美味しく飲みたい人のために、コスパ重視ウイスキーを紹介します。

  • サントリーウイスキー 知多
  • バランタイン ファイネスト
  • サントリーウイスキー 角瓶
  • カティサーク オリジナル
  • キリンウイスキー 陸

毎日の晩酌用なら、コスパの良さは最大の重視点です。

今回は、値段が安いだけでなく味にも定評があるウイスキーを紹介しました。

「安かったけどまずかった」などの失敗は避けたいですよね。

初めて購入するウイスキーは、小さなボトルから購入することをおすすめします。

まずいウイスキーの消費の仕方

ハイボールにしてもまずかった場合の、まずいウイスキーの消費の仕方を紹介します。

  • 甘みのある炭酸飲料割り
  • バニラアイスに混ぜる
  • カレーの隠し味に
  • ウイスキー風呂にする

まずくてなかなか減らないウイスキーですが、処分するのはもったいないですよね。

そんな時にあきらめないで上記の方法を試してください。

甘みのある炭酸飲料割り

コーラやジンジャーエールなどの甘みのある炭酸飲料割りを試してみてください。

ちょっとしたカクテルに早変わりです。

意外とこの方法で飲めるようになるものが多いので、処分に困ったときにおすすめします。

中には、甘みのある炭酸飲料割りでも無理だったウイスキーもありましたが一度試してください。

ジュース感覚で飲んでしまいましょう!

バニラアイスに混ぜる

まずいウイスキーを飲むのではなくバニラアイスに混ぜて食べる方法です。

バニラアイスの甘みがウイスキーと混ざることで、高級アイスの味がします。

実はバニラアイスとウイスキーの組み合わせは、デザートとして古くから用いられてきました。

チョコレートアイスにも合いますよ。

まずいウイスキーの消費に困ったら、ぜひ試してくださいね。

アイスとウイスキーは相性抜群!

カレーの隠し味に

カレーの隠し味にしてみるのも良い方法です。

お肉を柔らかくするので一石二鳥ですよ。

煮込むことでまずさもなくなり、ほんのり洋酒の香りがします。

ウイスキーのアルコールは、煮込んでいるいちに飛んでしまい、旨みだけが残り風味豊かなカレーに変身。

まずいウイスキーを処分する前に、ウイスキー入りカレーを一度試してくださいね。

ちょっと高級感のあるカレーって感じです。

ウイスキー風呂にする

最後の使い道は、ウイスキー風呂にしてしまいましょう。

この方法なら、味わうこともなくウイスキーの香りを楽しむことができます。

ウイスキーの香りには森林浴と同等のリラックス効果があるそうです。

体も温まるので言うことなしですね。

また、ウイスキーの香りは、男性ホルモンを分泌するとも言われ、やる気アップにも繋がります。

二度と味わいたくないウイスキーの消費におすすめの方法です。

ぽかぽかリラックスに最高ですよ。

買ってはいけないウイスキーまとめ

今回の「買ってはいけないウイスキー」の特徴を以下にまとめました。

・原材料に「スピリッツ」が表記されている
・基本度数40%以下
・ラベルに「Peat」表示があるもの

あまりウイスキーに詳しくない初心者の方は、とりあえず上記に気を付けていれば大丈夫です。

買うと後悔するウイスキー5選

・宝酒造 キングウイスキー 凜 セレクト
・合同酒精 香薫
・トップバリュー ウイスキー
・サントリーウイスキー レッド
・サントリー ジムビーム

この5つの銘柄は、私自身が消費するのに苦労した銘柄です。

ネットの口コミでも有名ですので気を付けてくださいね。

ハイボールにしてもまずかった場合の、まずいウイスキーの消費の仕方を以下にまとめました。

まずいウイスキーの消費の仕方

・甘みのある炭酸飲料割り
・バニラアイスに混ぜる
・カレーの隠し味に
・ウイスキー風呂にする

口当たりがまろやかなブランデーに比べるとウイスキーは、クセが強く荒々しい感じがします。

自分好みの味のウイスキーを見つけるのに結構時間がかかりました。

ウイスキーの晩酌にハマると、ロックでちびちび飲むのが一日の終わりの至福の時間です。

最終的にいろいろ試してみて、美味しさやコスパ面で一番購入しているのは「サントリー 角瓶」になります。

自分好みで美味しいウイスキーが見つけられると良いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました