買ってはいけないラカントS!使用が向いている人・向いていない人とは?


ダイエット中に避けては通れない「カロリー」と「糖質」。

ラカントSは、そんなカロリーも糖質もゼロという、健康を意識している方にとってまさに夢のような食材です。

しかし、甘い誘惑には思わぬ落とし穴があるもの。

本記事では、ラカントSに潜むデメリットや注意点についてご紹介します。

ラカントSとは?

ラカントSとは、「サラヤ」が手掛けている自然派甘味料です(サラヤ公式HP

https://www.lakanto.jp/)。

その原材料は「羅漢果(ラカンカ)」と「エリストール」の2つ。

2つの原材料についてそれぞれ簡単に見ていきましょう。

羅漢果(ラカンカ)とは?

中国桂林地方で育つウリ科の植物で、ラカントの名前の由来にもなっています。

この羅漢果から抽出した高純度のエキスがラカントSに含まれる1つ目の成分です。

このエキスは、羅漢果1kgからわずか10gしか取れない貴重なものだそうで、なんと砂糖の300倍の甘さがあるのだとか。

「砂糖の300倍なんて、そんな恐ろしいエキスが含まれているのか…!」と私は若干引いてしまいましたが、サラヤ公式HPによると、このエキスは特許成分として国の安全性確認試験を通過し、安全性が保証されていると書かれています。

エリストールとは?

ブドウ糖を原料とした糖アルコールの一種です。

果実やキノコ類、発酵食品などに含まれている天然のブドウ糖を原料にしており、それらのブドウ糖に酵母を用いて発酵・精製・濃縮・結晶化して作っています。

ラカントSで使用しているエリストールはトウモロコシ由来のブドウ糖を使用しているとのこと(サラヤ公式HPより)。

甘さは砂糖の7割ほどで、さっぱりとした味わいなのだとか。

このエリストールですが、実は私たちの体にはエリストールを分解するために必要な酵素がありません

そのため、エリストールを摂取すると一旦体内に吸収されはしますが、結局分解できずにそのまま尿として排出されるという特徴を持っています。

ラカントSの99.8%はエリストールからできており、これがカロリーゼロの秘密です。

ラカントSのデメリットは?

ラカントSのデメリットは以下の4つがあります。

・糖尿病になる
・味覚が麻痺する
・コスパが悪い
・上白糖の代わりにはならない

では、それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

糖尿病になる

私たちの体は、甘いもの(糖質)を摂取した後に血糖値が上昇し、その血糖値の上昇を抑えるためにインスリンという物質が分泌されます

糖尿病は、この血糖値とインスリンのバランスが崩れることが起きてしまう病気です。

ラカントSの主成分であるエリストールは、糖であるにも関わらず体内で分解されないため血糖値の上昇を防ぐ効果があり、糖尿病の方にも推奨されています。

しかし、ここに大きな落とし穴があります。

いくら体内で分解されないと言っても、甘いものを摂取すると脳は反射的にインスリンを分泌します。

それにも関わらず、血糖値が上がってこないことから体が混乱→インスリンの分泌をどんどん低下させてしまい、結果的に糖尿病を発症しやすくしてしまうのです。

また、分泌されたインスリンが必要以上に血糖値を下げてしまうことにより低血糖状態になってしまうこともあります。

すると、食べたばかりにも関わらず異常な空腹を感じ、結局暴飲暴食…なんて羽目に。

味覚が麻痺する

ラカントSを長期間使用していると味覚が麻痺すると指摘されています

砂糖の代わりにラカントSを長く使用していると、脳が「ラカントS=砂糖の味」と認識してしまい、世間一般で使用されている砂糖の味を正しく認識できなくなる可能性があります。

また、ラカントSは甘味に対する満足度があまり得られないという話もよく聞きます。

人間は甘味に依存してしまう傾向があるため、ラカントSを使用した料理やお菓子では満足しにくく、結果的に必要以上にラカントSを摂取してしまうケースもあるようです。

コスパが悪い

ラカントSの値段は、上白糖の約10倍です。

それにも関わらず甘さは砂糖と同程度ですので、料理で使う量は普段の量と変わりません

砂糖はどの料理にも欠かせない調味料であり、お菓子作りなんかに使えば一瞬でなくなってしまうでしょう。

健康を意識するのは良いですが、家計と相談しながら使用しないと継続は難しそうですね。

上白糖の代用にはならない

サラヤ公式HPには「砂糖に近い味を再現」と記載がありますが、実際は黒糖三温糖の間くらいの味です。

そのため「甘くない」「まずい」と言った口コミがあるのも事実です。

また、人工甘味料全般に言えることですが、基本的にスイーツ作りには向きません

加熱をすると甘味が落ちてしまうことや、冷やすと再結晶化して食感も味も劇的に落ちてしまいます

普段から黒糖や三温糖を使っている方なら気にならないかもしれませんが、上白糖をメインに使っている方はそれなりの覚悟を持って使用することをおすすめします。

ラカントSが向いている人・向いていない人

先ほどラカントSに関するデメリットを紹介してきましたが、そうは言ってもカロリーゼロ・糖質ゼロはかなり魅力的ですよね。

そこで、私なりにラカントSの使用が向いている人・向いていない人について考えてみました。

ラカントSが向いている人

①現在糖尿病の人、糖尿病予備軍の人
とにかく血糖の上昇を抑えることが大切です。味が、値段が、と言うよりも今後の健康を考えていきましょう。

②普段から上白糖を使用していない人
上白糖とは味が異なりますが、他の砂糖に慣れている方は抵抗感なく摂取できると思います。

③短期間でダイエットしたい人
ラカントSは長期間の使用には懸念がありますが、短期間であれば健康に害がない程度に効果を実感できるでしょう。

ラカントSが向いていない人

①健康体の人
糖尿病になるリスクがある食材は使わない方が無難でしょう。

②甘いものが好きな人
甘さが足りず、余計に食べ過ぎてしまう可能性大です。

③ダイエットにお金をかけたくない人
ダイエット食品全般に言えることですが、痩せる可能性のある食品はとにかくお金がかかります。ある程度継続して使用できなければ買っても意味がないでしょう。

まとめ

カロリーゼロ、糖質ゼロの良いとこ取りのラカントSですが、その背景に潜むデメリットについてご紹介しました。

ご自身の体や性格も踏まえて、今後の使用を検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました