買ってはいけないアルコール添加消毒グッズ~人体に影響がある場合も?~

新型コロナウイルスの急激な感染拡大により、一時期では手に入れる事すら困難になったアルコール。
アルコールとは化学において炭化水素と呼ばれる物質の水素部分をヒドロキシ基(-OH)と呼ばれる化学物質に置き換えられたものすべてを指す総称です。
すこし難しい説明になりましたが、要するにアルコールと呼ばれるものは沢山存在しているということです。
そんなアルコールの中には飲むと失明するような、人体に有害なものも存在します。
アルコール配合と書かれた商品を買うときに気をつけなければならないこと、買ってはいけない商品などを今回の記事では紹介していこうと思います。

まず、アルコールとは?

アルコールとは出だしでも書いたとおり、炭素原子にヒドロキシ基(-OH)がついたものの総称です。
つまり、アルコールには沢山の種類が存在するということです。

そんなアルコールですが、そのなかで有名どころはメタノールとエタノールです。
この二つをおぼえていれば商品を選ぶときにはもう十分な知識を得たと言えるほど大事なことです。

なぜかというと、メタノールは液体燃料としてホームセンターでも買えるアルコールですが、飲んでしまうと失明するような人体に影響を及ぼすものです。
そんなメタノールを配合し、アルコール添加とうたって販売されている商品もあります。
続いてはこのアルコール添加商品について詳しく説明していきたいと思います。

アルコール添加商品の種類

アルコール添加ウェットティッシュ

今ではダイソーなどの百均でも買えるようになったアルコールが添加されたウェットティッシュですが、この商品にも選ぶべきポイントがあります。
まず、どんなアルコールを使っているか、です。

アルコールとうたいメタノールを配合した商品が販売されていた、という話があります。
何度も書いていますが、メタノールは身体に有害な物質です。

そんなメタノールが添加されたウェットティッシュで手指をふき、たべものを口にすることは勧められることではありません。
ぜひ、アルコールが配合されていると書かれているウェットティッシュを買う機会があれば是非、後ろの成分表を見ましょう

ジェルタイプアルコール

こちらも何度も書いているようにアルコールの成分の確認は絶対大切です。
手指の消毒をする商品にメタノールが入っていれば大変なので一番に確認する事項として覚えておきましょう。
また、ジェルタイプアルコールは塩化ベンザルコニウムが主成分のものもあり、アルコールが添加物ということがあります。
塩化ベンザルコニウムはコロナには効果はありますが他のウイルスであるノロウイルスやインフルエンザには効果がないことが分かっています。

アルコールとしか書いていない商品

これは、今までの記事の内容を読んでいれば当たり前のことですが、うらの成分表示標にアルコールとしか書いていなければ、それはエタノールが入っているのかメタノールが入っているのか分からないということです。
再三書いていますが、メタノールは人体には有害物質ですのでまず何が入っているのか分からない商品は買うべきではありません
是非きをつけて商品を選びましょう。
また、エタノールが含まれていればいいということではありません。
次はエタノールの配合量について説明していきたいと思います。

エタノールの適切な濃度

今までの内容を総括すると、メタノールは人体に有害なのでエタノールが使われている商品を買うべきだと書きました。
しかし、エタノールが入っていればもう大丈夫というわけではありません。
エタノールの濃度が重要になってきます。
一般的に適切なエタノールの濃度は70%~95%とされています。
しかし、スーパーや雑貨屋で買えるアルコール消毒グッズのエタノール濃度を確認してみると、30%だったり、まず何パーセントなのか分からないという場合もあります。
エタノールの濃度も商品を選ぶうえで非常に大切な点となってきます。
裏の成分表示を確認してみることは安全のために重要であるため怠らないようにしましょう。

最後に大切なこと

これまで、アルコール添加商品を選ぶさいに大切なことや、商品の選び方などを書いてきました。
商品の成分に関しては消費者庁の調査により、表示よりもエタノールの配合濃度が大きく下回る場合もあったことが分かりました。
商品を選ぶ際にはかならず厚生労働大臣認証の商品や医薬部外品または医薬品と表示されている商品を選ぶことが安全な商品を選ぶ際のポイントとなってきます。
また、新型コロナウイルスにかぎらず手指からの雑菌・ウイルスの除去に有効な一番の手段はしっかりと流水と石鹸で手洗いをすることだと言われています
これからは脱コロナの時代へと向かっていますが、インフルエンザや新たなウイルス、またコロナウイルスとも付き合っていかなければなりません。
外出先でやむを得ない状況であれば消毒グッズは大変役にたちますが、手洗いが一番の予防となることを忘れないでおきましょう。

タイトルとURLをコピーしました