買ってはいけない炭酸飲料 身体に悪いその理由とは

一仕事終えてスカッとしたいとき、飲みたくなるのが炭酸飲料。

特に暑い夏に飲むと最高ですよね。

子供たちも大好きですし、私自身も外出先で喉が渇いた時につい手に取ってしまいます。

しかし、誰もが1度は耳にした事があるであろう「炭酸を飲むと骨がとける」という言葉。

私はずっと迷信だと思っていたのですが、実はこれがあながち間違いではないということを知っていましたか?

炭酸飲料が体に良くはないということは知っていても、その理由まで知っている人は少ないようです。

炭酸飲料が体に悪いと言われる理由は何なのか?その具体的な理由を調べてみました。

なぜ炭酸飲料は体に悪いのか?

砂糖・人工甘味料による影響

一般的な炭酸飲料にはたくさんの砂糖人工甘味料が入っています。

というより、糖分以外の栄養はほとんどないと言ってもいいほど多量に使われているんですね。

炭酸にはもともと若干の苦味があるので、それを感じないようにしっかりと甘みを足してあるということのようです。

砂糖を摂取することで起こるデメリットとしては、多めに摂ると血糖値が急激に上がり、インスリンという成分が通常よりも多く分泌されます。

そうなると逆に血糖値が通常よりも下がってしまい、イライラしたり、気分が落ち込んだりという症状がでることがあるんです。

他にも砂糖は体に炎症を起こさせ肌の老化を促進してしまったり、偏頭痛の原因にもなると言われているので、多量に砂糖が使われている炭酸飲料は飲みすぎると身体を壊す原因にもなりかねません。

また、最近よく見かける“カロリーゼロなのにおいしい”という謳い文句の商品には、大抵人工甘味料が使われています。

人工甘味料はその名の通り人工的に作られた甘み成分のことです。

人工甘味料は低カロリーにも関わらずしっかりとした甘みを感じられるので、ダイエットの強い味方という印象もあります。

しかし中には、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが上がったり、発がん性の疑いがあるという報告がされているものもあり摂りすぎには注意が必要です。

リン酸の骨・歯への影響

炭酸飲料の中には添加物としてリン酸が含まれているものが多数あります。

リン酸を過剰に摂りすぎると、骨の中へのカルシウムの吸収を阻む作用があるため骨がもろくなってしまう可能性があり、

その状態を続けると骨そしょう症になったり、骨折の原因になったりします。

また、リン酸を摂取する事で尿中のシュウ酸カルシウムという成分が増加し、

増えすぎた余分なシュウ酸カルシウムが膀胱内で結晶化して、腎臓結石の原因となってしまうのです。

想像しただけで痛くて怖いですよね。

さらにリン酸の影響で歯のエナメル質が溶けだすという事もわかっています。

炭酸飲料を口に含む事で口内が酸性化し、口内のpH※が5.7以下になることで歯の一番表面の層であるエナメル質が溶けだしてしまうのです。

このような状態を“酸蝕歯(さんしょくし)”と呼びます。

酸蝕歯になると、熱いものや冷たいものがしみたり、歯の表面にへこみが見られるなど不具合が出てきますので、炭酸飲料を頻繁に飲むという人は飲んだらすぐに歯磨きをするなどの注意が必要です。

※ペーハー・・・酸性、アルカリ性の程度を表す数値のこと

特に避けたい炭酸飲料

炭酸飲料のなかでも特に避けたいもの、それはコーラです。

なぜ、炭酸飲料の代表のような存在であるコーラがそんなに悪者扱いされなければいけないのかというと、

まず、コーラは他の炭酸飲料と比較しても糖分が圧倒的に多く含まれています。

その量なんと500mlに対してスティックシュガー19本分!

コーヒーにスティックシュガー1本入れても結構甘いのに、それが19本というのは想像を絶する量ですよね。

砂糖の摂りすぎは、体の老化を早めたり偏頭痛の原因になるだけではなく、肥満の原因にもなりますので健康や美容を意識する人にとってはまさに敵といえます。

そして、コーラにはリン酸も含まれているため骨や歯への影響も心配です。

腎臓結石や酸蝕症など怖い病気への引き金になりかねません。

ちなみにですが、とある歯学関連の研究結果ではコカコーラよりもペプシコーラの方が酸蝕性が弱いと記載されています。

それはコカコーラがリン酸のみであるのに対し、ペプシコーラはクエン酸も入っているという事が理由として挙げられています。

そして、他の炭酸飲料と比べるとコーラに圧倒的に多く含まれているのがカフェインです。

カフェインには集中力を高めたり、疲労感を軽減させるという良い効果もあります。

あなたも眠気覚ましとしてカフェインの多く含まれるコーヒーを飲んだ事があるのではないでしょうか。

しかし、その分カフェインにはデメリットもあります。

カフェインは中枢神経を刺激する為、過剰に摂取すると動悸、めまい、不安、不眠などの症状が現れます。

体質によっては過剰に摂取しなくても、少量で上記のような症状がでる場合もあります。

私はまさにそのカフェインに過剰に反応しやすい体質なので、普段はノンカフェイン生活を行っています。

以上のようにコーラは、他の炭酸飲料と比べても明らかに飲むのが不安になる要素が多めです。

もし炭酸飲料が飲みたいと思っても、コーラはまず避けるべきですね

ちなみにコカコーラのレシピは門外不出といわれており、ごく一部の限られた社員さんしか知らないそうです。

何が入っているか分からないという所も不安を感じる要因の1つです。

炭酸飲料に代わるおすすめの飲み物

炭酸飲料に代わるものとしておすすめしたいのがクラフトコーラです。

「え、結局コーラなの?」

と思ったかもしれませんが、クラフトコーラはとても健康的な飲み物として知られています。

クラフトという言葉には“手芸” “工芸”などの意味がありますが、そのように大量生産ではなく手作りや小さな会社などで作られた飲み物です。

クラフトコーラはカルダモン、クローブ、シナモンなどのスパイスやハーブと柑橘系のオイル、アルカリ性食品である黒砂糖などを煮込んで作ったシロップを無糖の炭酸水などで割ったものです。

ネットなどでも購入できますし、自宅で手作りすることもできます。

お味はスパイスがよく効いていて上品で爽やかです。自然なもので作られているので身体に優しいのが嬉しいですね。

ネットで検索すると作り方を載せてあるサイトがたくさん見つかりますので、1度作ってみるのもいいかしれません。

まとめ

炭酸飲料には砂糖や人工甘味料が多く使われており、過剰に摂取すると不安やイライラなど精神に異常をきたしたり、老化を促進するなどの作用があることがわかっています。

コーラなどに多く含まれているリン酸は骨へのカルシウムの吸収を阻む働きがあるため、骨がもろくなり骨粗鬆症などの原因になるかもしれません。

また、炭酸飲料を口に含む事で口内が酸性化してpH値が上がり、歯の表面が溶けてしまう酸蝕歯になってしまうこともありますので、頻繁に炭酸飲料を口にする人は注意が必要です。

コーラには他の炭酸飲料以上に砂糖やリン酸、カフェインなど身体に悪い影響をもたらす成分が多く含まれているのでもっとも避けるべき飲み物と言えるでしょう。

そして炭酸飲料に代わるおすすめの飲み物であるクラフトコーラは、スパイスやハーブ、柑橘系のオイルなどを煮込んで作られている健康的な飲み物で、爽やかなお味がします。

ネットでも手軽に購入できますし、自宅で手作りするのもおすすめですよ。

炭酸飲料を飲んだからといってすぐに体調が悪くなる訳ではありません。

しかし身体は口に入れるものでできていますので、少しずつ身体に影響を与えていることは確かです。なるべく身体に優しいものを取り入れて健康的に生きたいですね。

タイトルとURLをコピーしました