買ってはいけない。QQEnglish(QQイングリッシュ)その実態は・・

「4倍のスピードで英語を習得できる」「英会話の瞬発力がつく」と聞いて興味ありませんか?

英語の上達に早道はありません。
学習量を増やし効率を上げるカランメゾットという学習方法で英会話を学ぶ人が増えてます!

カランメゾットは、正式認定校でしか学ぶことができないんです。
QQEnglish(QQイングリッシュ)はその数少ない認定校の1つ。しかもオンラインで格安に受講できます。

カランメゾットとは?

カランメゾット

カランメソッドは、1960年代にイギリスで開発された「従来の英語学習法よりも効率的かつ迅速に英語を習得できる」メソッド。

講師から連続して投げかけられる英語の質問に即座に答え、文法や発音のミスは即座に修正されます。スピードと反復練習。集中力とリスニング力が鍛えられます。講師の質問を一度頭の中で日本語に置き換える暇はありません。英語を英語で考える頭の使い方、いわゆる「英語脳」が構築され、瞬発力が養われます。

講師が発する単語は1分間に200以上。ネイティブスピーカーの通常のスピードが150~180語ですのでかなり早いです。カランメゾットは無駄を徹底に省き学習効率を最大限に引き出すため、約4倍のスピードで英語が習得できると言われています。

QQEnglish(QQイングリッシュ)

QQイングリッシュは「カランメソッド」の正式認定校です。
創業者のCEO 藤岡頼光さんの「フィリピンの雇用を創生し、フィリピン人と一緒に成長したい」という思いで設立されました。一番大切なのは「教師の質」であるとされています。

QQイングリッシュのセールスポイントは・・・

・カランメゾットにより正しい文法の英語を瞬発的に話す力が身につく。
・講師が全員、英語教授法の国際資格「TESOL」※1を取得。高品質なレッスンを提供。
・光インターネット回線の整った社屋からレッスンするので通信が安定している。
・日本人サポートが充実している
・フィリピンセブ島への短期留学もできる。

※1TESOLとは

●TESOL(テソル)とは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略語で、英語を母語としない方に向けて英語を教える方法を学ぶコースのことです。
出典:神田外語Extension

一般的にオンライン英会話スクールの講師はフィリピン人講師が多いです。理由としてはフィリピンの物価指数の影響で人件費を安く抑えられること、英語を公用語とするフィリピン人は英語を教えるスキルが高い人が多いこと、明るく開放的な国民性から楽しいレッスンが期待できること。などが挙げられます。

QQイングリッシュではそれに加え、講師をしっかり育成して、正社員として雇用。さらに高品質なレッスンを提供するとともに、フィリピン人の労働環境も改善しようという言わばwin・winのビジネスを展開しているんですね。

しかしちょっと待ってください。

ネットの口コミをみるとQQイングリッシュにはいろいろ問題があるようです。ここにまとめておきますので入会を検討する前にご参考になれば幸いです。

QQEnglish(QQイングリッシュ)気になる噂

特に講師陣に対する気になる口コミが多数見かけられましたし、システム不良やキャンセル規定について、料金やサポートについてもネガティブな批評が多かったです。

講師についての苦情

\このような苦情が多くみかけられました。/

・ドタキャンが多い。
・発音がよくない。
・良い講師は予約が取れない

■資格QQイングリッシュ自慢の講師陣。「十分な教育が行き渡り、他のスクールより高品質なレッスンを提供できる・・・」という触れ込みですが、なんと講師側からのドタキャンが多いという・・・。
講師全員正社員雇用で、自宅ではなくオフィスに出勤してレッスンを行っているはずなのでドタキャンなど起きないと思いますが、どうなっているんでしょうかね?日本人としては忙しいスケジュールをやりくりして勉強しようとしているのにモチベーションが下がってしまいますね

「フィリピン訛りが強すぎる先生がいる。」との指摘も。格安を謳っているオンライン英会話スクールはほとんどがフィリピン人講師中心です。どうしても発音が気になる方はネイティブ講師のいるスクールを探すべきですが、やはり料金は高くなります。

「良い講師は予約が取れない」という口コミも多いです。人気のある講師の予約はすぐに埋まってしまうようです。でもできれば毎回同じ先生に習いたいですよね。

キャンセル規定が厳しすぎる。

忙しい現代日本人、「お仕事や家事の時間をやりくりして英会話の勉強」という方も多いです。突然の残業や、ご家族の用事など予期せぬ出来事は頻繁に起きます。また交通機関の乱れも日常茶飯事。急に予約していたレッスンを変更しなければいけないことも多いです。レッスン開始の1時間前までは無料で変更できるスクールも多い中、QQイングリッシュは「12時間前まで」。これはあまりに厳しすぎるという声が・・・。理由は「講師の雇用を安定させるため」。講師都合のドタキャンが多いというのにちょっと納得いきませんね。

通信品質・サポートも今一つ?

結構な頻度で通信障害が起きるようです。QQイングリッシュの社屋が海に面した立地のため、台風の影響をもろに受けることが原因とみられます。「光回線でオフィスから安定した通信」という謳い文句は必ずしも当たってないようです。しかも通信不良でレッスンが中断した場合、サポートに交渉しないと返金・振替にならないようです。

通信不良やレッスン不履行、その他困りごとのためサポート体制窓口も日本的な丁寧さは期待できません。一応日本人スタッフが対応してくれるのですが。中には能力のないスタッフも存在するようです。

日本人スタッフの社員教育もしっかりしてほしいですね。

まとめ

QQEnglish(QQイングリッシュ)の特長と問題点についてまとめました。QQイングリッシュが提供するカランメゾット自体は有効な学習方法です。カランメゾットで学びたいのであれば、QQイングリッシュを選択するのもアリですね。CEOの社長の藤岡頼光さんの理念は高く、受講生だけではなく社会全体への貢献を目指す姿勢は共感できるところではありますが、日本とフィリピンの文化の違いがネックとなっている感は否めません。

同じくカランメゾットの正式認定校をいくつか紹介しておきます。ご参考になれば幸いです。

イングリッシュベル

イングリッシュベルはカランメソッドを日本で初めてオンライン英会話に取り入れ、さらに現代に合うように進化させています。キッズ英会話からビジネス英語まで幅広く対応。初心者でも上級者でも満足できるレッスンです。品質保証の国際規格ISO9001認証済み。

\イングリッシュベル詳しくはこちら/

ネィティブキャンプ

料金定額でレッスンが無制限受けホーダイ。しかも予約の必要がなく、365日24時間レッスンができます。 とにかくいろんな講師とたくさん話して実力をつけたい方に向いています。7日間の無料体験キャンペーン中。

\ネィティブキャンプ詳しくはこちら/

タイトルとURLをコピーしました