コンビニだとなめて買ってはいけない!クオリティ良し!セイコーマートのリテールブランド。

北海道の代表的ローカルコンビニエンスストアであるセイコーマートと言えば、ホットシェフを浮かべる方がほとんどだと思います。

ホットシェフのパンやお弁当、おにぎりはどれもお腹いっぱい食べられて美味しいですよね。

お値段もリーズナブルで、旅行者の方だけではなく、地元民も大分お財布事情を救われていると道産子として実感してます。

ところで、傍目から見てこの意見、持ち上げすぎに見えませんか?

何か裏があると疑っていませんか?

そんなあなたに知ってほしい情報があります。

じつはセイコーマートにはまだまだ隠れた魅力があるのです。

その中でもメディア露出の少ないセイコーマートのリテールブランドについて語っていきます。

製品の美味しさに対する強いこだわり。

北海道産△△を使った○○と言ったうたい文句は、あなたも一度は聞いたことがあるはずです。

しかし流石北海道発セイコーマート、さらに高みをめざしています。

北海道は広大ゆえに気候もさまざまです。

それゆえ、特産物もその土地の特徴が色濃く出てきます。

セイコーマートは北海道産というだけではなく、北海道のどの地域で作られているものが美味しいか、ちゃんと計算して商品を作っているのです。

その例を何点か上げていきます。

①牛乳

セイコーマートのパック牛乳と言えば、全てが豊富町の酪農家が生産しているものを使用しています。

豊富町の特産品である牛乳は、脂肪分が多く味も濃厚です。

舌の肥えた道民が自宅用に買っているほどの美味しさなので、お店に行ったとしても売り切れてしまっていることもあります。

また、それで作られたアイスなどの加工品も絶品です。

②農産物

北海道の農産物は豊富な種類があり、もし北海道だけで食料自給率を賄うなら不可能ではないという話を聞いたことがあります。

広大な土地を使った畑は美瑛の丘なども例にあるように、北海道の開放的な景色として写真に収めたい方もいるのではないでしょうか。

そんな大量に作物を作れる畑のある土地の気候が農業に合わないはずがありません。

その一つとして、北海道の名産品である小豆を挙げます。

どのコンビニのレジの横によく和菓子がありますよね。

セイコーマートのレジの隣には北海道十勝地方産の小豆を使った、どら焼きなどといった和菓子がリーズナブルな値段で売られています。

北海道十勝産小豆といえば、有名和菓子店などでも扱っているところの多いブランドだとあなたもご存知でしょう。

道産子の筆者もついつい気が付いたらかごに入れている隠れた名品です。

ぜひ、セイコーマートに寄った際にはご賞味してみてください。

このように、セイコーマートは素材一つ一つにこだわり、クオリティの高い商品が生み出されているのです。

バラエティ豊富!北海道のならではの食材を使った、美味しい変わり種商品!

北海道はもともと先住民族アイヌの方々が住んでいた土地です。

令和3年現在、北海道を舞台にした書物や漫画などを読んで北海道の歴史に触れてみたいと感じる方も多いでしょう。

そんなとき、まず食から触れてみるのも手ではないでしょうか。

手軽に食べることの出来る、北海道独自の食材を使ったセイコーマートの商品の一部をご紹介します。

①ヤマワサビ

北海道にはヤマワサビ(西洋ではホースラディッシュと呼ばれる)を食べる文化があります。

わさび同様植物の根の部分です。

イカそうめんに醤油と一緒につけて食べると絶品ですが、辛み成分が揮発するのが速く気が抜けやすい食材です。

なので、本州に輸出される加工品は少ないと思います。

気になるけれどなかなか食べれないそこのあなたに、セイコーマートの山わさび醤油漬けおにぎりを紹介します。

一口かじったらつーんと鼻にくる清涼感のある辛さが癖になる、一度食べたらまた食べたいと思えるおにぎりです。

②ハスカップ

ハスカップとはアイヌ語のハシカプと呼ばれた果物を和人(本州から来た日本人)が言いやすくした名前になります。

これはそのまま食べてしまうと大変酸味が強く、今では加工して食べることの多い果物です。

セイコーマートでもこの果物を加工し商品にしています。

牛乳と混ぜソフトクリームにしたハスカップバニラや、ワインをベースにしたお酒であるサングリアに加えた北のサングリアサワーなどにも使用されています。

③和ハッカ

北海道では、道の駅などで何故かハッカのスプレーなどの商品を見かけることが多いのではないのでしょうか?

実は北海道は和ハッカ(ニホンハッカ)が特産品なのです。

元々、本州で作られていた和ハッカですが、元屯田兵だった方が持ち込むことによって北海道での栽培がはじまりました。

その作付面積における収穫量の割合の大きさから、網走や北見など(主にオホーツク海側の北の地域)での栽培が盛んになります。

今でも栽培され、北海道は日本におけるハッカの聖地となったのです。

セイコーマートでもハッカの商品には力を入れており、ミントの入ったカクテルであるモヒート、ミントを加えたクラフトジン、チョコミントアイス、チョコミントソフトク
リームなど多岐にわたります。

※セイコーマートは新商品の入れ替わりが激しいコンビニエンスストアです。気になった商品はお早めにセイコーマート公式ネットショップでご購入されることをお勧めします。

まとめ

セイコーマートの揺るがない北海道愛、食材の魅力への探求心、このラインナップから見ても感じ取れるかと思えます。

お金を貯めてやっとの思いで旅行に行く北海道、食を楽しみに来る方も多いでしょう。

しかし、スケジュールをいくら完璧に組み立ててもハプニングなどには勝てませんよね。

行きたかった飲食店へ行けなくなってしまった方や、なるべくお金を掛けない旅がしたい方もいるはずです。

そんなとき、あなたのお腹を北海道産の食材を使って満たしてくれるコンビニがあります。

そう、それがオレンジのツルの看板が目印のコンビニエンスストア『セイコーマート』なのです。

タイトルとURLをコピーしました