旦那が何も考えずに妊婦に買ってはいけない飲み物!その理由とは?

「おなかが大きくなった妻に何か買って帰りたい」

つらそうにしている妻を見て明日の帰りはなにか買って帰ろう、と思ったそこのあなた!
いつも飲んでるから」「最近人気があっておいしそうだから」という判断をしないようにしましょう。買ってはいけない種類をしっかり把握して、奥さんが気兼ねなく飲める飲み物を買って帰ってあげてください。

1.妊婦さんの体調に影響を及ぼす成分が含まれている飲み物がある!

妊婦さんはよくお水を飲みます。妊娠すると妊婦さんの血液量は約1.5倍まで増加します。血液の約半分は水分でできています。へその緒で繋がっている赤ちゃんは、血液から栄養をもらうので、血液の巡りが大事になります。体中の血液をどんどん循環させるためにたくさん水分を取らないといけないのです。

しかし飲み物の中には利尿作用を促し、体内の水分量を減少させる成分を含んでいるものがあったり、母子ともによくない影響を与える成分を含んでいるものがあったりします。このような成分が入っている飲み物は妊娠中は避けましょう。

避けたほうがいい成分ってどんなの?

・カフェイン

カフェインを取りすぎることにより、妊婦、胎児への悪影響が生じる可能性があります。低体重出産の可能性が高くなる、自然流産の可能性が高くなる、などがあげられています。

食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A(厚生労働省)

・糖分

甘い飲み物を好む人は多いと思います。しかし妊婦さんにたくさん飲ませてはいけません。糖分の過剰摂取は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクを増加させます。

妊娠と糖尿病(糖尿病情報センター)

・アルコール

妊娠中にアルコールを摂取するのは避けたほうがいい、というか禁止させたがいいです。アルコールの摂取により、胎児に様々な異常、障害を発生させるリスクが生じてしまいます。

e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

母子の健康のため、これらの成分が入っている飲み物はできるだけ避けるようにしましょう。では具体的にどの種類の飲み物を買ってはいけないかを確認していきましょう。

2.買ってはいけない飲み物はこれ!

ここでは避けたほうがよい飲み物の種類を書き記していきます。飲み物を買いに行く前にぜひ確認しておきましょう。

コーヒー、お茶類

コーヒーとお茶

コーヒーやお茶類にはカフェインが含まれています。できるだけ避けましょう。どうしても飲みたい!となったら、1日2杯程度にしておきましょう。奥さんに2杯までだと促してあげるのも、大事な役目です。

ハーブティー

ハーブティ

ハーブティーは種類も多ければ効能も様々です。中にはカフェインを含んでいたり、子宮収縮作用のあるものがあります。今まで飲んでいたものを安心して飲めるか不安なら、一度お医者さんに相談してみましょう。

エナジードリンク

エナジードリンク

カフェインが入っているだけでなく、アルコール成分が含まれているものや、興奮作用があるものが入っていたりと、妊婦さんにはよくない成分が多いので避けましょう。

炭酸飲料

炭酸飲料

糖分がたくさん含まれているものが多いです。有名なコーラは糖分もたっぷりです。妊婦さんには控えてもらいましょう。

最近はカロリー控えめをアピールしている炭酸飲料が増えてきましたが、人工甘味料が使われていることが多いです。しかし人工甘味料にも胎児に影響を及ぼす可能性があると言われています。やはり妊婦さんには控えてもらいましょう。

甘酒

甘酒

甘酒の中でも、酒かすで作られたものには残念ながらアルコールが残っています。糖分も少し多めなので、避けるようにしましょう。

ココア

ココア

カフェインの含有量はとても少ないです。飲むと気持ちが落ち着くことも多いですが、糖分が少し多めに含まれているため、飲みすぎには注意が必要です。やはり奥さんにさりげなく飲みすぎないように促してあげるのが大事な役目ですね。

アルコール飲料類

アルコール

アルコールは胎児に悪い影響があります。妊婦さんがアルコールを摂取すると赤ちゃんにまでアルコール成分が届いてしまいます。健康な赤ちゃんを産むためにも、お酒は飲むのをやめましょう。仕事帰りに奥さんの分を買ってはいけないです!

最近よく聞くこんな飲み物にも注意しましょう。

バタフライピーティー

バタフライピーティー

最近SNSなどで話題のバタフライピーティー、見た目が鮮やかでSNS映えするなど有名になっているハーブティーです。ですが、子宮収縮作用などがあるため注意が必要です。まだ学術的根拠が薄いですが、できるだけ避けるようにしましょう。

チャイティー

チャイティー

コーヒーと比べるとカフェイン量も少なく、ショウガなど体に優しい成分が含まれているからおススメされることが多いです。しかし、チャイティーにはスパイスが色々含まれています。代表的なスパイスであるシナモンには、子宮収縮作用が含まれています。少量であればあまり影響はないかもしれませんが、できることなら避けましょう。どうしても飲みたい場合は飲みすぎに注意しましょう。

3.買って帰ったら奥さんが安心できる飲み物3選!

では買って帰れば奥さんに喜ばれる飲み物、奥さんが安心して飲める飲み物はなんでしょう。下記の飲み物がおすすめです。

麦茶

麦茶

麦茶はおすすめです。ノンカフェインで、ミネラルを多く含んでいます。水分補給だけでなくミネラルも同時に補給できます。

ルイボスティー

ルイボスティー

ルイボスティーはハーブティーの一種です。ノンカフェインでミネラルやポリフェノールが含まれています。ノンカフェインなのがいいですね。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーター

読んで字のごとくミネラルを多く含んでいる水です。軟水や硬水の違いがあり、好みに個人差はあるかもしれません。レモン果汁を入れると飲みやすいとよく言われています。

まとめ

妊娠中に飲むのを避けたほうがいい飲み物は意外と多いです。妊婦さんにはストレスも多くかかります。母子の健康のために飲みやすい飲み物を選ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました