非純正バッテリー・互換品バッテリーは買ってはいけない。

現代ではリチウム電池を使った製品が、身の回りにたくさんあります。
長く使っていると劣化消耗して交換時期がきます。
その時みなさんは純正品と互換品、どちらを選ばれますか?

私は、何を基準で選んで良いのか分からなかったり、金額の差もあって迷った経験もあります。
そこで、疑問が解決するように、何が違っていて安全性は大丈夫なのか、お伝えしていきます。

互換製品(非純正)とは?

『互換性は、ある部品や、コンポーネント(構成要素)などを置き換えても同様に動作させることができる性質のこと』
wikipedia

工業製品では、互換性を確保することで新たなシステムを用意する必要がなく設計や部品の再利用が高まることでコストカットを見込めれる。

新製品を、後から真似て作るから

デザイン・設計・発案などなくコスト削減できるのね。

なぜ、互換バッテリーを買ってはいけないのか?

近年互換バッテリーの事故が多くなっているのです。動画配信の中でも大きな倉庫が燃える事故の発生や発火映像があり注目されています。ここ数年では増加傾向にあって、充電式掃除機のバッテリーも発火事故が起こっています。

問題点とは・・

  • リチウムイオンセルの問題
  • 互換保護の回路の問題
  • 販売体制・輸入製品の問題
  • 不適切なセルによる不具合
  • 充放電繰り返すうちにセル間の異常が起きて過充電で発熱
  • 充電器との組み合わ不良で過充電で異常な発熱

純正に対して安い価格の互換バッテリー製品ですが、ほとんどが6.0Ah表記です。しかしながら、実際には4.0Ah以下の要領しかなく容量を偽っているものがある。しかも、電動器具に適合していないバッテリーセルを使っている問題あります。それは、低スペック仕様で急速充電や大放電に適してないということです。

輸入の問題とは、純正の6.0Ahは危険物輸送として規制があるためコストと時間さまざまな手間がかかるので、4.0Ahと偽っていると考えられています。さらに輸入品においては、個人輸入の名目だど、輸入者は責任が問われない場合もあるのです。

こういった危険な状態の製品を使用した場合、加圧や衝撃・または過充電の負荷により、発火事故が起こります。

 

難しい仕組みの話だけど、

事故になったりするから、とても、危険で怖いわね。

見た目では分かりにくいことも危ないわ。

 危険性など、経済産業省や消防組合など注意喚起してます。
実際に非純正品で事故報告あった商品
充電式電気掃除機 スマートフォン
充電式電動工具 電動ブロワー
ノートパソコン カメラ
LEDヘッドライト その他

たくさんの互換製品・非純正品で、事故報告が上がってます。上位を占めているのが、充電式のバッテリーで特に多いのです。

なぜネットで販売されている?

発火したり問題が起きたり、レビューに投稿されると販売ページごとに、削除して新しいページを再び作成して立ち上げるの繰り返しがあれば、低評価がなくなってしまいます。

PSEマークは、電気用品安全法の基準対応義務を果たしている業者が、自主的に表示できるものであるものです。そのために、互換性バッテリーはPSEマークが、正しく機能していない状態にあります。予防策として、PSEマークのそばに、輸入業者が記載している商品なのかを、確認することも1つです。やはり安くて買いたくなりますが、互換バッテリーは買わないのが一番です。

我が家の互換バッテリー、業者記載が、ないです➡

 

金額の差はどのくらい?

できるだけ、家計にやさしく

安いものがいいのよね。

確かに、純正品に比べては互換製品は安いです。

例えば、ダイソンの掃除機バッテリー。機種によりますが純正品は、8,000円から13,000円とちょっと高価です。非純正品・互換品バッテリーの価格は、3,500円から5,500円あたりです。かなり安く感じます。

ずっと長年日々、身近に使うものには、やはり安心・安全・保証といった価値があることが、何より必要です。純正品には、その価値がある。

互換製品使用している注意点

  • なるべく早く、メーカー指定の純正品を使用を。
  • 発熱や・膨張など異常あれば使用中止しましょう。
  • 車の中など、高温になる場所に保管や放置などしない。
  • 落とさない水没もダメです。

他にもどのような互換製品があるの?

様々な商品に互換製品が出ており、専門店もあるほどです。たくさんある中で、主に身近に使われている3商品を、みてみましょう。

・リチウムイオン電池バッテリー

バッテリーは、たくさんの製品に使われています。近年のブームのDIYで使われる電動工具ののバッテリーや家庭用のコードレス掃除機・電動自転車などあります。その予備のバッテリーとして互換バッテリーが人気を集めています。

        

・インクジェットプリンターのインク・トナー

年賀状印刷やラベル・写真の印刷などで使われるプリンターについてある、インクです。機種によりますが、4色~6色のカートリッジが、消耗品として必要となります。再生品と違って、互換製品はカートリッジ本体の成形品やICチップなどすべてが新品で作られています。

  • 故障の原因もあるので、また詳しくは、こちらでお伝えしてます。⇓⇓
  • https://www.free-counter.jp/dby/12169
  • 互換性プリンターインク・非純正プリンターインクは買ってはいけない
・Officeソフト(Excel・Wordなど)
Microsoft(マイクロソフト)のWordやExcelなどを編集できる、Microsoftと互換性のあるソフトです。
PCやタブレットに、インストールして使用するものと、クラウド上で使用するものがあります。例えば、OfficeSuiteやWPS Officeなどがあります。なるべく違和感のないように作られていて、また互換ソフト間で交換もできるようになっています。価格は無料で使えるものから、一万円前後かかる商品で様々です。
・ゲーム機のプロコン(Proコントローラ)
家庭用ゲーム機を使うために必要な、コントローラーです。互換製品は価格が安くて、形も純正品に近いので、違和感なく使えるメリットもありますが、安全性や操作性においては、やはり純正の製品がおススメです。
ジャイロ機能が重要なゲームには純正が必須です。※ジャイロとは、上下左右に動かすことで直感的にカメラ操作が行えるセンサー機能のこと。
・電子タバコ
アイコスやブルームテックなど人気の加熱式たばこですが、これらにも、互換製品があり、それぞれのたばこのカプセルに対応したものが発売されていて、近年は両方に対応している製品もあります。
多種多様な製品から互換製品・非純正製品が販売されています。それぞれに利点・デメリットや危険なものもあるので、調べてから購入をおススメします。

 

まとめ

掃除機やラジオ・テレビ・電動工具など日常に使うもののバッテリーなら、迷わず純正品を購入をおススメします。充電器にも負荷がかかり、発火事故など起こる可能性もあるので、危険です。事故が起こると、代償は大きくなる可能性もあります。

安易に互換バッテリーは買ってはいけないです。メーカー指定製品を使いましょう。
タイトルとURLをコピーしました