買ってはいけない!互換製品・非純正製品のプリンターインク

近年パソコンが普及し、エプソンやキャノンの家庭用プリンターも同様で当たり前のように、家庭にあったり職場にあったりします。

それにともない必要なインクがたくさん販売されており、3色のものから、6色・より一層鮮明な印刷ができるものまで様々です。

プリンターインクですが、純正品と非純正品・互換製品にリサイクル品があります。どの種類を選び購入されているでしょうか?

少しでもお手頃価格の、非純正・互換のプリンターインクを、買って使っていいのか・買ってはいけないのかを、お伝えしていきます。

正規品・純正品・互換品・リサイクル品の違いは・・?

     画像はPixabaywolteevaによる

・正規品とは・・

正規ルートを通じて販売される品のことを言います。

メーカから代理店を通じて販売するケースが特に代表的です。正規品はこういったルートを辿って販売されており、逆にそれ以外のルートを辿って販売されているものは、偽物やそれに似ているものである可能性が考えられます。安心で保証はしっかりとしています。

・純正品とは・・

特定の品を製造しているメーカーが販売している商品のことを言います。メーカーが自社の製品の部品や関連製品として販売しています。

ある商品を作ったメーカーが製造している品を指しており、それ以外のメーカーの品は機能などが同じでも、類似品の扱いになり、純正扱いにならないです。価格が高いですが、動作の保証・信頼がありサポートも受けられます

・互換品とは・・

『純正品』の代用品として直接関連のない第三者的な立場の企業が販売している、互換性を持った製品のことを言います。

お手頃価格なものが多いのでコストパフォーマンスは良くて、オリジナル商品なので、容量も多くしているものもあります。しかし、本体のメーカーの保証はなく、たまに動かなくなることや、本体が読み取らないこともあります。メーカーの保証期間でも、有償になってしまいます。

ヘンリー・ワンによるPixabay

 

・リサイクル品とは・・

使用済み純正製品インクのカートリッジを洗浄してインクを充填を行い、商品として再利用したインクカートリッジの製品です。再生品やリユース品とも呼ばれます。

純正より価格も安くて、コストパフォーマンスが良くて、なにより廃棄物を出さない、地球にやさしい製品です。しかし回収して選別・洗浄・充填と手間がかかるので、互換インクよりは、少し高くなります。こちらも、問題が起きた時に、メーカーの保証は有償になってしまいます。色の品質、色の違いや耐光性など、製造メーカーにより品質に差があります。

本体を作ったメーカーが付属品消耗品を、販売している➡純正品

本体を作ったメーカーとは別の会社が、付属品や消耗品を作って販売している➡互換品

どんな商品があるの?

  • プリンターのインクカートリッジ    
  • 電動歯ブラシの替えブラシ
  • カメラのレンズフード
  • 電動工具のバッテリー            
  • パソコンのメモリー
  • ダイソン掃除機のバッテリー
  • 腕時計の替えベルト
  • 掃除機のブラシや紙パック
  • ゲームコントローラー  

まだまだありますが、主に消耗品に多くみられ、多様な商品に互換製品が販売されています。

 

  • 互換バッテリーについては、こちらでお伝えしています☟
  • PSEマークのことも書かれています。買ってはいけない!互換バッテリー
  • https://www.free-counter.jp/dby/12004

買ってはいけない理由・デメリット

        スティーブンによるPixabay 

  1. トラブルや本体故障の原因になる
  2. ヘッドの目詰まりが起こる・・ヘッドクリーニングしても改善しない
  3. インクの色が出なくなる
  4. インクの減りが早い
  5. 純正よりも発色が悪い
  6. プリンターに正しく認識されないことがある

もしも互換製品を使っていて、故障してしまうとメーカーで受け付けてくれない場合があり、新たに購入することになります。それでは高くついてしまうので、特に新製品購入や買ったばかりの製品は、メーカーの保証が受けれるように純正品が安心だと思います。

でも購入、互換製品の購入で気を付けたいこと

互換インクが大丈夫かと不安になると思います。すべてが悪いわけではなく、コスパよく製品として良いものもあります。互換製品のことよく知ってから購入しましょ。例えば・・

  • 低評価の口コミを見る
  • 純正互換と、書かれているのは互換製品
  • フリマやオークションでは買わない
  • 保証がしっかりしていること
  • できる限り、日本製を見ること      
  • PSEマークのそばに業者名があること
  • 日本製のものを購入
販売ルールがしっかりしていないサイトや、自社での口コミは、低評価を削除してしまう傾向もあるので要注意です。
実際に使用した方の評価、口コミはしっかりみましょう。1ヵ所だけじゃなくて、楽天・Yahoo!や、Amazonなど実際使用した方の口コミは、とても購入するかどうかの基準の一つになります。
私が選ぶ大事さは、上記にプラス、口コミに次の3条件をしっかりと見て判断しています。
  1. 性能は最大に発揮できること。
  2. 本体の寿命が短くならないこと。
  3. もちろん本体が異常きたさないこと。
価格が安いからと、安易にそれだけで互換製品を選ばないようにしましょう。
おすすめは・・
  • 1位  インク革命 ・・正常稼働率高い・保証充実・安い
  • 2位  インクナビ・・・正常稼働率高い・保証あり
  • 3位  チップス・・・かなり安い
  • 特別賞 ジェット・・エコにこだわっているリサイクル品・質がいい・条件ありの保証あり

まとめ

白黒や、色味鮮やかさ気にしないなら、互換インクも選ぶのも良いと思いますが、コスパもよいので日本製で保証があるところにしましょう。純正品は数回交換で、新品のプリンターが買えちゃいます。

品質を気にされる方は、目詰まりやズレがあまりない純正品を購入しましょう。
買ったばかりのプリンターや新発売のプリンターは、特にメーカー保証があったり新発売で互換製品の口コミが少ないため、互換インクや非純正インクは、買ってはいけないです。
タイトルとURLをコピーしました