【タブー】還暦祝いに買ってはいけないものは?その理由について

意外と知らない?還暦祝いに買ってはいけないものとその理由について。

大切な人の還暦祝い

日頃の感謝と、健康や長生きの願いを込めてプレゼントを贈りたい。

 

しかし、還暦祝いのプレゼントに買ってはいけない、つまり”タブー”があるのをご存知ですか?

相手を想い選んだものが、もしかしたら失礼に値するものかもしれません。

喜んでもらうはずのプレゼントで不快な思いをさせてしまっては、せっかくのお祝いが台無しです。

 

本記事では、

  • 還暦とは?
  • 知っておきたい還暦祝いのタブー
  • 贈ってはいけないもの

について、理由を解説しながらご紹介していきます。

大切な人に喜んでもらうため、是非最後までご覧ください。

 

注意!還暦祝いにプレゼントを贈る際のタブーとは?

還暦祝いにプレゼントを贈る際のタブーとは?知らないとまずいかも。

そもそも、「還暦」って何なのでしょうか?

満60歳のお祝いを「暦」が「還る」と書いて還暦。

赤いちゃんちゃんこ。

何か意味がありそうです。

 

本題に入る前に、少し豆知識をいれておきましょう。

 

そもそも還暦とは?

還暦とは「干支が一巡して、誕生年の干支に還る事」を意味します。

…ん?

干支が一巡って12年なんじゃないの?

 

子(ね)、丑(うし)、寅(とら)でお馴染みの干支は「十干十二支(じっかんじゅうにし)」の略です。

「十干」に「十二支」を順に当てはめたもので、60で一巡し61からは最初の「甲子」に戻ります。

十干
十二支 1 甲子 2 乙丑 3 丙寅 4 丁卯 5 戊辰 6 己巳 7 庚午 8 辛未 9 壬申 10 癸酉
11 甲 12 乙亥 13 丙子 14 丁丑 15 戊寅 16 己卯 17 庚辰 18 辛巳 19 壬午 20 癸未
21 甲申 22 乙酉 23 丙戌 24 丁亥 25 戊子 26 己丑 27 庚寅 28 辛卯 29 壬辰 30 癸巳
31 甲午 32 乙未 33 丙申 34 丁酉 35 戊戌 36 己亥 37 庚子 38 辛丑 39 壬寅 40 癸卯
41 甲辰 42 乙巳 43 丙午 44 丁未 45 戊申 46 己酉 47 庚戌 48 辛亥 49 壬子 50 癸丑
51 甲寅 52 乙卯 53 丙辰 54 丁巳 55 戊午 56 己未 57 庚申 58 辛酉 59 壬戌 60 癸亥

 

満60歳で暦が一巡し誕生年に還る。

つまり、「還暦=赤ちゃんに還る」という意味になるわけです。

さらに「」には「魔除け」「厄除け」の意味があり、昔は産着に「赤」が使われていました。

還暦に「赤いちゃんちゃんこ」を贈る習慣は、このような理由からきてたんですね。

 

タブー①「老い」を連想させるもの

還暦の意味を理解したところで、本題に戻りましょう。

還暦祝いのタブーの1つ目が「老い」を連想させるものです。

「還暦=赤ちゃんに還る」

つまり、赤ちゃんに還って人生を再スタートするという意味の還暦と、「老い」は相反するものです。

 

タブー②「死」「苦」を連想させるもの

還暦祝いのタブー2つ目が「死」「苦」を連想させるものです。

これは「し」「4」、「く」「9」といった「shi」「ku」と読めるものを指します。

病院によっては診察室に「4番」や「9番」がないほど、あまり縁起が良くないとされているのです。

また、弔事に用いられるものや、散り方が不吉な花もタブーとされています。

 

還暦祝いに”買ってはいけないもの”とその理由

還暦祝いのプレゼントは具体的にどんなものがNGなのか。その理由は?

具体的にはどんなものがタブーなのでしょうか。

理由を解説しながら、ご紹介していきます。

 

日本茶

日本茶は香典返しによく選ばれるものです。

「弔事」、つまり「死」を連想させるのでタブーとされています。

 

時計・鞄・文房具など「仕事道具」

「ビジネス」や「サラリーマン」のイメージがあるアイテムは「勤勉さ」を意味します。

タブーとまではいきませんが、目上の人へのプレゼントとしては不向きです。

「還暦なのに、まだまだ働けってか…。」と受け取られてしまうかもしれません。

 

クシ・椿の花

最もタブーなプレゼントがクシ椿の花です。

クシは「苦」「死」の絶対タブーな2文字が入っており、還暦の贈り物としては縁起が悪いことこの上ありません。

椿の花は、急に首から落ちる”不吉な花”とされており、「死」を連想させてしまいます。

クシと椿の花は、絶対に買ってはいけません。

 

杖・老眼鏡・補聴器

還暦を迎えた人にとって実用時なものは、時に「老い」を感じさせてるものになります。

「赤ちゃんに還って人生を再スタート」を祝う席には不向きなので、避けた方がいいでしょう。

人によっては「年寄り扱い」と受け取られ、不快な思いをするかもしれません。

 

ハンカチ(特に白)

ハンカチは「涙」、つまり「お葬式」を連想させます。

また、「手巾(てぎれ)」ともいい、「手切れ(てぎれ)=別れ」を連想させるのでタブーです。

友達や家族への何気ないプレゼントとしては良いのですが、還暦祝いには不向きといえるでしょう。

特に白いハンカチは、亡くなった人の顔にかける布をイメージさせますので絶対に買ってはいけません。

 

靴・下着

靴や下着といったいわゆる「履物」や「下に履くもの」は、目上の人への贈り物としてはマナー違反です。

「あなたを踏みつける」「下に見る」という意味を持つので、タブーではないのですが避けた方がいいでしょう。

 

まとめ

大切な人に還暦祝いを喜んでもらうために、正しい知識を身につける。

「還暦祝いに買ってはいけないもの」と題して、ご覧いただきました。

中には意外なものもあったのではないでしょうか。

還暦の意味合いを理解することで、買ってはいけないものが自ずと見えてきます。

 

まとめると以下の通りです。

  • ”還暦=赤ちゃんに還る”つまり、人生再スタートという意味
  • 「老い」を感じさせるものでなく、門出にふさわしいものがgood!
  • 「死」や「苦」を連想させるものはタブー

相手に不快な思いをさせないために、タブーやマナーを心得ておくことは大切です。

もしかしたら、「成長したね」「大人になったね」と逆に感心してもらえるかも?

 

還暦は”赤ちゃんに還り、再スタートを祝う”ものだと解説してきました。

しかし、ひょっとすると、あなたが赤ちゃんだった頃を思い出して”成長を喜ぶ”という意味もあるのかもしれませんね。

和やかで楽しい、素敵な還暦祝いをお過ごしくださいませ。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました