買ってはいけないピザ その理由とは? 美味しく食べるには

近年のコロナ禍により、「食」への健康志向はさらに高まっています。いつどこで新型コロナウィルスに感染してもおかしくない現在、重症化しないために「食」への健康思考が高まっています。

今回は、若者に好まれる“ピザ”について紹介していきます。
テイクアウト食品の先駆けとなる、宅配ピザは人気を集め多くの人に食べられるようになりました。しかし宅配ピザは価格が高く毎日食べることはできません。

そこで、スーパーで手軽に買えていつでも食べられる冷凍ピザについて見ていきましょう。

危ない!スーパーで買える超加工食品

冷凍ピザなどの「超加工食品」は「砂糖や塩、油脂を多く含み保存料などが添加されていて密閉包装され日持ちの良い食品」のことで、ウルトラ加工食品とも呼ばれます。

超加工食品の多くは、脂肪、飽和脂肪酸、砂糖、塩を多く含み、食物繊維とビタミンの含有量は少なく、加熱により発がん性物質が生成される成分も含んでいます。

また、食品に直接触れる包装資材にも、発がん性のある物質や内分泌かく乱物質などが含まれている場合があります。

このような理由から、超加工食品が人体に及ぼすいくつかの疾患、特にがんのリスクを高めているのではないかという懸念が高まっています。

データで10%摂取が増すと12%にがんリスクが高まる

フランス国立保健医学研究所(INSERM)の研究者はフランス在住の約10万5000人の超加工食品の摂取量とその5年間のがん(あらゆるがん、乳がん、前立腺がん、大腸がん)の発症状況を調べ、 2018年に論文を発表しました(BMJ、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル誌に掲載)

これによると、摂取した食物の総量に占める超加工食品の量の割合が10ポイント増加(例えば10%から20%に増加)するごとに、がんのリスクが12%高まることが分かりました。

乳がんのリスクは超加工食品の割合が10ポイント増加するごとに11%上昇していました。特に閉経後の乳がんの増加が見られました。

私たちの食卓に身近な超加工食品ですが、摂りすぎには注意した方がよさそうです。

宅配ピザのMサイズ1枚で1日の半分のカロリー

忙しい時や疲れている時についつい頼りたくなる宅配ピザ。実は、体に悪い食べ物なのです。なぜかと言うと、まず、カロリーがとても高いことが挙げられます。

ピザ1ピースで150〜180kcal、Mサイズのピザ1枚だと1,000kcalを超えます。成人女性の一日の摂取カロリーは1,800〜2,200kcalなので、ピザ1枚で一日の摂取カロリーの半分以上を摂ることになってしまいます。

そして、宅配ピザなどで使われているチーズは、チーズフードと言って、原材料のチーズに小麦粉と水を混ぜて量を増やし、植物性の油を追加し、香料で香りづけをしています。

健康に美味しく食べるには

家庭でもできる美味しいピザ

ピザに欠かせない原料は、クラスト(ピザ生地)に使う小麦粉とチーズ、そしてトマト。ほとんど全ての人が好む食材の集合体です。小麦粉はもちろん主食としてパワーの元となる炭水化物と良質の植物性たんぱく質。ソースに使うトマトはビタミン豊富な野菜。そしてチーズは良質な動物性たんぱく質と吸収率の良いカルシウムがたっぷり。

これらの材料を購入して自宅で作るピザは、バランスの良い食事になります。しかもピザのトッピングは自由自在。野菜のトッピングを加えれば、食物繊維も補えて一層ヘルシーです。

健康にベストなトッピング

ガンをはじめ、成人病(生活習慣病)や老化の原因のひとつといわれる活性酸素。トマトの赤い色素・リコピンは、活性酸素を消去する力を持つものとして注目されています。

活性酸素を消去するものとしてはβカロチンが有名ですが、抗酸化力では、リコピンはなんとβカロチンの2倍です。

アメリカの最新の研究(ハーバード大学公衆衛生学大学院、95年12月)では、リコピンが吸収されやすいトマトソースを使った料理は、ガン防止に効果的だと報告されています。

「チーズたっぷり」はガン予防にも期待

日本人1人当たりの栄養素摂取量で、唯一不足しているのがカルシウムです。1日にとるべきカルシウム量に対し、まだ約10%(※)不足しています。

保健所ではカルシウム摂取基準を1日当たり平均600mgとして指導していますが、ピザに載ったチーズを食べれば日本人のカルシウム不足は解消できそうです。


さらに、防衛医科大学校・鶴純明教授の最新の研究成果によると、チーズ中に含まれるラクトフェリンという成分が、ガンそのものの増殖を抑制することがわかり、改めてチーズが健康食として注目されています。

まとめ

冷凍ピザは超加工食品といわれる食品です。これらは、毎日の食事の一旦を担っているのが現実です。手軽で素早く調理ができ、価格も安く、長期保存が可能でまとめ買いができる。極めて便利な食品です。

しかし、超加工食品には、原材料や包装資材により加熱することで生じる発がん性の物質が生成される成分も含んでいることがあります。多く摂取することで、人体に少なからず影響を及ぼすことが分かってきました。

私たちの毎日の食事において摂りすぎには十分に注意しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました