買ってはいけないエアコン!その理由は?

エアコン選びに悩んでいませんか?

エアコンも高いので、慎重に検討したいですよね?

しかし、エアコンが壊れたりして急遽買い替えなければならないこともあるかもしれません。

そんな時も後悔しないエアコンを購入するようにしましょう!

買ってはいけないエアコンは?

プライベートブランド

家電量販店がオリジナルで販売されているエアコンは、価格的にお得に感じますが、故障の際には修理してくれるところがなく、『新品交換』になることが多いです。

また、新品に交換した後に同じ不具合が出てしまうことや、部品がないこともあるので注意が必要です。

さらに、新しいエアコンを購入するとき、古いエアコンを処分する必要があります。家電量販店で購入した場合、業者に頼むことになりますので、その際には、それなりの金額がかかります。

主な処分方法として・・・

  • 家電量販店などに依頼し、業者に処分してもらう。
  • 自分でエアコンを取り外し、行政の手順に沿って処分する。
  • 自分でエアコンを取り外し、スクラップ工場に持っていく。

中古のエアコン

新品で購入すれば5年、10年と保証期間がありますが、中古のエアコンだと壊れた時の保証期間がない場合があります。

また、カビや汚れの心配もあります。

下取りや買取はできる?

  • 下取り

年式が古いなどで、下取りができないこともあります。

家電量販店で下取りをしてもらえなかった場合、3000円程のリサイクル料が発生します。

  • 出張買取サービス

少しでも節約したい方におすすめです。

『出張買取』+『無料見積もり』ができます。

まずは、買い取ってもらえるか確認してみましょう!

エアコンメーカーを選ぶ際の注意点は?

シェア率の低いエアコンは選ばない

大手の家電メーカーだといって過信は禁物です。

メーカーによって得意分野が違うのでエアコンのシェア率が大きいメーカーを選びましょう!

価格の安さで選ばない

価格が安いだけで、選ばないようにしましょう!

ネットの書き込みなどでトラブルが発生していないか、発生した時には真摯に対応しているかなどチェックも大切です。

対応サイズは余裕を持つ

冷えにくくなるので、部屋のサイズにぴったり合わせたエアコンサイズではなく、少し大きめの部屋に合わせたエアコンを購入しましょう。

ただ安いだけでなく、家庭用のシェアが高いもの、電気代の安さや、デザイン性が良く、冷えやすさを重視して選ぶと良いでしょう!

各エアコンのメーカの違い

日立

しろくまくん

特徴

  • 凍結洗浄

エアコン使用後、急速冷却→解凍し汚れを洗い落とします。

ダスキン

うるさら

特徴

  • ストリーマ

フィルターに付着した菌や花粉、においを分解・除去してくれます。

シャープ

N-〇シリーズ

特徴

  • プラズマクラスターNEXT

空気清浄機能や臭い、カビを抑制してくれます。

三菱

霧ヶ峰

特徴

  • ムーブアイ

AIにより、人や床温度を検知し、適切な体温温度に調節してくれます。

パナソニック

エオリア

特徴

  • ナノイーX

マイナスイオンを放出し、花粉や菌、カビを抑制してくれます。

エアコンを購入するタイミングは?

エアコンを購入するタイミングは・・・

  • 新築などで家を建てた(引っ越した)
  • エアコンが壊れた
  • 暑くなってきた(寒くなってきた)

という理由からでしょう。

ほとんどの方が、5月からエアコンを購入する人が増え始め、7月8月はエアコンコーナーに人でいっぱいになるので、みんなと同じ時期にエアコンを買わないようにしましょう!

エアコンを夏に買ってはいけない理由

安く買えない

だんだんと気温が高くなる5月くらいから、エアコンのチラシがよく入ってくるようになるので、エアコンが安いと思ってしまいます。しかし、安い値段にした台数限定品を買えなかった人に高いエアコンを買ってもらうことが、目的なんです!

5月以降は、各メーカーから販売された新型エアコンばかりが並んでいますので新旧のエアコンが混在している3月~4月にかけての方が価格交渉もしやすくなります。

ゆっくり話を聞けない

5月くらいから増え始め、7月を過ぎたころにピークを迎えるので、この時期の電気屋は、ピリピリモードです。

話を聞けたとしてもスタッフも次々に押し寄せるお客の対応に追われ、ゆっくりと話を聞くことができません。

エアコン担当者を見つけられない

多忙な時期に来られるお客さんの対応をするためにお店側は店員の数を増やしますので、それだけ説明してもらえる順番が早く回って来ます。

しかし、詳しくないので専門的な話になるたびに担当のスタッフに聞かなくてはならなくなりますので、結局手間がかかってしまいます。

値段の交渉がシビア

多忙な時期は、お店側もエアコンの台数をたくさん売ることに必死なので、 ゆっくりと値段交渉ができません。

お店側も『時間をかけずに買ってくれるお客様』を優先してしまいます。

希望のエアコンが買えない

多忙な時期にせっかく気に入った機種を見つけたとしても在庫切れになることが多々あります。

なので、在庫のあるエアコンを選ぶ購入方法に変更になり、なかなか自分の予算に合った最適な1台を選ぶことができません。

希望の日にエアコンをつけられない

多忙な時期にエアコンの工事を頼んでもすぐには取り付けられないこともあります。

欲しいエアコンがあっても早く取り付けができる電気屋さんで購入することになりかねません。

雑に工事されてしまう

多忙な時期にエアコン工事を依頼すると、工事業者の人も多くのエアコンを取り付けなければなりません。なので、1日に多くのエアコンを取り付けたいので、一人のお客さんにかかる時間を減らすことになりかねません。

いつもより作業を手早くする分、ミスも起きやすいです。

まとめ

買ってはいけないエアコンについてお伝えしました。

エアコンを購入する理由は、皆さん、様々です。エアコンを購入するお店やタイミングなどには注意して、後悔しないエアコンを購入するようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました