このようなWi-Fiルーターを買ってはいけない【おすすめ機器と豆知識】

自宅に通信機器が増えていくと、Wi-Fiルーターを置いた方がいいと思い購入しよう考えますよね。

しかし多種多様な機種があり日々進化しているので、実際に自分にはどれが良いのか、なかなか分からないですよね。

間違って買ってしまい使い勝手が悪く後悔しないようにするには、どうすれば良いのでしょう。

そこで、この記事を読むと分かることは

  • Wi-Fiの種類
  • Wi-Fiルーターの違い
  • Wi-Fiルーターの選び方
  • 買ってはいけないWi-Fiルーター
  • 建物別おすすめのWi-Fiルーター
  • 豆知識・Wi-Fi置き場所

というような、Wi-Fiルーターについての悩みを解決できるようになっています。是非参考にしてみて下さいね。

Wi-Fiルーターとは・・

パソコンなどネットワーク接続が出来る機器をインターネットに接続するときのケーブルを有線LANといい、配線のない接続技術を無線《コードレス》LANと言います。この無線LANのことをWi-Fiとよびます。

外では街中にさまざまな、誰でも使えるFreeWi-Fiがあり、節約のためにフリーWi-Fiを探したことないですか。とても便利ですね。

家の中では印刷機器やカメラなどの情報をやりとりする時にも、無線LAN・Wi-Fiを使っています。

街中や家の中に目には見えないですが、たくさん張り巡らせていますね。

無線LAN・Wi-Fiでインターネットを利用するには必要な物があり、それは電波の送受信を行いLANとの仲介するものです。それがWi-Fiルーター無線LAN親機とも呼ばれています。

Wi-Fiの種類

Wi-Fi規格 最大速度 周波数
IEEE802.11a 11a Wi-Fi 54Mbps 5GHz
IEEE802.11b 11b Wi-Fi 11Mbps 2.4GHz
IEEE802.11g 11g Wi-Fi 54Mbps 2.4GHz
IEEE802.11n 11n Wi-Fi 4 600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE802.11ac 11ac Wi-Fi 5 6.9Gbps 5GHz
IEEE802.11ax 11ax Wi-Fi 6 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz
11aから11axにかけて、新しくなってきています。電波も進化しているのですね。
今では表記がWi-Fi5Wi-Fi6となっているものが、主流となっています。
Wi-Fiの電波は規格の種類があって、それぞれ速度がちがいます。

Wi-Fiルーターの違い

家で使うホームルーターは、Wi-Fiの種類によって使えるルーターも違ってきます。

性能の違いに対応できる速度の速さにより、価格にも差があるのです。ゲーミングや株の変動取引に支障がでない商品で、ネット速度が速くて安定して提供できるルーターが必要になり、高価なものになります。

  • 自宅に引かれた光回線を中継器使う、有線と無線・Wi-Fiが両方使える、据え置くタイプ
  • ネット回線がなくても使用できるバッテリー内蔵の、モバイルタイプ
  • 家の中で置くだけのWi-Fiルーター、ホームルーターがあります。

用途によって使い分けたりすることがあります。例えば、モバイルタイプのように持ち運びができて外出先でも使えるWi-Fiルーターは外出先で仕事することが多い方には、とても便利で人気です。

アンテナの形状も違いがあり、外付けタイプと内蔵タイプがあります。

外付けタイプはアンテナを倒すことで、電波を縦方向に飛ばせる特徴がありますがアンテナ分の場所が必要です。

逆に、内蔵タイプはアンテナがない分コンパクトですが、縦方向に電波が飛ばせないのでワンフロアに向いています。

Wi-Fiルーターの選び方

家に引き入れているネットワークが最大に利用できるように、合っている商品を選びましょう。

タイプ別のおすすめルーターをご紹介します。使う自宅の広さや、間取り・形状によって参考にしてみて下さいね。

通信機器の台数を把握して、まだ増える予定も考慮しておくことが大切です。

買ってはいけないWi-Fiルーター

光回線の通信がIPv6対応で届いている状態なのに、規格が古い機種や通信速度の遅いタイプは買ってはいけない。(契約している回線に合った機種やv6対応やWi-Fi6対応のものを買う)

広い範囲で壁や家具など障害物が多いのに、速さを求めて5GHzのみの製品を買ってはいけないです。(壁など障害物には2.4GHzもある両方対応のものがよい。)

一戸建てのように○階層で使用する場所なのに、内蔵アンテナタイプを買ってはいけない。(アンテナ外付けタイプで、向きを変えて縦方向に届く範囲を広げる)

契約している会社で、安くレンタル出来るWi-Fiルーターもありますが、しっかりと貸し出ししてくれるWi-Fiが合っているものか確認しましょう。必ずしも、IPv6対応のものを貸し出してくれるとは限りらないのです。

おすすめWi-Fiルーター

それぞれの機種によって特性や機能が違うため、今の住環境や接続する台数を考えて参考にしてみて下さいね。

転送速度の速いおすすめルーター

NECのプラットフォームズ WX5400HP
内蔵アンテナタイプで、素早く電波を届けるビームウォミングが搭載されている。転送速度は最大4804Mbps(5GHz帯)+最大574Mbps(2.4GHz帯)で電波が届きにくい部屋でも快適なWi-Fiが利用でます。

バッファロー BUFFALO  WSR-5400AX6S
転送速度は最大4803Mbps(5GHz帯)+最大574Mbps(2.4GHz帯)とハイエンドモデル並みのスペックながら価格13,980円とコストパフォーマンスが良い
メッシュWi-Fiが標準規格で広い範囲をカバーすることが出来る。

同時接続数が多いおすすめルーター

バッファロー BUFFALO WXR-2533DHP2
4本のアンテナが可動式で高感度なので、3階建てなど縦に長い横に広い住宅や建造物に合わせて角度を変えて効率よく電波をひろうことができます。

高速10GbSの回線サービス使っている場所

バッファロー「AirStation WXR-6000AX12S」
転送速度は最大4803Mbps(5GHz帯)+最大1147Mbps(2.4GHz帯)と、Wi-Fi 6対応ルーターで最速。価格は26,901円高めの商品となっています。人数12人36台接続できることで、企業や家族が多くそれぞれがいくつも接続機器を使う方にオススメです。

 

【豆知識】

Wi-Fiルーターには、性能を悪い置き場所がある。速度を倍にする置き場所をお伝えします。

床置き・Wi-Fiルーターの周りが囲む・部屋の隅・窓際に置くことは避けましょう。
水槽の近くは通信速度が低下し遅くなります。
電子機器の近くに置くことで電子レンジやテレビは特に電波障害が起きますのでNGです。
床から1~2mの高さの台の上に置くことや、天井から床へと取り付けた板の間に取り付けて周りには電子機器がなく障害物に囲まれてない場所が、快適にインターネットを利用するための設置場所のオススメになります。高さがかなりのポイントで倍の速度の違いです。
どうしても設置場所に困る場合には、ビームフォーミング機能があるものや、電波強度が高いルーターの購入をおすすめします。
Wi-Fiに進化しているセキュリティー機能があり、最新の規格は”WPA3”となっており、新しい認証技術で強度の高い暗号キーとなってます。

 

買ってはいけないWi-Fiルーターについてのまとめ

調べるとたくさんの種類にタイプのWi-Fiルーターがありました。

購入時には迷われると思いますが、余裕を持った接続機器の台数に、設置する建物の構造に対応している製品を選ぶポイントになります。そして、契約している回線の種類にあったWi-Fiルーター選びが大事になります。

また、設置場所も目立たない所を選びがちで棚の中に置いて隠すこともありますが、電波が弱まります。

通信の内容が盗聴されないように、第三者が無断でネットを利用したりしないように、セキュリティー機能がしっかり付いている製品をおすすめします。

ネット回線が遅い理由の1つとして、Wi-Fiルーターがあげられます。

回線の規格にあったもの場所を変えても変わらないようでしたら、他の原因のLANケーブル規格、回線の見直しが必要となります。

ぜひ購入される際の参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました