【考察】マコなり社長が語る!コンビニで買ってはいけない商品 その理由は?

マコなり社長は、日本最大級のプログラミングスクール「TECH CAMP」を運営する株式会社divの代表取締役。

チャンネル登録者数 90.6万人を超えるビジネス系YouTuberとしても活動しており、生産性に異常なほどのこだわりを持つストイックさが人気の秘訣だと思います。

マコなり社長のスカッとした語り口調は、聞いていて気持ち良く好印象です。話の内容が面白く、頭の回転の速さに感心します。

そんな起業家であり人気ユーチューバーであるマコなり社長は、普段から「ある3つのこと」を避けるように生活しています。

それもかなりストイックに!

この3つの観点をもとに、コンビニで買ってはいけないものを選定します。

今回の選定にあたり、以下の2つについては論点にしません。

  1. 添加物の危険性
  2. 発がん性物質

どちらも諸説があり言い始めるときりがないからです。添加物に関しては、国の基準に従って使用が厳密に管理されているので、そこまで神経質になることはないのではないかと個人的には思っています。

コンビニで「買ってはいけない商品」は2つのシリーズに分けました。
基本やめとけシリーズ
絶対にやめとけシリーズ

それでは、マコなり社長が普段から「避けるようにしている3つのこと」から順番に紹介したいと思います。

マコなり社長が普段から避けるようにしている3つのこと!

コンビニで「買ってはいけない商品」を選定するにあたり、これから紹介する避けるようにしている3つの観点の基準が前提になります。

  1. 偏った栄養バランス
  2. 血糖値の急激な上昇
  3. 脂質の取りすぎ

そのストイックすぎる観点の基準を1つ1つ見ていきましょう。

偏った栄養バランス

当たり前ですが、食事で1番大切なことは栄養のバランスです。食事のバランスが偏ると、体調を崩しやすくなったり肌荒れがします。

できる男は、肌荒れまで気を使っているのですね。

今から紹介するような食べ物を普段から食べている人は、相当栄養バランスが偏っていると思った方がいいですよ・・・

血糖値の急激な上昇

血糖値の急激な上昇は、健康の観点や仕事の生産性を高める観点のどちらとも避けた方が良い。肥満や生活習慣病になりやすく、眠気が来て仕事に集中できないというデメリットがあります。

血糖値を上昇させるのは主に糖質です。

マコなり社長は、仕事に集中するために朝昼はできるだけ糖質は取らないようにしているそうです。さすが生産性の鬼ですね!

脂質の取りすぎ

脂質の取りすぎは、カロリーオーバーしやすく、消化にも脂は時間がかかるので胃もたれしやすくなるという点から避けた方がいいです。

脂質も糖質と同じで、取りすぎは健康を害し仕事に支障をきたすので避けた方が良いです。

この3つの観点をもとにコンビニで「買ってはいけない商品」を紹介します。

コンビニで「買ってはいけない商品」基本やめとけシリーズ

基本やめとけシリーズは、絶対に食べるなよとは言わないけど基本買わない方がいいよと思っているものを紹介します。

・おにぎり
・サンドイッチ
・ゼリー飲料
・甘いヨーグルト
・甘いスイーツ・アイス・チョコレート菓子
・スナック菓子

マコなり社長は語ります。このシリーズのものを仲間が食べていたら、仲間を守るために代わりに食べると言われるほど危険だと。

いやぁ~、ストイックすぎます!

おにぎり

コンビニと言えばおにぎりというイメージがありますよね。周りを見ているとお腹をいっぱいにするために、とりあえずおにぎりを買っている人がいます。

マコなり社長はそんな人を「おにぎりイーティングマシン」と名付けます。

運動をしている人を除いて基本的に「白い炭水化物」は極力控えた方がいいと語ります。糖質制限の考え方ですね。

白米は、栄養がそぎ落とされた「丸裸の無課金ユーザー」と例えます。

食物繊維やミネラルが全部そぎ落とされている白米は、玄米や雑穀米と比べると、GI値がたかくて血糖値も上がりやすい傾向にあります。

【ポイント】白米より、雑穀米か玄米を食べるようにするとGoodです。

サンドイッチ


サンドイッチはヘルシーだと勘違いしていませんか?

サンドイッチのパンは、おにぎりと同じで白い炭水化物です。しかもパンにはバターやマーガリンがたっぷりと塗られているので脂質も多くなります。

カツサンド、チキンサンドなど揚げ物を挟んだものはカロリーの取りすぎを招きます。

マヨネーズや油が大量に使われているたまごサンドやツナサンドを「隠れたステルスモンスター」と名付けています。

ちょっと笑っちゃいましたけど、納得です。

【ポイント】レタスサンドなどにしましょう。

ゼリー飲料

ゼリー飲料は、時間がない時に手っ取り早くクイッと栄養補給ができるので飲んでいる人も多いと思います。

特にエネルギー補給を売りにしているタイプのものは、砂糖水を飲むのと同じだと・・・

ゼリー飲料は、固形の食べ物より吸収が良く血糖値は急上昇します。消化が早く腹持ちが悪いし
咀嚼もまったくないので、満腹中枢が刺激されないのです。

【ポイント】カロリーを早く取りたい時は役に立つので、マラソン大会や食事がのどを通らない時に利用すると良い。

甘いヨーグルト

ヨーグルトは体にいいから大丈夫と思って食べていませんか?マコなり社長は、甘いヨーグルトはお菓子だと警告。

ヨーグルトは甘くないとおいしくないと思っている人は、砂糖がジャブジャブに入った食品に慣れ過ぎてしまっているとのこと。

無糖のギリシャヨーグルトをおすすめします。これ以外はお菓子で、白いとろみのある砂糖汁!基本的に糖質の取り過ぎがいけないということですね。

【ポイント】無糖のヨーグルト・ギリシャヨーグルトを選ぶ。

甘いスイーツ・アイス・チョコレート菓子

当然のこと甘いお菓子には、砂糖が恐ろしいほど使われています。

それに基本スイーツなどは、脂質も多いのでカロリーも高く血糖値も爆上がりします。こちらも同じく糖質や脂質の取りすぎでアウトですね。

【ポイント】時々の楽しみやちょっとした糖質補給として甘いものを買いたい時は、おおくても100~200㎉くらいまでにしておきましょう。

スナック菓子

スナック菓子は、糖質の塊をさらに油で揚げ散らかしています。こちらも糖質&脂質の塊。

スナック菓子の怖いところは永遠に食べ続けられてしまうところです。気付いたら食べ過ぎてしまう人を「エンドレススナックイーティングマシン」だと・・・

マコなり社長は、ジャガビーが好きだそうです。

スナック菓子は、塩分もすごく多いので体がむくむ原因にもなります。

【ポイント】半分残す

コンビニで「買ってはいけない商品」絶対にやめとけシリーズ

絶対にやめとけシリーズは、「何があっても買うのはやめとけ」とマコなり社長が思っているものです。

特に中毒になりやすいものを選んでいます。

・菓子パン
・ホットスナック
・お弁当
・カップ麺
・甘いジュース・甘いコーヒー

それぞれ見ていきましょう。

菓子パン


菓子パンは地獄の食べ物です。手軽に手に入るので、つい食事代わりにしてしまっている人がいるんです。

菓子パンは、食事ではなくその名の通りお菓子です。

マコなり社長は、菓子パンとおにぎり1個を昼食にしている人を見ると、羽交い締めにして止めたくなるそう。

消化吸収もよく腹持ちが悪くてすぐにお腹もすきます。また食べちゃう「エンドレス菓子パンイーティングマシン」!

菓子パンが何より怖いのは、中毒性があることです。
砂糖が大量に使われているので習慣的に食べるようになると本当に抜け出せなくなります。

まさにそうなっている自分が恥ずかしくなります。明日からやめようと思う今日この頃です。

たばこやドラッグがやめられないのと同じメカニズム!

全体的に言えることは、砂糖には強烈な中毒性があることです。

【ポイント】極力避ける!

ホットスナック


レジ横に置かれた「ジャンキングモンスターズ」ホットスナック!

フランクフルト
アメリカンドッグ
から揚げ棒
なんとかチキン
フライドポテト

全部揚げ物油まみれ。ホットスナックは、油を一気飲みしているのと同じだと・・・

それに加えて味が強烈に濃いので、塩分の取りすぎになります。油、塩分、糖質というのは、どうしても人間というのは本質的に求めてしまいがち。

毎回レジ横で見せて買わせようとするコンビニは本当に罪深いです。誘惑がいっぱいで困ったものです。

【ポイント】極力避ける。食べるときは「今から油飲むぞ~」くらいの意識で食べる。他の食事で調節する。

お弁当

毎日コンビニ弁当で食事を済ませている方はいませんか?
・唐揚げ弁当
・焼肉弁当
・チキン南蛮弁当
超ハイカロリーで、味の濃いおかずが入って大量のご飯も付いているのでつい食べきってしまいますよね。

白いご飯主体の食事はやめたほうが良い(マコなり社長的に)。ここ日本いうてな、白米が主食なんです。少し緩めて、取りすぎに注意という解釈でよいと思います。

コンビニのお弁当は、糖質&カロリーオーバーでアウトです。

【ポイント】白米を半分残す。

カップ麵

食べている人をよく見かけますよね。これも糖質、油、塩分の塊です。野菜など一切取れなくて栄養もありません。

特にカップ麵は、塩分過多になります。

日本人の1日の塩分目標摂取量は、男性8g女性7g未満です。カップ麵は、汁まで飲むとだいたい7gくらいの塩分を取ってしまうんです。

なので、カップ麵をどうしても食べたい時は、スープは飲んだらダメです。

味の濃いカップ麵は、中毒性がめっちゃ高いです。特に辛い麺とかカプサイシンというのは、興奮作用があるのでハマります。要注意です。

【ポイント】スープは残す

甘いジュース・甘いコーヒー


カフェラテのような甘いコーヒー飲料や、スカッシュみたいな甘い炭酸飲料・100%果物ジュースなど、何気なく飲んでる人がいますよね。

ここまでは食べ物中心でしたけど、1番ヤバいのはジュースを買っている人です。

甘い炭酸飲料500mlの中には、大さじ5~6杯の砂糖が入っています。液体は消化が不要なので、そのままスッと吸収されて血糖値が爆上がりします。

糖尿病や肥満の原因にもなります。

果物や野菜のジュースなら「体に良さそう」って思うかもしれませんけど、天然の甘味でも糖質はやっぱり糖質なんです。

しかもジュースになって食物繊維が破壊されているので、果物をそのまま食べるよりも血糖値が上がりやすいのです。

マコなり社長いわく、「これは完全な偏見だとわかっていますけど、あんまり食べていないのに痩せていないちょっとお肉が付いているという人はだいたいジュースを飲んでいます。個人的に1番ヤバいのがエナジードリンクですね」

その意見には同感です。私自身も飲み物には気を使っています。

【ポイント】水分補給は水かお茶にしましょう。

コンビニで買ってはいけない商品 まとめ

マコなり社長的思考は、「常に極論を言いたいわけではないよ」ということです。

人間は健康になるために生きるわけではない。からだに悪いとわかっていても楽しみのために食べたり飲んだりすることもあります。

それも、人生の楽しみの一つで必要なんです。

・糖質・脂質・塩分も「取りすぎはダメですよ」!
・栄養バランスが大事

結局は、大事なのはバランスで、糖質・脂質・塩分も「取りすぎはダメですよ」がポイントなんです。

ストイックな内容ですが、どの程度受け止めるのかはあなた次第です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました