美味しいけど買ってはいけないアイスクリームとは?

ひんやり冷たくて美味しいアイスクリーム。コンビニやスーパー・ドラッグストアなどで、迷うほどにたくさんの種類が販売されています。

定番商品から新商品や、季節ごとの限定のものまであり、とても魅力的なデザートですね。美味しいのでついつい、食べ過ぎたりもしちゃうこともあります。

凍っているだけだから、ダイエットしてるけど食べても大丈夫じゃない?食べ過ぎても良いのではって思ったことないでしょうか。

実はダイエット中には気をつけたい事や、買ってはいけないアイスクリームがあるのです。
・アイスクリームの種類
・それぞれの特徴・違い
・身体の健康面
・ダイエット中のアイス
・アイスクリームの豆知識
と言うような、アイスクリームの疑問についての内容になっています。
よかったら、参考にしてみて下さいね。では、見てみましょう。

アイスクリームの種類

アイスクリームは、たくさん販売されていますが、大きく4種類に分かれます。それぞれの特徴と、分けられている基準を見てみましょう。

アイスクリーム

アイスクリームは、乳固形分15.0%以上でそのうち乳脂肪分8.0%以上とされています。

アイスクリームの4種類の中で、一番乳脂肪分が多く含まれているので、ミルク風味が濃厚に味わえて脂肪分でコクがあります。

素材重視で高級感のアイスクリームが多く、値段も他のものに比べると高めな商品になります。

アイスミルク

アイスミルクは、乳固形分10.0%以上でそのうち乳脂肪分3.0%以上含まれるアイスです。

ジャージー牛の生乳を使ったアイスが多く濃厚でコクがありますが、アイスクリームより脂肪分が少ないので、あっさりとした感じ口当たりになります。

しかし牛乳とおなじくらいの乳成分を含んでおり、栄養も同等にあるのです。

脂肪分を補うために植物性脂肪が使われているアイスもあります。

ラクトアイス

ラクトアイスは、乳固形分3.0%以上入っている製品です。ラクトはラテン語で乳を表しています。

安価の植物性脂肪を使うことで乳脂肪分を補っている場合もあるので、商品価格もお手頃な価格が多いでしょう。しかし、カロリー見ると驚くことがあります。

しゃりしゃり感を楽しむ製品や、さっぱりと食べられる製品が多いですね。

氷菓

氷菓は、乳固形分がラクトアイスより少ないものか、入ってないものになります。

かき氷シャーベットのように、じゃりじゃり感しゃりしゃり感の舌や歯で楽しめるアイスですね。甘すぎずさっぱりと頂けます。

厚生労働省の食品衛生法
乳及び乳製品の成分規格に関する省令と、食品・添加物等の規格基準があり基準が定義されている。

代表的などんな商品?

市販されている商品の中で、それぞれ代表的なアイスはどのような商品でしょうか。

アイスクリーム ハーゲンダッツバニラ LadyBorden 価格が高め
濃厚でコクがある
パルム 大山牧場バニラ
アイスミルク 雪見だいふく タイ焼きアイス あっさりとした
ミルク感
ジャイアントコーン
ラクトアイス スーパーカップ やわもちアイス さっぱりだけど
カロリー高め
クーリッシュ ロッテ爽
氷菓 サクラレモン・氷 メロンボール しゃりしゃり感
氷感のアイス
京しぐれ・かき氷 ガリガリ君

同じアイスクリームでも、パルムは乳脂肪分8%でハーゲンダッツは15%となっていて風味も濃厚さも違うので味比べするのも楽しみの1つで、飽きないところですね。

乳脂肪分が多いからといって美味しいとは限りませんが、乳脂肪分の割合で味わいは変わってくるのです。

パッケージに種別を表示が義務づけられています。

身体に影響は?健康面とダイエット

健康面

ラクトアイスは身体に良くないと聞きます。それは、なぜなのでしょう。

理由としてあげられるのが、食品添加物を多く利用しているためです。人工的にミルク感のある美味しさを出していますが、ブドウ糖果糖液糖アナトー色素に酸味料などの添加物を含んでいます。

なのでダイエットや健康面にも注意が必要で、適度な量の摂取が好ましいです。

食品添加物の過剰摂取は、健康に害を及ぼします。
ダイエット効果

アイスクリームは乳脂肪分が多いので、もちろん高カロリーです。ラクトアイスは乳脂肪分が少ないので、ダイエットに良いように思われますが、植物性脂肪で補っているので意外にカロリーが高くなってます。

アイスミルクが低い乳脂肪で作られているので、アイスクリームとラクトアイスよりは太りにくいアイスといえますが、それよりも氷菓乳脂肪分がほとんど使われていないので、ダイエット中には一番手に取りやすいアイスですね。

氷菓は、他の種別よりもカロリーも桁違いで低いので、ダイエットや健康に気をつけている方におすすめです。
低糖質アイスや砂糖不使用の商品もチェックしてみて下さい。
ダイエット中は身体の冷えは代謝や、血流を悪くすると痩せにくくなるので、食べた後は温かいものを取るようにすることをおすすめします。

豆知識

アイスクリーム頭痛って知ってますか?

アイスクリーム頭痛とは、かき氷やアイスなど冷たい飲み物食べ物を摂取してから数秒後に起こります。主に中前頭部に起こりますが、人によっては側頭部や、後頭部の片方のみ痛みが出る方もおられます。

原因としては、血流によるものと三叉神経によるものがあります。

痛みは刺すような痛みや脈打つ痛みなど人それぞれですが、片頭痛持ちの人に多く見られるのです。

予防法は、少しずつ食べることや冷たいものと温かいものを同時に食べる方法がありますので、日頃から起こりやすい人は是非実践してみましょう。

まとめ

美味しくてつい食べ過ぎちゃうアイスクリームですが、色々な種類があるのですね。それぞれに食感や、味わいに口当たりが違うので飽きがこないですね。

しかし、食品添加物を含んでいることもあるので、食べ過ぎには注意しましょう。

ラクトアイスは乳脂肪分が少ないのでカロリー低いと思うのは間違いで、高カロリーで栄養価も低いですので、ダイエットには向かない食材です。

適度な量で、身体を冷やしすぎないように取り入れていくのが健康にも良いので、ご褒美にアイスクリームを食べる感じで楽しみましょう。
タイトルとURLをコピーしました