塩分・添加物がたっぷり?買ってはいけないふりかけ


白ごはんに合わせるおかずがないときに手軽に使える便利なアイテム、ふりかけ。

甘じょっぱいものからスパイシーなものまで数多くの味が販売されており、食事を簡単に済ませたいときはもちろん、お子さんの食が細いときにも大活躍します。

定番は丸美屋の「のりたま」のような乾燥タイプですが、しっとりした食感でごはんになじみやすいソフトタイプも満足感が高く人気です。スーパーやコンビニなどで手軽に購入できるのもうれしいポイントですね。

そんな身近な存在であるふりかけですが、商品の選び方や使い方によっては健康に悪影響を与えてしまうのをご存じでしょうか?

この記事では、ふりかけが健康に与える影響と生活に上手に取り入れるコツをご紹介します。

ふりかけを使うと塩分摂りすぎに?

 

 

 

 

ふりかけによる健康への影響で気になるのが、塩分の摂りすぎになっていないかというところです。

まずは、ふりかけの大手メーカーである丸美屋の「のりたま&バラエティー」を参考に、ふりかけの1食分あたりの塩分量を調べてみました。こちらの商品は、のりたまをはじめとする乾燥タイプのふりかけ人気6種が1食分ずつ個包装されている商品です。

丸美屋の公式サイトにて、各味の1パックあたりの栄養成分表示を確認してみたところ…

1食あたりの塩分量(g)
のりたま 0.22
味道楽 0.19
鮭あおさ 0.24
すきやき 0.21
たらこ 0.40
香味しそ 0.45

                   ※参考:丸美屋公式サイト

1パックあたりの塩分量は0.19~0.45g。

なんと、意外と塩分量が少ないことがわかりました。

ちなみに、ソフトタイプのふりかけの塩分量もチェックしてみましたが、0.3~0.4g前後と乾燥タイプと同じ程度。塩気の強いカリカリ梅入りのソフトふりかけは1食分あたり0.49gと若干多めだったものの、それでも0.5g以上ではありません。

梅干し1個やインスタント味噌汁1杯で約2gもの塩分を摂ってしまうのを考えると、ふりかけはそこまで特別に塩分量が高い食品ではないようです。

気づくと塩分過多に…大袋入りは要注意!

 

 

 

 

 

 

予想に反して、思ったよりも塩分量が少なかったふりかけ。

しかし、それは1食分あたりの量をきちんと守っていれば・・・の話です。大袋を買って目分量でドバッとかけてしまいがちな人は要注意

さきほどの丸美屋の商品だと、1食分2.0~2.5gあたりの量で塩分計算されています。
ソフトタイプなら、1食分は4.0g前後。意識しないとあっという間に超えてしまう量なのです。

健康を気遣うなら、割高でもかけた量がわかりやすい個包装タイプがおすすめ。または、塩分控えめタイプを選択するとよいでしょう。

気になる添加物のアミノ酸

 

 

 

 

次に気になるのが、ふりかけに含まれる添加物。

ふりかけに含まれる主な添加物は、うま味調味料のアミノ酸です。主成分はグルタミン酸ナトリウムなどで、「味の素」として商品化もされている化学調味料です。

通常の使用では健康への心配は少ないとされていますが、過剰に摂取すると発がん性・脳機能の低下・肥満などに影響があるともいわれています。

そして、市販されている多くの加工食品にうま味調味料のアミノ酸が使用されているため、外食やコンビニ利用が多い人は気づかないうちにたくさん摂取している可能性が。

家族や自分の健康のために、できるだけアミノ酸などの添加物が含まれていないナチュラルな原材料のものを選択したいですね。

ふりかけは何歳から使える?

 

 

 

 

お子さんがあまり白いご飯を食べてくれないとき、ふりかけをかけると喜んで食べてくれることがありますよね。アンパンマン・プリキュア・仮面ライダーなどのキャラクターふりかけも多く販売されているので、お子さんにとってもふりかけは身近な存在です。

家庭ではもちろん、幼稚園や保育園、小中学校の給食にも登場しますよね。

パッケージを見てもとくに「何歳から」といった注意書きはありませんが、こういったキャラクターふりかけは何歳頃から使用してよいのでしょうか。

 

 

 

 

丸美屋公式サイトのQ&Aによると、キャラクター付きのふりかけは離乳食完了後の1歳前後から使用できるようです。

離乳食完了前のお子さんにふりかけを食べさせてあげたいときは、生後9か月頃から使用できるベビー向けの商品が和光堂やピジョンから販売されているのでそちらを使用しましょう。

赤ちゃんのために塩分ひかえめに作られており、アミノ酸・着色料・保存料などが無添加のものが多いですよ。

まとめ

 

 

 

 

手軽に白ごはんにおいしさをプラスできるふりかけですが、ついクセになって頻繁に使ってしまう人は要注意です。塩分や化学調味料の摂りすぎが気になる人は、個包装や減塩・無添加タイプを選ぶなど上手にふりかけを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました