買ってはいけないジェルインクボールペン!その理由は?

「書きやすいボールペンを探しているけど、どれを買えばよいかわからない」

「にじんだり、かすれたり…何か良い商品はないかなぁ…」

そうやって悩んでいる方はいませんか。

コンビニや書店など、どこにでも売っているボールペン。

しかし種類が多すぎて、どれを選んだらよいのかわからない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ボールペンのインクの種類は、大きくわけて3つあります。

使用する用途により、向き・不向きがあり特長を知っておくことで、使いやすいボールペンが選べるようになります。

自分に合うものだと、字もキレイに見えますし、たくさん書いても手が疲れにくいです。

それではどんな商品があるのか、一緒に学んでみましょう。

ボールペンのインクの種類

ボールペンのインクには、大きく分けて「油性」「水性」「ジェルインク」の3種類があります。

それぞれに特色があるので、長所や短所を詳しく調べてみました。

「油性」

長所:耐水性に優れている。にじみにくい。

短所:書き味のなめらかさが劣る。かすれやすい。

「水性」

長所:なめらかな書き味、かすれにくい。

短所:にじみやすい、色素が染料のものは耐水性が弱い

「ジェルインク」

長所:なめらかな書き味、かすれにくい、にじみにくい、耐水性に優れている

短所:速乾性が弱い

上記で比較してみるとわかるように、「油性」と「水性」の長所を兼ね備えているのが「ジェルインク」と言えるでしょう。

しかし、ジェルインクにも弱点はあります。

それはどのようなところなのでしょうか。

ジェルインクの弱点

① 乾きにくい

「油性」に比べて、「ジェルインク」は乾くのが遅いです。

もともと水で作られているので、どうしても液体っぽさが残ってしまいます。

字を速く書く人は、手にインクがついてしまうことがあるので、あまり向かないかもしれません。

そんな方は油性を選ぶ方がよいでしょう。

最近では速乾性のあるインクも開発されているので、後ほど紹介します。

② インクの減りが早い

さらさらと書き心地のよいジェルインクですが、インクが無くなるスピードは油性のものと比べて倍くらいに感じます。

ボールペン径が大きい(1.0mmなど)ものほど、たくさんのインクを使用するので、無くなるスピードも早くなります。

書いている間に「あれ、もうない…」と何度なったことか。

そんなとき便利なのが、専用の替え芯です。

出張の時や旅行の時など、すぐに買いに行けない場合は、替え芯を一緒に持っておくと安心です。

そして替え芯が販売されている商品を選ぶことも重要なポイントとなってきます。

オススメ商品①サラサ

さらさらとなめらかな書き味が人気のジェルインクボールペンです。

もう10年以上愛用しています。

ラバーグリップもしっかりついていて、長時間書いても手が疲れません。

そして、なによりカラー展開がとっても豊富です。

調べてみたところ、57色も販売されていました。

私は、定番の黒、ピンク、青などをよく使っています。

これだけあれば好きな色が見つかりますね。



ボールペン径の種類も豊富で0.3~1.0mmまであります。

JET PRICE
¥583 (2023/01/29 08:01時点 | 楽天市場調べ)

1.0mmは他ではなかなかないので、太く大きい文字を書きたいときに便利です。

替え芯も販売されています。

本体を捨てずに使えるため、節約ができて、ゴミも減り環境に優しいです。

ペンに貼ってあるシール、もしくは中の芯に品番が書いてあるので、間違えないように購入してくださいね。

品番がわかりにくいときは、本体を持参してショップに行き、文具売り場の店員に尋ねると教えてくれます。

オススメ商品②エナージェル

「スッとかけて、サッと乾く。」がスローガンのぺんてるのジェルインクボールペンです。

ジェルインクの短所である「乾きにくさ」を補った商品です。

初めて使った時は、「ジェルインクなのに、すぐ乾く!」とその開発力に感動しました。

短所を克服するなんてすごいです。

手や書類を汚さずに、にじみにくく、鮮明ではっきりした文字が書けます。

なめらかな書き心地で、すらすら書けるので気持ち良いです。

家族への置手紙にこのペンでメッセージを書いておくと、「老眼でも読みやすい」と好評です。

もちろん替え芯も販売されています。

文具は毎日使うものなので、見た目も大切。

シンプルなデザインは飽きにくく、ビジネスでも使いやすいです。

レトロ可愛いデザインのものをコンビニで発見したときは、つい買ってしまいました。

他にもサンリオのキャラクターとコラボしている商品などがあり、見ているだけで癒されます。

可愛い柄のボールペンは、持っていることで会話がはずむこともあります。

筆者自身もキャラクターもののボールペンを使っていたら、「それ、可愛いねー!どこで買ったの?」と話かけてもらったことがあります。

そのことがきっかけで、コミュニケーションを取ることができ、嬉しい気持ちになりました。

まとめ

いつも何気なく使っているボールペンにも、様々な特長があることを知っていただけたでしょうか。

「油性」「水性」「ジェルインク」

それぞれの用途に適したボールペンを選ぶ事により、作業効率があがり、書くストレスが和らぎます。

そして、字も美しくなり、手も疲れにくくなるのです。

ボールペン選びは楽しいので、カラフルな色のものや太書きのものなど、ぜひいろいろと試してみてください。

あなたのお気に入りの1本が見つかりますように。

タイトルとURLをコピーしました