買ってはいけない、パスタ

世界中で人気をほこるパスタ。

安価でバリエーション豊富な要素から、日本でも多く食べられています。

日本では、パスタの消費量が1世帯あたり平均で3,254グラムもあります。

また都道府県別消費量1位は埼玉県で、4,262グラムと全国平均の1.3倍にあたります。

よくスーパーなどでパスタを買って、家で作るなんて方も多いのではないでしょうか?

お店の前を通ると、いろいろな種類のパスタがあり目移りしてしまいますよね。

そんなおいしくて人気のあるパスタですが、買ってはいけないとされる理由があります。

その理由についていくつかご紹介していこうと思います。

パスタとは

パスタとは、イタリア料理の主要のひとつで、マカロニ・スパゲッティ・ペンネ・ラザニアなどイタリア語で麺食品の総称をいいます。

パスタには大きく分けると2種類があり、マカロニに代表される小型のショートパスタとスパゲッティに代表される麺状のロングパスタがあります。

他にも団子状や板状のものもあります。

イタリアには地方独特のものも含め650種類ものパスタがあると言われています。乾燥パスタが多く市販されていますが、家庭で生パスタを手打ちすることが多いです。

主原料は小麦

主な原料は小麦(たいはんはデュラム小麦)で、他に水、塩、鶏卵などが用いられます。

健康に悪影響?!

食の健康と聞くと真っ先に思い浮かのは、農薬、添加物問題ではないでしょうか?

市販で売られているパスタの原産国を見ていただけたらお分かりですが、海外のものです。

海外で生産されたのちに、日本に輸入されます。

日本で消費されている小麦

農林水産省によると、日本で食べられる小麦食品(菓子、パン、パスタ等)の約85%が外国から輸入されたもので、国産の小麦は14%です。

しかし、残念ながら輸入の小麦には農薬が使われています。

代表的な食品がパスタです。

輸入小麦の食品からは、しっかりと農薬が検出されているのです。(※1

この農薬とは、発ガン性物質があるとされているグリホサートです。

グリホサートとは

世界中で最も使われている除草剤の主成分です。

2015年に、WHO(世界保健機関)の専門家機関がグリホサートを「発がんのおそれあり」と評価したことから世界では規制強化が進んでいます。

しかし日本ではグリホサートの規制を暖和しています。

そのため農地のほか、公園や校庭、街路樹、駐車場などでも散布されており、「ラウンドアップ」などの商品名でホームセンターなどでも売られています。

具体的にどのくらいかといいますと、散布されたすべての植物を枯死し、仮に耐性を持っていても関係なく枯らす強力さを持つほどです。

グリホサートによる被害

グリホサートによって人で関連が報告されている異常や疾患は以下の通りです。

  • 発がん
  • 自閉症などの発達障害
  • パーキンソン病
  • 急性毒性(皮膚炎、肺炎、血管炎など)
  • 肝臓障害、腎障害
  • 生殖系への影響、妊婦期間の短縮

その中でも、発がん性があることについてさまざまな見解があります。

引用:環境脳神経科学情報センター Environmental Neuroscience Information Center

 

さらに農林水産省が調査したグリホサート残留分析では(※2

 

検査点数 検出があった点数 検出率(%) 基準値違反
アメリカ 139 1365 97 0
オーストラリア 37 6 16 0
カナダ 75 75 100 0
フランス 15 2 13 0

 

日本が輸入している小麦の生産国トップ3と比べてみます。

1位:アメリカ(検出率97%)
2位:カナダ(検出率100%)
3位:オーストラリア(検出率16%)

上記のように、グリホサートの検出が多かった国から日本は小麦を輸入をしています。

また、農民連食品分析センターが、2018年10月〜2019年1月にかけて実際に販売されている食パンを購入し、グリホサート残留検査を行いました。

結果は国内販売されているパスタ、小麦粉、食パン、シリアルなど全24製品中、17製品からグリホサートが検出されました。

このような事実があり、日本で売られているパスタは海外から輸入された小麦によって作られています。

安全な選び方とは?

パスタは今や、わたしたちの食生活の一部として浸透しています。

小麦を避けるといった方法は現状厳しいと思います。

ですから、グルテンフリーや米粉などで代替している商品を選ぶようにしましょう。

また、これら以外にも、より安全な小麦を選ぶポイントは国産小麦を買うことです。

国産小麦

日本では小麦収穫の際、意図的に枯らすプレハーベストは認められていません。

そのため国産小麦であれば、グリホサートを避けられます。

ここで注意すべきなのが、国産小麦と謳っている製品でも、いろいろな産地のブランドを混合させている場合が多くあります。

完全に避けることは難しいですが、リスクを最小限にすることはできるでしょう。

まとめ

買ってはいけないパスタの理由についてご紹介しました。

なるべく国産を選んで、食べる際はほどほどにすることが大切ですね。

タイトルとURLをコピーしました