買ってはいけないアンパンマンポテト

子供に大人気のアンパンマン。カレーやふりかけ、お菓子やアイスまで様々な関連食品が販売されています。

その中でも、味の素冷凍食品の「アンパンマンポテト」を冷凍庫に常備しているご家庭は多いのではないでしょうか。特に小さいお子さんがいる方はメインの食事時だけでなくおやつやお弁当にも使えるため、本当に重宝しますよね。

ですがこのアンパンマンポテト、食べ方に注意すべき点があるのをご存知でしょうか。この記事ではアンパンマンポテトとの上手な付き合い方をご紹介したいと思っています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

アンパンマンポテトにはどんな種類がある?

アンパンマンポテトには

・それいけ!アンパンマンポテト

・それいけ!アンパンマンパンプキン

・それいけ!アンパンマンスイートポテト

という3つの種類があります。

この中で「それいけ!アンパンマンポテト」はイトーヨーカドーや、イオン、Amazonなどで購入することが出来ます。

ただ「それいけ!アンパンマンパンプキン」と、「それいけ!アンパンマンスイートポテト」は生協の宅配を利用している方のみ購入出来るようになっています。

この2つの味に興味を持たれた方は、地域で宅配を行っている生協に確認してみると良いでしょう。

アンパンマンポテトの原料は?

それではアンパンマンポテトはどのような原料から出来ているのでしょうか。

それぞれの主な原料と産地を調べてみると

それいけ!アンパンマンポテト

・じゃがいも(日本・アメリカ・その他)

・ぶどう濃縮果汁(アルゼンチン)

・さつまいも(インドネシア)

・かぼちゃ(日本)

・にんじん(日本)

・ほうれん草(日本)

それいけ!アンパンマンパンプキン

・じゃがいも(日本)

・かぼちゃ(ニュージーランド)

それいけ!アンパンマンスイートポテト

・さつまいも(インドネシア)

・じゃがいも(日本・インド・その他)

となっており、極めてシンプルに作られていることがわかります。

食べるときに注意すべきアレルギーは?何歳から食べられる?

アンパンマンポテトにはアレルギー表示がされているのでしょうか。また対象年齢も確認しておきたいですよね。

アレルギー表示

アンパンマンポテトはアレルギー28品目不使用となっています。

公式ホームページによると、1990年に発売されたアンパンマンポテトは何度かリニューアルを行ってきました。

その中で一番大きなリニューアルが、アレルギー特定原材料27品目を不使用としたことだったそうです。

2019年にはさらにアーモンドが加わり、28品目が不使用となりました。

アレルギーのあるお子さんも食べることが出来るのは嬉しいですよね。

何歳から食べられる?

現在のところ、ホームページや商品のパッケージには対象年齢の記載がありません。

ただアンパンマンポテトは油で揚げてあるので、まだ胃腸の機能が未熟な月齢で揚げ物を消化するのは体への負担になってしまいます。

離乳食が完了し固形のものを自分で噛んで食べられるようになる1歳半頃から食べさせてあげると良いでしょう。

アンパンマンポテトで注意しなければならないこと

食の細い子でもぱくぱく食べてくれるというアンパンマンポテト。アレルギーの特定原材料28品目も不使用で、お子さんにも安心して食べさせることが出来ますよね。

ただ、食べるときはいくつか気を付けなければならない点があるようです。

カロリーに注意

アンパンマンポテトの栄養成分を確認してみると、100gあたり299kcalとなっています。アンパンマンポテトは1袋で234g入っていて中身は25~27個入りのようなので、間をとって26個で考えてみると1つあたり9gとなります。ざっくり計算してみると1つあたり約26kcal前後のようですね。

アンパンマンポテトを含む揚げ物を食べられる1~2歳の1日に必要なエネルギーは男の子で1,000kcal、女の子は900kcaです。そしておやつを食べる場合の摂取するエネルギーの目安はその中の10~15%が目安となっています。つまり多くとも150kcal程度ということですね。アンパンマンポテトを6個以上食べるとカロリーオーバーということになってしまいます。

手づかみサイズでお子様が食べやすいアンパンマンポテトですが、食べ過ぎにならないように注意してあげることが大切なようです。

油に注意

アンパンマンポテトは揚げ油で調理済みとなっています。

離乳食が完了し、揚げ物が食べられるようになったといってもすぐに体が適応するわけではありません。揚げ物などは衣をはがして食べさせてあげるのが良いとされています。

そのためアンパンマンポテトも、オーブントースターや電子レンジで調理した後はキッチンぺーパー等でおさえてあげると安心ですね。

まとめ

子供たちの食べ物としてなくてはならないと言っても過言ではないアンパンマンポテト。公式ホームページにはアレンジレシピもたくさん載っており、子供が喜ぶこと間違いなしです。

食べ過ぎには注意しつつも、アンパンマンポテトを活用して楽しい食事の時間を過ごしてほしいと思います。それでは読んでいただいてありがとうございました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
タイトルとURLをコピーしました