買ってはいけないユニクロヒートテック。その理由とは?


寒い季節になりましたが、寒くなってくると、大人気のユニクロのヒートテック
皆さん一枚はお持ちではないでしょうか?

あの、暖かい機能性の高いヒートテックにも危険が潜んでいます。
なぜユニクロのヒートテックを買ってはいけないのか。
誰に、どの場合に、買ってはいけないのかを今回は詳しく説明していきます。

そもそもなぜヒートテックは暖かいの? 化学繊維って


ヒートテックとは素材の名前を指し、繊維界の大手東レとユニクロが共同で開発した素材名です。
ヒートテックはレーヨンとマイクロアクリルという化学繊維で作られており、特にレーヨンの素材の特徴は体から出る湿気、水分を吸着し熱エネルギーに変えることで暖かさを持続させています。

ヒートテックのデメリットは?

確かに暖かいヒートテック。
が上述のように、水分を吸着し、熱エネルギーに変えています。
そのため、水分を吸いやすく、また逃げにくい(乾燥するまでに時間がかかる)素材となっています。
ヒートテックを洗濯した際に、あれ?意外と重いな。と思ったことはないでしょうか?

レーヨンは水分を吸着しやすいのですが、吸着できる水分量が限界に達すると、生地に貯めこんでしまう性質があるのです。

そして他の身近の水分というと、ズバリ汗です。
ヒートテックを着て、温かいデパートや、レストランにいた際、暑くて汗ばんでしまった経験はありませんか?

ヒートテックには、水分を含むと生地が乾燥しにくいというデメリットがあります。
そして水分を含みすぎたヒートテックは生地が乾燥するまでの間は、機能を発揮しなくなるため、汗をかいてもヒートテックが暖かくならず、急に体が冷えてしまうとい状況に陥ります。

肌の乾燥までまき起こす?

ヒートテックの性質上、水分を吸着しやすいということはお伝えしましたが、その性質がなんと肌表面の水分まで奪ってしまう場合もあるのです。

特に日本の冬は乾燥しがちですが、ヒートテックを着る際は十分に保湿をしないと肌までカサカサになってしまう可能性があるのです。

さらに、ヒートテック自身が水分を吸着し乾燥しづらいため、濡れた生地がずっと肌に付着しているのも、お肌にとっては良くないですよね。

アトピーをお持ちの方、肌が弱い方は湿疹や、乾燥が酷くなる恐れがあるため、医師からヒートテックを着ないようにと指示を受けています。
アレルギー体質の方もヒートテックは避けたほうが良いでしょう

本当にヒートテックを着てはいけない人。


ここまで書いていると、ヒートテックが危険なように見えますが、決してそんなことはありません。
着用する場所を選べば、むしろ快適に暖かく過ごすことが出来る優れものです。
汗をかかない寒い場所にいる場合には最適な衣類です。

ではだれに対してヒートテックを買ってはいけないのでしょうか?
それは汗をかくような仕事をされる方と、声に出して不快感を伝えられない赤ちゃんです。
ヒートテックを着て汗をかいてしまったら、大人は調整が可能です。
暑くなったら、汗をかいたら、着替えをもっていけばそれですみます。
ただ、赤ちゃんは不快感を伝えられません。

昔の家には暖房もなく、冬も寒かったために厚着をさせることもよくありました。
ただ、現代は暖房完備のご家庭が多く、家の中でもTシャツ一枚で過ごせるほど温かい家庭も多いと思います。
そんな中、寒いと思い、良かれと思って着せすぎると、赤ちゃんはお母さんの予想以上に暑くなってしまいます。
また、健康な乳児が突然死亡してしまう、乳幼児突然死症候群(SIDS)ですが、厚着のさせすぎも原因の一つと医師会から発表されています。

同じ理由で、ヒートテックを禁止している保育園、幼稚園も多くあります。
汗をかいた子供たちが自分自身で汗の調整が出来ないという理由からです。
必要以上に暑くなり汗をかき、汗を吸収するも、急激に冷えてしまうヒートテックは子供に着せてはいけない衣類と言えるでしょう。

何を着ると一番良いのか?自然素材のコットンって?


ここまでくると、これから厳しい寒さが続く冬に、いったい何を着ればいいの?となってしまいますよね。
安心安全な衣類は、ずばりコットン綿素材です。
コットンは化学繊維ではなく自然な繊維でできています。

レーヨンが水分を吸着しますが、同じくコットンも吸着します。
ただ、レーヨンと違い、コットンは水分を素早く乾燥させる性質があるので、汗をかいてもすぐにさらっとした状態を保ってくれます。
また静電気が起きにくいため、真冬の乾燥が気になる時期にもピッタリの素材です。

コットン製のヒートテックが存在する!?

やはり肌に優しいのは自然素材のコットンということがわかりました。
それではコットン素材のヒートテックはないのか、調べてみました。
調べてみたところ多数ブランドがコットン製の暖かいインナーを販売しています。

無印良品  綿であったかインナー 790円
西松屋   HOT WRAP 3枚組  966円
ベルメゾン ホットコット     790円

無印良品をはじめ多数ブランドから、コットン素材の暖かインナーが発売されていました。
さらに調べるとなんとユニクロも今年からコットン素材のヒートテックの販売を開始していました。

ユニクロ  ヒートテックコットン 990円

『生まれ変わった極暖。肌面100%コットン使用で優しい肌ざわり。
通常のヒートテックの約1.5倍暖かい。』 というキャッチコピーで販売されています。

ヒートテックのように暖かく、コットン製で肌にも優しいのであればいうことなしですよね!
誰が、どのように、いつ、 ヒートテックを着るのかもう一度確認して、安全快適に暖かい冬を過ごしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました