買ってはいけないフリクションボールペン!?使う時は用途や紙に注意!

久しぶりに、友人とのランチの予定が入った。

「11:00 駅前のカフェで待ち合わせ」と手帳に記入。楽しみ。

その後、「やっぱり11:30にしてくれない?」と連絡が。

さっき手帳に書いた文字を書き直したいけど、ボールペンで書いたから消えないし…どうしよう。

このような経験をしたことはありませんか。

普通のボールペンは、鉛筆のように消しゴムで消せませんよね。

そんな時に、役に立つのが「フリクションボールペン」です。

「フリクションボールペン」は、何度も書いて消すことができる魔法のようなボールペンです。

しかし、そんな万能そうに見える筆記具にも用途によって向き、不向きがあるのです。

使い方を覚えてしまえば、こんなに便利な商品はなかなかありません。

そこで、今回はフリクションボールペンの特長を知って、便利に使いこなせる方法を考えてみましょう!

フリクションボールとは?

フリクションボール(FRIXION BALL)とは、株式会社パイロットコーポレーション(以下パイロット)が販売している書いても消せるボールペンのことです。

約30年かけて、書いても消せる特殊なインクを開発したことから生まれた商品です。

「しっかり書けて、きれいに消える」をコンセプトにした画期的なボールペンです。

実際に文字を書いてみると、発色はしっかりでるのに、ペン上部の専用のラバーでこするとインクの色がきれいに消えました。

初めて使った時は、「ボールペンなのに、書いても消せるの!?」と驚いたことを覚えています。

また、消しカスが出ないので、ゴミを捨てる必要がなく、机の上が汚れないところも人気の秘訣です。

それゆえ今では、世界で累計販売本数30億本を突破する大ヒット商品となっています。

開発秘話

「こんなすごいインクをどのようにして開発したのだろう」と、興味を持ったのでその歴史について詳しく調べてみました。

パイロットのある研究者の方が、一夜にして変わる紅葉をみて、「この魔法のような変化をビーカーの中でも再現したい」と思ったそうです。

何度もトライ&エラーを繰り返し、ようやく2005年

ついに「フリクションインキ」が誕生しました。

世の中にないものを生み出す。それが、どれほど大変なことだったか。

そのような研究者の方のおかげで、便利な商品を使えることに感謝と尊敬の念を抱かずにはいられません。

ただそんな「フリクションインキ」にも、その特性により不向きな一面があるのです。

不向きな使い方

摩擦熱を利用して消える「フリクションインキ」には、65℃で色が消え、-20℃で復色するという特性があります。

それゆえ、冷やすと文字が復活してしまうのです。

例えば、冷凍庫にしばらくいれておくと、消したはずの文字が復活することがあります。

逆に高温になる直射日光が当たる場所や、真夏の車中などでは書いたはずの文字が消えてしまうことがあります。

熱で印字する感熱紙も、文字が消えてしまうので不向きです。

つまり、温度による変化をうけるので、消えてしまっては困る重要な証書類や宛名書きなどには使用できないのです。

宛名を書くときに使うと、送り先の住所などを読み取る機械の熱によって、文字が消えてしまうことがあるため使用できません。

また紙によっては、こすることで用紙がボロボロになってしまいます。

そのようなシチュエーションを避ければ、書いても消せるので大変便利です。

アイディアを書き出して、思考を練るときなどにもいいです。

様々な商品ラインナップ

フリクションには、様々な商品が発売されているので、オススメの商品をご紹介します。

フリクションボールノック

発売当初は「キャップ式」の商品が多かったのですが、現在では「ノック式」の商品が主流となってきています。

こちらの方が使いやすいので、筆者はいつも「ノック式」のものを使用しています。

数独問題を解くときや、クロスワードパズルの穴埋めをするときにも活躍します。

何度も書いたり、消したりすることができるので、間違えても安心です。

発色もはっきりしているので、シャープペンシルで書くよりも見えやすいです。

フリクションポイントノック

「フリクションポイントノック」という商品は、はっきりと美しい色がでることが特長です。

書き心地もすらすらとなめらかで、とっても書きやすいです。

芯が0.4と細書きなので、ノートをまとめる時や手帳に記入する時なども、細かく書き込めます。

色の種類も豊富な為、”需要なものはピンク、参考のものは水色”などと使い分けれる所も良いです。

高級感のあるステンレス製のフォルムと、「カラフルでおしゃれな色合いが可愛い!」と特に女性から人気があります。

フリクションライト

さらにボールペンだけではなく、「ラインマーカー」もあります。

勢いよくマーカーを引いてしまって、枠からはみ出てしまったことはありませんか。

そんな時に役立つのが、この消せるマーカーです。

上部のラバーでこすると、引きすぎた線を消すことができます。

◇注意点◇

乾く前にこすってしまうと、インクがにじんでしまうので、完全に乾いてから消すようにしてください。

こまもの本舗 楽天市場店
¥528 (2023/01/25 22:16時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

「フリクションインキ」の特性について、知っていただけたでしょうか。

こすって消えるという便利な一面と、一方で消えてしまうがゆえに使えない場所もあるのですね。

重要な書類や宛名を書くときには注意しましょう。

用途に応じた使い方を学んで、便利な商品はどんどん活用していきたいです。

タイトルとURLをコピーしました