無印良品の買ってはいけない日焼け止めミスト?

無印良品の日焼け止めミストは買ってはいけない?

おしゃれな家具や雑貨、食品が販売されている無印良品。ムジラーと呼ばれる無印良品がだいすきな人たちの呼び名もあるほど、多くのファンがいる無印良品。そんな無印良品が取り扱っているミストタイプの日焼け止めは、実は買ってはいけない!?その理由をご説明します。

当記事では無印良品の日焼け止めミストのメリット、デメリットを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

日焼け止めミストについて

無印良品が販売する日焼け止めミストは、一般的な価格帯と言えます。

スプレーのノズルを押すと、ミスト状の日焼け止めが出てきます。スプレータイプの勢いよくでてくる日焼け止めと違い、やさしくふわっと日焼け止めが出てくる点が特徴です。無印良品の日焼け止めミストには以下のようなメリットがあります。いったいどんなメリットなのか、見ていきましょう

メリット

(1)透明だから肌が白くならない 日焼け止めには色がついていて美白効果のあるものと、透明で肌に色がつかないタイプがあります。

色がついている日焼け止めは塗りムラがあるとその部分が目立ってしまうので、鏡できちんと確認する必要があります。
しかし、無印良品の日焼け止めミストは後者のタイプになるので、体のどの部位にも使用することが出来ます。

また男性の方も抵抗なく使うことが出来ます。最近の猛暑には性別関係なく日焼け止めを使用することは重要です。

(2)こまめに塗りやすい

スプレータイプになっているので、持ち運びがしやすく、お出かけや旅行にも持っていきやすいです。そのためどんな場面でも日焼けを防ぐことが出来ます。

またミスト状ででてくるので、ムラにもなりにくく、肌に均一に塗り広げることが可能です。

クリーム状の日焼け止めのようにべたべたせず、さらりとしている点も塗りやすさにつながるポイントです。

しかしそんな無印良品の日焼け止めミストにも、デメリットが存在します。いったいどんなデメリットなのか、見ていきましょう。

デメリット

(1)ミスト状で出てくるので、塗りたい場所にかけにくい。これはミスト状ででてくるが故のデメリットですね。

例えば、足首に塗りたい場合、ミストは広がって出てくるので足首だけを狙って塗ることが難しいかもしれません。細かい部分には塗りずらいというのがデメリットです。

それに、肌にかからない分まで日焼け止めが出てしまったら、もったいないですよね。

(2)自分で見えない場所が塗りずらい。こちらもミスト状ででてくるが故のデメリットです。

首の後ろや、背中部分など、自分で見えない部分についてはミストがどのあたりにかかったかも確認できないので、満足に塗れずに日焼けしてしまう可能性があります。せっかく日焼け止めを使ったのに、日焼けしてしまったら意味がないですよね。

無印良品の日焼け止めミストには以上のようなデメリットがあります。これらを克服するにはいったいどうすればいいのでしょうか?続いて、これらの対策を見ていきましょう。

デメリットへの対策

無印良品の日焼け止めミストの塗りたい場所にかけにくいというデメリットにはあらかじめミストを手に出してから塗りたい場所に塗るという対策をとることが効果的であると考えられます。

理由は、そうすることで無駄なく日焼け止めを使うことが出来るからです。

手に出す時は吹き出し口に手を近づけておくことで、ミストを全て手に集められると思います。

無印良品の日焼け止めミストの自分で見えない場所が塗りずらいというデメリットには鏡を見ながら塗る、人に確認してもらうという対策をとることが効果的であると考えられます。

自分が見えない位置の日焼け止めは、何とか工夫することで位置を確認することが重要です。特に首の後ろは自分では見えませんが、人からは良くみられる部位になるので、日焼け止めの塗り忘れがない様に気を付けましょう!また日焼け止めが服に着くと、その部分の生地が変色してしまうこともあります。
そうならないためにも、日焼け止めを確実に塗りたい場所に塗ることは非常に大切です。人に確認してもらう、という対策については一人暮らしの方は難しいかもしれません。

しかし、家族と住んでいる方や同棲している方など、家に自分以外の人がいる場合にはその人に塗り漏れがないかを確認してもらうことで、こちらのデメリットを解消することが出来ます。

以上のように、効果的な対策をすることで、無印良品の日焼け止めミストのもつデメリットを防ぐことが出来ます。

無印良品
¥790 (2023/01/25 15:53時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

無印良品の日焼け止めミストには透明だから肌が白くならないまめに塗りやすいというメリット、塗りたい場所にかけにくい、自分で見えない場所が塗りずらいというデメリットがあります。

しかしこちらのデメリットに対しては工夫することで問題なく使えるということが分かりました。

当記事が読者の方の無印良品の日焼け止めミストの購入にあたって、少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました