ヘビーローテーションのカラーリングアイブロウを買ってはいけない!??

皆さんはどのコスメブランドの眉マスカラを使っているでしょうか。

有名なブランドからプチプラまで多岐にわたるでしょう。
そのなかで、買ってはいけない商品とぜひ皆さんに買ってほしい商品をご紹介したいと思います。

買ってはいけない眉マスカラ


私が思う買ってはいけない眉マスカラはヘビーローテーションのカラーリングアイブロウです。コスメ好きであれば知らない方はいないのではないでしょうか?

@cosmeベストコスメアワードに殿堂入りするほどの人気商品ですが、そんな商品にも欠点があるのです。

地肌につきやすい

私が思う一番の欠点は地肌につきやすい点です。時間に追われている朝にメイクで失敗してしまうと焦りますよね。
そのようなことが起こらないようにも、これを一番重要視していただきたいです。

個人差もありますがブラシのサイズが大きいためか地肌につきやすいように感じます。

そのうえ地肌についてしまった眉マスカラは落ちにくく付着した近くの肌の色が不自然になってしまうので使う際には注意が必要です。

メイクに慣れている方であれば、眉マスカラが地肌についてしまうことが無いかもしれませんが、メイク初心者の方でしたら厳しいかもしれないです。
そのためメイクを始めたばかりの方にはあまりお勧めしません。

ブラシのサイズが大きい

先ほども書きましたが、ブラシのサイズが大きいため細かく丁寧に塗るということが難しいです。同じ経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

全体に軽く色をつけることが目的であればこれを使用していただいてかまいません。ですが、効率性を考えると他のものを買ったほうがいいように感じます。

そこで私が個人的におすすめしたいのは、ブラシが細くサイズが小さいものです。眉が濃い方や細かいところまで塗りたい方は、自由自在に扱える細く小さいブラシのものを買うことをおすすめします。

見た目が不自然

細かいところまで眉を塗ろうと何度も重ね塗りすると見た目が不自然になってしまいます。
これは私の実体験なのですが、ふわふわとした自然な眉を作りたいのにパリパリした眉が出来上がりました。

何度も重ね塗りしなければいいじゃないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、先ほども書いたように大きいブラシだと細かいところまで塗ることができないので二回程度軽く塗っただけでは眉の色にムラがでてしまうのです。

眉毛の印象は顔全体の印象を変えてしまうといわれるほど眉毛は大事なパーツの1つです。そんな眉がパリパリしていたらせっかくの可愛いメイクが台無しになってしまいますよね。
苦い思いをしないで済むように眉マスカラは慎重に選びましょう。

イチオシ!K-パレットのニュアンスブロウマスカラ

ここで、皆さんにおすすめしたい商品をご紹介させていただきます。
私が紹介するのは、K-パレットのニュアンスブロウマスカラです。


<クオレ株式会社 公式>
この商品は4色カラー展開となっています。
カラーは、01フォギーミルクベージュ、02フォギーピンクブラウン、03フォギーブラウン、04フォギーグレージュです。

それではここから、K-パレットのニュアンスブロウマスカラをおすすめしたい理由について書かせていただきます。

4色展開

眉マスカラに関しては自分の髪色に合わせて色を変える必要があるので4色もあると眉毛の色に変化をつけやすいです。

私は髪色は茶色、でもメイクをピンクっぽくしたいときは眉マスカラは02のフォギーピンクブラウンにするなど自分の容姿に何色が似合うのかを考えながらメイクをしています。

眉の色を消してくれる

この眉マスカラは、眉の色を9割形消してくれます。
これは1番の強みと言ってもいいかもしれません。

私自身、眉毛が黒く太いため困っていたのですが、この眉マスカラを塗ると本当に眉毛の黒さが消えました。
そのため茶髪やハイトーンの髪色にも合わせやすい眉が完成します。

また、細く小さいブラシなのでブラシにつくマスカラの量が程よく、眉に塗りすぎる心配がありません。
そのためパリパリとした印象の眉ではなくふわふわとした理想的な眉を作ることができるのです。

騙されたと思って一度試してみてください!

塗りやすさ

一言でいうと、どの眉マスカラよりも塗りやすいです。
ミニブラシであるため初心者でも扱いやすく、また慣れてきたら肌につくことがほとんどありません。
ミニブラシ最高!!と叫んでしまいたくなるほどの使いやすさです(笑)

そして眉の毛並みを整えることもできます。自分の思い通りに眉の形を整えられるので気分上々間違いなしです。
毛並みを整えながら眉の色味を調整できるのは一石二鳥と思いませんか??

落ちやすさ

この項目に関しては利点とも欠点とも言えます。
少しこすったら落ちてしまうので、失敗したときにやり直しやすい、またメイク落としの時に楽というのが利点です。

その一方で落ちやすいので、外出しているときに眉毛を気にするタイミングが多くなるかもしれません。

値段

デジャヴュのアイブロウカラー、ヘビーローテーションのカラーリングアイブロウと同じ値段設定となっています。

破格的な安さではありませんが、学生でも買いやすいのではないでしょうか。

K-パレット(K-Palette)
¥880 (2023/01/21 21:01時点 | Amazon調べ)

眉マスカラを購入するときのポイント

眉マスカラを購入するときは、①ある程度有名な商品であるか②ブラシのサイズはどうか③色味が自分に似合うものか④値段と内容量が釣り合っているかの4点をチェックしましょう。

①ある程度有名な商品であるか
これに関しては、使用している人が多いほどいい商品である傾向が高いためです。
しかし有名な商品が全ていい商品だとは限りません。
大衆の意見も大事ですが、何を買うのかの最終的な判断は自分ですることをお勧めします。

あとは、ネットでレビューを見るのもおすすめです。すべてのレビューを信用する必要はありませんが購入するうえで多少は役に立つので困ったときはネットに頼ってみるのも一つの手です。

最後に

いかがだったでしょうか。
今回は、買ってはいけない眉マスカラ・おすすめの眉マスカラについての記事を書かせていただきました。

今回の記事を参考にして、ご自身に合った眉マスカラを探していただけたら嬉しいです!!

タイトルとURLをコピーしました