買ってはいけない すき家の牛丼メガ!健康に良くないその理由とは?

大手牛丼チェーン・すき家の牛丼、ボリューム感があってとても美味しいですよね。

すき家ではミニ・並盛・中盛・大盛・特盛・メガと全6種類のサイズの牛丼が並んでいます。

今回はその中で最も大きな牛丼メガについての検証です。

特に常日頃肉体労働に励んでいる方などは、ガッツリお腹を満たしたいお昼時にメガサイズを注文するのもよくあることでしょう。

空腹時はとにかくボリューム感のあるものをたらふく食べたい、その気持ちは筆者もよく理解できます。

しかし、ちょっと冷静になって考えていくとそこには健康面で思わぬリスクが潜んでいることが見えてくるのです。

今回はなぜすき家の牛丼メガを買ってはいけないのか、その理由について詳しく迫っていきます。

牛丼メガを買ってはいけない理由は?

まずは牛丼メガを買ってはいけない理由について見ていきましょう。

単刀直入に申し上げますと、牛丼メガはカロリーを始めとする栄養素があまりにも高すぎて身体に良くないのです。

それぞれの成分量を一つずつ見ていくと、明らかに1日の摂取基準目安に見合わない量が含まれていることがわかります。

よって、牛丼メガをたった1杯食べるだけでも身体に大きな負担がかかるのです。

それが日々積み重なっていくと、やがて将来様々な健康被害を及ぼすことが予想されます。

手っ取り早く空腹を満たしたいという目先の欲望に負けて、習慣的に牛丼メガを食べてしまうのは危険です。

未来の健康のためにも正しい知識を持ち、栄養価が極端に偏った食品を極力避けていきましょう。

ここから牛丼メガの特に気になる問題点を一つずつ検証していきます。

カロリーが摂取目安の半分以上

牛丼メガ1杯当たりのカロリーは1,458kcalです。

成人男性の1日のカロリー摂取基準はおよそ2,500kcal、女性が2,000kcalほどとされています。

上記に照らし合わせると、なんと牛丼メガを1杯食べるだけで1日分のカロリー半分以上にもなってしまうのです。

このカロリー摂取基準はあくまで平均的な目安であり、在宅ワークなどで普段運動量の少ない方ですとさらに少なくなります。

栄養バランスを考えると、野菜や果物など他の食品もできるだけ取り入れたいところですよね。

そうなるとやはり1杯だけでお腹の余裕がなくなってしまう牛丼メガは避けるのがベストでしょう。

脂質が1日の限度量オーバー

牛丼メガ1杯に含まれる脂質は71.0gです。

1日の脂質の摂取量は大体40~60g程度が理想とされていますので、この基準から見るとたった1杯で1日分の限度量をオーバーしてしまいますね。

脂質の摂りすぎによる影響は肥満・脂質代謝異常・動脈硬化などが挙げられ、糖尿病の恐れなども出てきます。

そして血液中のコレステロールも増加しますので、循環器疾患の危険性も高めるのです。

三大栄養素の一つである脂質は人間の体に必要不可欠な物ですが、現代人の食生活においては過剰摂取になってしまっています。

食用オイルやお魚など多様な種類の脂質を摂りたいところですので、あまりに極端な量を含んだ牛丼メガはなるべく控えておきましょう。

塩分が多い

牛丼メガ一杯の食塩相当量は5.9gです。

そもそも日本人は塩分の摂りすぎだとWHO(世界保健機関)からも指摘されており、1日6g未満に抑えることを推奨しています。

そう考えますとこちらも明らかな塩分過多であり、日常的に何度も食べるのはさすがに不安ですよね。

塩分の摂りすぎは血圧を上げることでよく知られています。

それによって引き起こされる病気は主に脳卒中、心臓病などです。

特に脳卒中は長年日本人の死因第1位とされてきました。

救急医療が発達したことで近年死亡者数は減少傾向にありますが、依然患者数自体は多いのが現状となっています。

塩分の摂りすぎに細心の注意を払い、日本人の国民病とも言える脳疾患を防ぎましょう。

牛丼メガはどのサイズまでOKなのか?

それでは1日に食べて良いすき家の牛丼サイズはどのくらいになるでしょうか?

筆者の意見としては、最大でも中盛サイズ1杯にしておくべきです。

メガサイズ以下のサイズに含まれる成分表が下記になります。

カロリー(kcal) 脂質(g) 塩分(g)
ミニ 496 17.2 1.8
並盛 733 25.0 2.5
中盛 798 35.7 3.0
大盛 966 32.5 3.3
特盛 1,176 49.0 4.4

このように、すき家の牛丼は全体的にメガサイズ以下も栄養過多になりやすくなっています。

1日3食バランスよく食べることを考えると、中盛サイズぐらいにとどめておくのが無難なところでしょう。

もちろんもっと小さなサイズにするのが理想なのは間違いありませんが、中盛サイズぐらいであればまだ他の食品で足りない栄養を補う余裕もあります。

大きめのサイズでガッツリいきたいところをグッとこらえ、身体に無理のない範囲で牛丼を楽しみましょう。

まとめ:すき家の牛丼は最大でも中盛1杯くらいが理想

ここまですき家の牛丼メガを買ってはいけない理由についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

前述のように、牛丼メガはカロリーなどの栄養素があまりにも多く過剰摂取になることが必至です。

栄養バランスも悪く、健康面に配慮された食品とはお世辞にも言えません。

身体への負担も大きく、日常的に食べるのは危険なレベルと言えるでしょう。

仕事を頑張った後などのご褒美として、大きめのサイズの牛丼を一気にかき込みたくなる気持ちは非常によくわかります。

ですが、そこで一旦落ち着いて考え直すことが重要です。

自分の健康を守るためにも、すき家の牛丼はせめて中盛1杯分程度にしておいて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました