雨の日に自転車に乗るママが買ってはいけないレインコート

子供を乗せて、雨の日に自転車での移動大変ですよね。

ただでさえ、子乗せ自転車は、子供の重さがある分、不安定になりやすいので、一人乗りより安全性が劣ります。

それに加えて、雨の日は、視界も悪いので、さらに神経を尖らせなければなりません。

子供は、チャイルドシート用のレインカバーがあるから、濡れないように守られていますが、自転車を漕いでいるママは、直接雨が当たっています。

レインコートを着ていても、雨の中必死に自転車を漕いで、目的地に着くと、顔も足も濡れていて大惨事ということもあるのではないでしょうか?

「雨の日に、自転車に乗らないといけないけれど、どれを買えばいいのかわからない」というあなたに、ママ向けのレインコートの選び方をお教えします。

レディースレインコートの種類とメリット・デメリット

 

コートタイプ


一般的な、1枚だけ羽織るタイプのものです。

リュック対応のものもあります。

デメリットは、足が濡れやすいことです。

ポンチョタイプ


被るだけなので、着脱が簡単です。

自転車の前かごも一緒にカバーできるものもあります。

風で裾がめくれやすく、足が濡れやすいというデメリットがあります。

セパレートタイプ

上下に分かれているものです。

レインパンツを履いているので、足も濡れません。

着脱が面倒なところがデメリットです。

レディースレインコートのフードの種類

紐付き、フードサイズを調節

フードに紐が付いており、サイズ調節できるものもあります。

フィットするので、フードが脱げることがありません。

頭は濡れませんが、顔に雨が当たるというデメリットがあります。

透明窓付き

フードの顔周りが、透明になっているので、周りが見えやすいです。

風が強いとフードが脱げ、顔が濡れてしまう恐れがあります。

レインバイザー

サンバイザーのような形をしています。

フード型より顔を覆えるので、雨で顔が濡れにくいです。

頭に固定されているので、風でフードが飛ぶ心配がありません。

ママ向けレインコートの選び方

子供を乗せているので、安全面を第一に考えなければなりません。

また、煩わしいところがあると、注意散漫になってしまい、危険性が増してしまいます。

そういったポイントがなくなるように、レインコートを選んでみましょう。

顔が濡れないレインコート

フードが脱げたり、顔が濡れたりすると、やはり気になります。

なので、顔が濡れにくいものをおすすめします。

最も顔が濡れにくいものは、レインバイザータイプです。

顔を覆う面積が広いので、濡れにくい設計になっています。

レインバイザーは、単体でも買えるので、普通のフードのレインコートと合わせて使うこともできます。

足が濡れない、めくれないレインコート

足が濡れないレインコートは、レインパンツが付いたセパレートタイプのものです。

しかし、子供を連れたママには、着脱が面倒なものは向いていません。

サッと羽織れるコートタイプが楽に着られます。

コートタイプは、風でめくれてしまうデメリットがありますが、ロングサイズを選ぶと、比較的めくれにくいです。

どうしても足が濡れるのが気になるのであれば、ロングレインブーツを合わせると、濡れません。

リュック対応

ママにおすすめしたいレインコートは、リュック対応のものです。

小さい子供がいると、リュックでのお出かけが多いのではないでしょうか?

リュックを背負ったまま着られるレインコートは、リュック用のレインカバーを用意する必要がないので、とても便利です。

おすすめしないママ向けレインコート

レインコートには、たくさんの種類がありますが、ママにはおすすめできないものもあります。

ポンチョタイプ

ポンチョタイプは、袖がないので、風でめくれやすい作りになっています。

雨の日に風でめくれてしまうと、濡れてしまうのでおすすめしません。

また、親が子供に着せたり、脱がせるのは簡単ですが、大人が着るのには被るだけのポンチョタイプも袖を通すコートタイプもさほど着る時間に違いはありません。

なので、ポンチョタイプを選ぶのであれば、コートタイプの方が使い勝手がよいです。

セパレートタイプ

セパレートタイプは、一番濡れにくいので、子連れでなければおすすめしたいです。

しかし、子供がいると急いで着る場面が多いのではないでしょうか?

子供を連れて、レインパンツを履く手間を考えると、セパレートタイプは避けた方がよいです。

足が濡れるのが気になる場合は、レインブーツもおすすめなので、検討してみてください。

まとめ

子供を乗せて自転車で移動というだけで、一人乗りよりハードルが上がります。

さらに、雨の日となれば、視界が悪いので、より注意しなければなりません。

レインコートは、雨の日の自転車の必需品ですが、選び方を間違えてしますと、危険を生み出してしまうかもしれません。

雨の日でも子供を乗せて、安全に自転車移動できるように、レインコート選びの参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました