ブルーライトカットメガネは買ってはいけない?理由と選ぶポイントを解説

ブルーライトカットメガネをご存じでしょうか?

眼に悪いとされるブルーライトをカットしてくれるアイテムとして、使用している方も多いと思います。

現代ではスマホやPCに触れる機会がかなり増え、眼への悪影響が一層心配になりますよね。

今回は、

 
  • ブルーライトカットメガネはどれくらい効果があるの?
  • ブルーライトカットメガネって買った方がいいの?
  • 買うとしたら選び方や正しい使い方ってあるの?

といった疑問をもつ方に向けて記事をお届けします。

結論から言うと、ブルーライトカットメガネは必須アイテムではありません。

ブルーライトに関する様々な研究結果などを見ると、眼を守る効果がどこまであるのか微妙な部分も。

ただ、必要な場面があるのも確かです。

記事ではブルーライトカットメガネとは何か買ってはいけない理由買うときのポイントや使い方おすすめのブルーライトカットメガネについて解説します。

記事のポイントは次の通りです。

 
  • ブルーライトはエネルギーが強く、他の光に比べて網膜に届きやすい
  • ”ブルーライトが目に悪い”を覆す報告や研究がある
  • ブルーライトカットメガネは「色を見分けにくい」「多用で生活リズムが崩れる」といった不便なこともある
  • 買うとしたら、必要に応じたカット率を選ぶようにする

それではポイントについて詳しく解説していきます。

ブルーライトカットメガネとは?

買ってはいけない ブルーライトカットメガネ

ブルーライトカットメガネとは、その名の通り眼に入るブルーライトをカットしてくれるアイテムです。

”ブルーライト”って一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ブルーライトとは

ブルーライトとは目に見える可視光線の一部。

光は波長の長さで色が変わり、ブルーライトの波長は短い方(380~495nm程度)。

波長が短い光じゃエネルギーが強く、人体に悪影響があるのではと言われてきた。

出典:https://lmanooe.blogspot.com/2021/07/blog-post_8130.html

ブルーライトは太陽光はもちろん、現代では必須のアイテムとなってパソコンやスマートフォンからも発せられています。

人体に影響を及ぼす可能性があるブルーライトを軽減するために生まれたのが、ブルーライトカットメガネなのです。

ブルーライトカットメガネを買ってはいけない理由

買ってはいけない ブルーライトカットメガネ

眼をブルーライトから守るために、ブルーライトカットメガネを着用している人も多いのではないでしょうか?

しかし、ブルーライトを買う必要は本当にあるのでしょうか?

冒頭でもお話しましたが、実はブルーライトカットメガネは必須アイテムではありません。

ここではブルーライトカットメガネを買ってはいけない理由を解説します。

ブルーライトはカットしなくても大丈夫

眼や人体に悪影響を及ぼすと言われてきたブルーライト。

しかし、最近の研究や報告で「ブルーライトに大きな悪影響があるとは言えない」ということが言われています。

2021年4月14日、日本眼科学会、日本眼科医会、日本近視学会など6つの学会が『小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見』という共同声明を発表しています。

共同声明の要旨は次の通りです。

『小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見』の要旨
 
  • デジタル端末からのブルーライトは曇天や窓越しの自然光よりかなり少ない。
  • 太陽光は発育に好影響。ブルーライトカットで近視を助長するなどの可能性が。
  • ブルーライトカットメガネには眼精疲労を軽くする効果は全くない
  • 日中にブルーライトカットメガネを着用する根拠がない

「ブルーライト=眼に悪い」という強いイメージを覆す大きな声明でした。

では、なぜブルーライトが眼や人体に悪影響があると言われてきたのでしょうか?

実はある研究結果の風評が拡がったことが原因とされています。

Scientific Reportに掲載された研究結果で「ブルーライトでレチナールを加えたがん細胞が死滅した」というものがありました。

レチナールとは眼の網膜にある物質です。

それにより、「レチナールを含む網膜にブルーライトは悪影響を及ぼす」という風評が広まったのでした。

ただ、上記したように、現在では「ブルーライトが眼に悪影響を及ぼす」という概念が覆されつつあります。

実は不便なことも多いブルーライトカットメガネ

ブルーライトをカットしてくれ、眼にいいとされてきたブルーライトカットメガネ。

もちろん眼に有効な場面もありますが、不便なことも多いのです。

ブルーライトカットメガネの不便さ
 
  • ブルーライトカット率が上がるほど、視界が黄色がかり色の識別がしにくい
  • ブルーライトカットメガネを外したときに余計に眩しく感じる可能性
  • 周りから見たとき、目元が暗い印象になる
  • ブルーライドカット効果はレンズを交換しないと外せない
  • そもそもブルーライトをカットされている実感が得にくい

ブルーライトカットメガネの特徴として、カット率が上がるほどレンズが黄色みがかってきます。

色を正確に識別する必要がある仕事をしている人にとっては大きなデメリットと言えます。

また、ブルーライトカットメガネを外したときに普段より眩しく感じる可能性もあります。

外見に気を遣う人であれば、黄色みがかったレンズで目元が暗い印象になりがちなことも気になるかもしれません。

ブルーライト自体、眼に悪影響が少ないとなると、なおさらデメリットが目立ってしまうでしょう。

ブルーライトカットメガネを買うとしたら

買ってはいけない ブルーライトカットメガネ

ここまで、ブルーライトカットメガネが不要という内容でお伝えしてきましたが、全く効果がない訳ではありません。

作業環境など、状況に応じてブルーライトカットメガネを使うことで眼を守る効果はあります。

ここでは、ブルーライトカットメガネを選ぶときのポイント効果的な使い方を解説します。

ブルーライトカットメガネの選び方

ブルーライトカットメガネを購入したいときに、どのような観点で選べばよいのでしょう?

重要なのは『作業状況や内容に適したブルーライトカットメガネを選ぶこと』です。

ブルーライトカットメガネによって、”ブルーライトのカット率”が異なります。

ブルーライトメガネのカット率
 
  • カット率【20~30%】:明るい場所で短い時間の作業
  • カット率【40%】:明るい場所での長い時間の作業
  • カット率【50~60%】:暗い場所での作業(時間は関係なし)

ブルーライトカットメガネを使用するのは、パソコンやスマートフォンなどの液晶画面で作業するときがメインとなります。

自分が普段どのようあ環境で作業しているのか考えながら、ブルーライトカットメガネを選ぶようにしましょう。

ブルーライトカットメガネの効果的な使い方

ブルーライトカットメガネをどのように使うのが最も効果的なのでしょう?

ブルーライトカットメガネの効果的な使い方のポイントは、

ポイント使いすること

です。

ブルーライトをカットし続けることは、人体に必要な光さえ遮断してしまう可能性があります。

逆に睡眠のリズムが崩れるなど、悪影響を及ぼしかねません。

なので、作業時など必要なときだけポイント使いするのが最も効果的な使い方と言えます。

また、夜間はどうしても周囲が暗くなりがちなので、就寝の1~2時間前に装着して過ごすのも効果的です。

おすすめのブルーライトカットメガネ3選

買ってはいけない ブルーライトカットメガネ

ブルーライトをカットする必要性や選び方、効果的な使い方を解説してきました。

ここでは、ブルーライトカットメガネの購入を考えている方の参考になるよう、『おすすめのブルーライトカットメガネ3選』をご紹介します。

LAMIO ブルーライトカットメガネ

LAMIO ブルーライトカットメガネ

メーカー:LAMIO
ブルーライトカット率:35%以上
素材:レンズ▶プラスチック フレーム▶TR90樹脂素材
重さ:16g(フレーム+レンズ)

LAMIO ブルーライトカットメガネのおすすめポイント
 
  • ブルーライトカット率が35%以上と、必要以上にカットしすぎない
  • ブルーライトの他に紫外線もカット
  • TR90樹脂素材の弾力性があるフレームで、長時間着用しても疲れにくい
  • JIS規格、日本眼鏡普及光学器検査協会で検証済みの高品質

Granvan ブルーライトカットメガネ

Granvan ブルーライトカットメガネ

メーカー:Granvan
ブルーライトカット率:35%
素材:レンズ▶プラスチック フレーム▶金属(真空IP電気メッキ)
重さ:17g(フレーム+レンズ)

Granvan
¥1,580 (2023/01/25 14:20時点 | Amazon調べ)
Granvan ブルーライトカットメガネのおすすめポイント
 
  • ブルーライトカット率が35%と、必要以上にカットしすぎない
  • ブルーライトの他に紫外線をカット
  • 丸メガネタイプでおしゃれ感を演出できる
  • 長時間着用しても疲れないフレーム、鼻パット設計
  • 30日以内であれば理由不能で返品保証(品質問題があれば180日以内に新品替え)

Zoff PC REGULAR TYPE

Zoff PC REGULAR TYPE

メーカー:Zoff
ブルーライトカット率:約35%
素材:レンズ▶プラスチック フレーム▶フレンチプラスチック
重さ:16g(フレーム)

Zoff PC REGULAR TYPEのおすすめポイント
 
  • ブルーライトカット率が35%で、レンズに透明感がある
  • 紫外線も99%カット
  • 超軽量なフレーム素材で長時間使用でも疲れない
  • テンプル部分が頭部を包み込む形でフィット感抜群
  • レンズに傷・反射防止の加工がされ、長持ちしやすい

買ってはいけないブルーライトカットメガネ【まとめ】

今回は、

 
  • ブルーライトカットメガネはどれくらい効果があるの?
  • ブルーライトカットメガネって買った方がいいの?
  • 買うとしたら選び方や正しい使い方ってあるの?

という悩みをもつ方に向けて、ブルーライトの影響、ブルーライトカットメガネの効果的な使い方を解説しました。

記事のポイントは次の通りでした。

 
  • ブルーライトはエネルギーが強く、他の光に比べて網膜に届きやすい
  • ”ブルーライトが目に悪い”を覆す報告や研究がある
  • ブルーライトカットメガネは「色を見分けにくい」「多用で生活リズムが崩れる」といった不便なこともある
  • 買うとしたら、必要に応じたカット率を選ぶようにする

おすすめブルーライトカットメガネもご紹介しました。

必要に応じて購入する際は、ぜひ記事を参考に自分に合ったブルーライトカットメガネを選んで下さいね。

タイトルとURLをコピーしました